ニコニコチャンネル

  • BAKUMATSUクライシス ある日、黒船が天(そら)から降ってきた――。 One day, a black ship fell from the sky... “刻(とき)を操る力”のある伝説の秘宝“時辰儀(じしんぎ)”をめぐって 京の都で繰り広げられた“スサノオ事変”は、 仮面の将軍・“無限斎(むげんさい)”こと吉田松陰の死をもって終結した。 「俺達にはまだやるべき事がある」 故郷の萩にて、かつての師・吉田松陰の墓参りを終えた 高杉晋作と相棒の桂小五郎は、再び京の都に戻ってきた。 師の教えを守らんとひた走る高杉の隣に、 いつになく遠い目をする桂の姿……。 その時、地響きとともに空が割れ、“時空の裂け目”から、 破壊したはずの時辰儀が出現。 “意思”を持ち始めた時辰儀が、制御不能の暴走を開始する!! さらに因縁の好敵手として立ちはだかるのは、 先の戦で副長・土方歳三を失った新撰組!! 局長・近藤勇が口にしたのはなんと、 新たな“無限斎”の存在だった――。 戻すのか、変えるのか。 「必ず、正しき刻の流れに戻してみせる」高杉の決意と、 「ずっと、おまえに言えなかったことがある」揺れる桂の胸の内。 やり直しの利かない運命(アンリセッタブル・クライシス)に翻弄され、 志士たちの新たな物語が動き出す!!
  • BAKUMATSU 時は幕末。日の本の未来を憂い、各々の信念に従い突き進む志士たちが魂を燃やす時代。長州の風雲児・高杉晋作は、相棒の桂小五郎とともに徳川慶喜率いる幕府海軍船に潜り込もうとしていた。目指すは「刻(とき)を操る力」があるという伝説の秘宝、“時辰儀(じしんぎ)”。他ならぬ幕府がその力を我が物にせんとしていると耳にした高杉は『そんなやり方、つまんねぇ!』と時辰儀の破壊を企てる。一度は時辰儀を手にする高杉らだったが何者かに奪われ、追って向かうは慶喜のいる京の都。だが、そこで目にしたのは異様な姿で君臨する“巨城スサノオ”だった。自分たちが知る様相とは全く異なる町並み、民たちの様子に戸惑う高杉たち。そこは、仮面の将軍・無限斎(むげんさい)に支配された、「もう一つの幕末(BAKUMATSU)」だった。本当に守りたいものは、刻を超えても変わらない――。熱き志を持った男たちによる全力の“イキザマ”を描く物語が今、幕を開ける!
  • Fate Project 大晦日TVスペシャル2018 「Fate Project 大晦日TVスペシャル2017」は、2017年のFate Project各作品を振り返り、また2018年の新たな展開を紹介致します。スマートフォン向けゲーム「Fate/Grand Order -Epic of Remnant-」全4章配信、劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」公開、TVアニメ「Fate/Apocrypha」放送など、2017年に展開された数々のFate Projectを振り返ります!そして、2018年1月に放送開始となるTVアニメ「Fate/EXTRA Last Encore」をはじめFate Project最新情報をお届けし、さらに「Fate/Grand Order」の新作アニメとして「Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-」、ショートアニメ「Fate/Grand Order × 氷室の天地 ~7人の最強偉人篇~」も放送することが決定しました!
  • 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 錬金術、それは「等価交換」の原則のもと、物質を理解、分解、 そして再構築する、この世界で最先端の科学である。 この錬金術において、最大の“禁忌”とされるもの「人体錬成」。 亡き母親を想うがゆえ、禁忌を侵し、全てを失った幼き兄弟。 機械鎧(オートメイル)をまとい、「鋼の錬金術師」の名を背負った兄、 エドワード・エルリック。 巨大な鎧に魂を定着された弟、アルフォンス・エルリック。 二人は失ったものを取り戻すため、「賢者の石」を探す旅に出る。 兄弟は「賢者の石」の真実に近づくにつれ、大きな陰謀の渦中へと突き進んでいく。 暗躍する人ならざる者たちの存在。 徐々にその本性をむき出しにする軍事国家アメストリス。 虐げられた民の果て無き憎しみと復讐の念。 錬金術がもたらす幾多の悲劇。 点在する悲劇は、やがて線になり、人を、民を、そして国すらをも巻き込んでいく。 兄弟は絶望と希望の狭間の中、それでも前に進む--。
  • ロウきゅーぶ! バスケットボールのスポーツ推薦で七芝高校 に入学した長谷川昴は、憧れの男子バスケ部 に入部するが、尊敬していた先輩である部長 のロリコン疑惑がきっかけで部活動停止の目 にあってしまう。 行き場をなくし、日々所在なく過ごしていた 昴だったが、叔母であるの篁美星の強引な誘 いから、 彼女が顧問を勤める小学校の女子バスケ部の 臨時コーチを引き受けることになった。 気が進まないながらもコーチに訪れた昴の前 に現れたのは、メイド服に身を包んだ5人の 女の子たちのご挨拶だった!? 「お帰りなさいませ、ご主人様」 バスケ部といっても、メンバーは5人しかお らず、まともなバスケ経験者は一人のみ。 その上、女子小学生たちが相手の慣れぬ環境 に戸惑う昴だったが、彼女たちが抱えるある 事情を知り、やがてコーチとして真剣に彼女 たちに向き合うようになる この物語は、一人の男子高校生と、5人の小 学生の女の子たちがバスケットボールにかけ る青春を描く、ローリング・スポーツコメ ディである。