ニコニコチャンネル

  • 伊藤賀一チャンネル 伊藤賀一とは? 現・スタディサプリ講師~「日本史」「倫理」「政治経済」「現代社会」と4科目を担当。でありながら、自ら現在は、早稲田大学の学生という謎の人物。新撰組で知られる壬生に育つ。東進ハイスクール講師を経て、3年半の修行の旅に出る。その間、温泉旅館、自動車工場、うなぎ屋、書店、遊園地、ホテルなどで様々な仕事に従事しつつ、四国88か所お遍路の旅に出るなどの経験を積む。法大卒業という学歴がありながら、2016年2月早稲田大学を一般入試で受験し、見事合格を果たす。早大生という観点も持ちながらの伊藤賀一がお悩み相談に限らず、さまざまなテーマで番組を進行していきます。
  • イヴの時間 劇場版 ロボット倫理委員会の影響で、人々はアンド ロイドを“家電”として扱う事が社会常識と なっていた時代。頭上にあるリング以外は人 間と全く変わらない外見により、必要以上に アンドロイドに入れ込む若者が現れた。彼ら は“ドリ系”(※Android Holic=アンドロイド 精神依存症)と呼ばれ、社会問題とされるほ どである。 高校生のリクオも幼少の頃からの教育によっ てアンドロイドを人間視することなく、便利 な道具として利用していた。ある時、リクオ は自家用アンドロイドのサミィの行動記録に 「** Are you enjoying the time of EVE? **」という不審な文字列が含まれている事に 気付く。行動記録を頼りに親友のマサキとと もにたどり着いた先は、「当店内では、人間 とロボットの区別をしません」というルール を掲げる喫茶店「イヴの時間」だった。 喫茶店「イヴの時間」にやってきたアンドロ イドたちは、この店の独特のルールに従い、 皆、一律にリングを外し、人間さながらの行 動をしていた。ロボット法に詳しいマサキに よれば、それは超ロボット法違反に当たるら しい。そこで知り合った常連客のアキコか ら、ここへやってくる理由を聞く。アキコに とっては、人間もアンドロイドも、皆、家族 だという。ところが、どんなに見た目がそっ くりでも中身は全然違う。だからこそ、よく こう思うようにしているのだとか。「『あな たは私をどう思っているの?』って。それ が、ここにいる理由」と。アンドロイドも家 族だからこそ、もっとわかってあげたいとい うアキコの言葉を聞き、リクオの心は揺れ動 く……。 (C) 2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.