ニコニコチャンネル

  • TV アニメ「ボールルームへようこそ」 「青春を、熱く踊れ。」 何をすればよいか分からない平凡な中学生・富士田多々良はある出来事をきっかけに社交ダンスの魅力に引き込まれていく。 「何か一つでいい、好きだと言えるものがあれば」今の自分から変わるため、 多々良は社交ダンスの世界へ飛び込む。 多々良の成長を圧倒的な「熱量」で描く、唯一無二の青春ダンスアニメ、ここに開演!
  • 風が強く吹いている 俺は知りたいんだ。走るってどういうことなのか― 寛政大学4年の清瀬灰二(ハイジ)は肌寒い三月、類まれな「走り」で夜道を駆け抜けていく蔵原走(カケル)に出くわし、下宿の竹青荘(通称・アオタケ)に半ば強引に住まわせる。 ハイジには「夢と野望」があった。高校時代の怪我による挫折。でももう一度、走りたい、駅伝の最高峰・箱根駅伝に出て、自分の追求する走りを見せたい。その「夢と野望」を「現実」にするにはあと一年しかない。そしていま強力な牽引者が彼の目の前に現れたのだ。 竹青荘は特異な才能に恵まれた男子学生の巣窟だった。寮生のため炊事をこなすハイジをはじめに、大学に5年在籍している25歳ヘビースモーカーのニコチャン先輩(平田彰宏)、双子の兄弟・ジョージ(城次郎)とジョータ(城太郎)、留学生のムサ、実家が山奥のど田舎にある神童(杉山高志)、司法試験に合格済の音楽フリーク・ユキ、クイズ番組好きのキング、金と時間のすべてを漫画に捧げる王子…。そんな個性豊かな面々が、その竹青荘が実は「寛政大学陸上競技部錬成所」であることなど知らずに共同生活を送っていた。 ハイジは彼らを脅しすかし、奮い立たせ、「箱根」に挑む。たった十人で。蔵原の屈折や過去、住人の身体能力と精神力の限界など、壁と障害が立ちはだかるなか、果たして彼らは「あの山」の頂きにたどりつけるのか―― 「走りとは力だ。スピードではなく、一人のままでだれかとつながれる強さだ。」
  • ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 「堕ちた強豪、飛べない烏」―――。 かつてそう呼ばれた烏野高校が、ついに辿り着いた“頂”の舞台。 春の高校バレー宮城県代表決定戦、決勝。 インターハイ予選準決勝で青葉城西高校に惜敗し、春高予選へと再始動した烏野が、 さらなるレベルアップを求めて挑んだのは関東強豪チームとの合同合宿だった。 梟谷、生川、森然、音駒と並み居る全国レベルのチームとの力量差を痛感しながらも、 烏野高校はチームの“進化”を求めてただひたすらに挑戦をし続けた。 迎えた春高予選。 一度は封印した日向と影山の「変人速攻」もさらなる進化を見せ、 個々の歯車が噛み合い、チーム全体が動きだし、烏野は並み居る強豪を打ち破っていく。 そして宮城県代表決定戦準決勝で再び立ちはだかった、宿敵・青葉城西。 因縁の相手を前に一歩も譲らぬ攻防を繰り広げ、試合は総力戦にもつれ込んでいく。 ぶつかり合うプライドとプライドの果て、 体力の限界を超えた激戦を制したのは、烏野高校だった。 全国まで、あと一つ。 対するは絶対王者、白鳥沢学園高校。 超高校級エース・牛島若利を擁する県内最強のチーム。 激闘を制し、春への切符を掴むのは一校のみ。 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 今、烏野高校最大の挑戦が始まる――! 〈勝つのは、どっちだ。〉
  • ハイキュー!! セカンドシーズン インターハイ予選・青葉城西に敗北した烏野高校排球部は、春高予選に向け再び動き出していた。 そんな中、音駒高校を始め強豪校が集まる東京合宿への参加が決定。 練習により力の入る部員一同。ある日のランニング中、力の入りすぎた日向と影山は道に迷ってしまうが、そこである人物と出会う…。
  • 世紀末オカルト学院 1999年、長野県松代にある日本のピラミッド “皆神山”にそびえたつ私立ヴァルトシュタイ ン学院。 ここでは何かに引きつけられたかのように 次々とオカルト現象が起こる。故に「オカル ト学院」と呼ばれている。 学長はオカルトの研究に人生をかけ、生徒た ちも日々学業と研究に励んでいる。 ある日父である学長が亡くなり、オカルトが 大嫌いな一人娘の神代マヤが学院を訪れる。 そこで2012年から来たと言う自称“タイム エージェント”で元・スプーン曲げ少年とし て名を馳せた内田文明と出会う。学院の中で 起こる様々な怪奇現象に遭遇しながら、文明 が1999年にタイムスリップしてきた真相が 徐々に明らかになる。