ニコニコチャンネル

  • 天官賜福 仙楽国の太子・謝憐(シエ・リェン)は天賦の才を持ち、人々を救うことを志して修行を積み、飛昇し武神となった。しかし彼は二度も天界から追放されてしまう。 そして800年。謝憐は三度目の飛昇を果たした。しかし“三界の笑い者”といわれる彼に祈りを捧げる者は今やどこにもいない。謝憐は功徳を集めるべく、人々の住む下界に降りてこつこつとガラクタ集めをしながら、神官として出直すのであった。 ある日、謝憐はガラクタ集めの帰り道で、“三郎(サンラン)”と名乗る不思議な少年と出会う―
  • 魔道祖師 世は岐山温氏が暴虐の限りを尽くし、人々は苦しみに喘いでいた。 姑蘇藍氏・雲夢江氏・蘭陵金氏・清河聶氏ら仙門の修行者たちは「射日の征戦」を行い、 力を合わせて温氏を討伐することに成功する。 夷(い)陵(りょう)老(ろう)祖(そ)である魏無羨(ウェイ・ウーシエン)は、「射日の征戦」で貢献を果たしたが、 彼の修めた鬼道は強大な力を持つがゆえに、 人々に恐れられ、謗られ、やがてその身の破滅を招いてしまう。 そして十三年後。 死んだはずの魏無羨は呪術によって世に蘇り、かつての友、姑蘇藍氏の藍忘機(ラン・ワンジー)、 義兄弟である雲夢江氏の江(ジャン・)澄(チョン)と再会する。 しかし、過去の謎は未だ消えず、世間は再び彼を疑い始めるのだった。 すべての物語の始まりは、彼らの少年時代の出会いに遡る――