ニコニコチャンネル

  • 黒執事 Book of Murder ──19世紀 英国。”悪の貴族“と呼ばれる少年の側には、必ず一人の”執事“がいた。名門貴族・ファントムハイヴ家の執事・セバスチャン。彼は、知識・教養・品位・料理・武術…全てにおいて完璧。わがままな13歳の主人・シエルを相手に、今日も漆黒の燕尾服姿で華麗に執務をこなす。あくまで、執事ですから。
  • 銀魂. 天人(宇宙人)が来襲して、突如価値観が変わってしまった町、江戸。 宇宙人、高層ビル、バイクに電車などなど何でもありの世界で、 変わらない“魂”を持った最後のサムライがいた。 男の名は坂田銀時。通称、万事屋・銀さん。 いい加減で無鉄砲、おまけに筋金入りの超・甘党。 でもキメるところはさりげなくキメたりして…。 笑えて、泣けて、心温まる、銀さんとその仲間たちの生き様、得とご覧あれ!
  • 銀魂(4年目) 天人(宇宙人)が来襲して、価値観が変わってしまった町、江戸。宇宙人や高層ビル、バイクなど何でもありの世界で変わらない“魂”を持った最後のサムライがいた。男の名は坂田銀時。いい加減で無鉄砲、でもキメるところはさりげなくキメたりして…。笑えて、泣けて、心温まる、銀さんと仲間たちの生き様、得とご覧あれ!
  • 銀魂(3年目) 天人(宇宙人)が来襲して、価値観が変わってしまった町、江戸。宇宙人や高層ビル、バイクなど何でもありの世界で変わらない“魂”を持った最後のサムライがいた。男の名は坂田銀時。いい加減で無鉄砲、でもキメるところはさりげなくキメたりして…。笑えて、泣けて、心温まる、銀さんと仲間たちの生き様、得とご覧あれ!
  • 銀魂(2年目) 天人(宇宙人)が来襲して、価値観が変わってしまった町、江戸。宇宙人や高層ビル、バイクなど何でもありの世界で変わらない“魂”を持った最後のサムライがいた。男の名は坂田銀時。いい加減で無鉄砲、でもキメるところはさりげなくキメたりして…。笑えて、泣けて、心温まる、銀さんと仲間たちの生き様、得とご覧あれ!
  • 銀魂(1年目) 天人(宇宙人)が来襲して、価値観が変わってしまった町、江戸。宇宙人や高層ビル、バイクなど何でもありの世界で変わらない“魂”を持った最後のサムライがいた。男の名は坂田銀時。いい加減で無鉄砲、でもキメるところはさりげなくキメたりして…。笑えて、泣けて、心温まる、銀さんと仲間たちの生き様、得とご覧あれ!
  • 銀魂’ 天人(宇宙人)が来襲して、価値観が変わってしまった町、江戸。宇宙人や高層ビル、バイクなど何でもありの世界で変わらない“魂”を持った最後のサムライがいた。男の名は坂田銀時。いい加減で無鉄砲、でもキメるところはさりげなくキメたりして…。笑えて、泣けて、心温まる、銀さんと仲間たちの生き様、得とご覧あれ!
  • 劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 江戸時代末期、江戸の町を襲来したのは、黒船ではなく宇宙船だった。 宇宙からやってきた最強の侵略者・天人(あまんと)を前になす術のない幕府。 だが、そんな国を憂い、圧倒的な劣勢のなかでなお臆することなく戦い続ける志士たちがいた。 桂小太郎、高杉晋助、そして白夜叉の異名で恐れられた侍・坂田銀時。 だが、数年に及ぶ死闘の末、彼らは友を失い、師を失い、戦い敗れて“国”を失った。 生き残った銀時は万事屋を営み、桂は身を潜め攘夷活動を続け、 高杉は幕府や天人の支配の破壊を企む。さらに高杉は銀時・桂へもその刃を向ける。 ある日、江戸の町に一人の辻斬りが現れ、その凶刃によって桂が姿を消す。 男のもつ、生きたように脈を打つ妖刀“紅桜”・・・人工知能を持ち、 使用者に寄生して戦闘データを蓄積し進化する悪魔の兵器。高杉は、 最強の戦闘集団・鬼兵隊を復活させ、“紅桜”を擁して動き出したのだ。 桂の相棒・エリザベスの依頼を受け桂の捜索に動き出す銀時・神楽・新八の万事屋メンバー。 桂の行方は?そして、銀時とかつての盟友・高杉との因縁の対決に決着はつくのか!?
  • 銀魂 ジャンプアニメツアー2005&2008 ジャンプアニメツアーで上映された『銀魂』スペシャルアニメ。 2005年に上映された「銀魂 ~何事も最初が肝心なので多少背伸びするくらいが丁度良い~」と2008年上映「劇場版銀魂 ~白夜叉降誕~ 予告篇」の2話を収録。
  • よりぬき銀魂さんオンシアター2D よりぬき上映されたTVシリーズ人気長編再編集版!
  • 銀魂’ 延長戦 天人(宇宙人)が来襲して、価値観が変わってしまった町、江戸。 宇宙人や高層ビル、バイクなど何でもありの世界で変わらない“魂”を持った最後のサムライがいた。 男の名は坂田銀時。いい加減で無鉄砲、でもキメるところはさりげなくキメたりして…。 笑えて、泣けて、心温まる、銀さんと仲間たちの生き様、得とご覧あれ!
  • 銀魂゜ 天人(宇宙人)が来襲して、突如価値観が変わってしまった町、江戸。 宇宙人、高層ビル、バイクに電車などなど何でもありの世界で、変わらない“魂”を持った最後のサムライがいた。 男の名は坂田銀時。 通称、万事屋・銀さん。 いい加減で無鉄砲。 でも決めるところはさりげなく決めたりして…。 笑えて、泣けて、心温まる、銀さんとその仲間たちの生き様、とくとご覧あれ!
  • 宇宙兄弟 幼い日。 宇宙飛行士になると星空に約束を交わした兄弟、六太と日々人。 そして、2025年。 弟・日々人は、夢を追い、宇宙飛行士となっていた。 日本人初となる、月でのミッションクルーに選ばれた日々人は世界中から注目を浴びる。 一方、日本の自動車メーカーに勤める兄・六太は、上司とのケンカで頭突き、見事にクビとなり実家に強制送還…。 そこへ、六太に日々人から一通のメールが届く。 「二人で宇宙へ行く」 心の奥から呼び覚まされた幼い日の約束に突き動かされるように、六太は再び宇宙を目指す。 星の数ほどのライバルと厳しい試験のその先に―待っとけ、宇宙! 宇宙飛行士となった弟、無職の兄。 約束をかなえた弟、約束を思い出す兄。 約束の宙(そら)を目指す、宇宙兄弟の物語が始まる。
  • 黒執事Book of Circus ──19世紀 英国。 ”悪の貴族“と呼ばれる少年の側には、必ず一人の”執事“がいた。 名門貴族・ファントムハイヴ家の執事・セバスチャン。 彼は、知識・教養・品位・料理・武術…全てにおいて完璧。 わがままな13歳の主人・シエルを相手に、今日も漆黒の燕尾服姿で華麗に執務をこなす。 あくまで、執事ですから。
  • 黒執事 19世紀後半、ヴィクトリア朝時代の英国。名門貴族・ファントムハイヴ家の執事・セバスチャン。彼は、知識・教養・品位・料理・武術…全てにおいて完璧。わがままな12歳の主人・シエルを相手に、今日も漆黒の燕尾服姿で華麗に執務をこなす。上質な執事アニメで、至高なるひとときをあなたに…。