ニコニコチャンネル

  • 劇場版「SERVAMP サーヴァンプ」Alice in the Garden 椿が姿を消し、平穏な日々を取り戻したのも束の間――突然、街に季節外れの雪が降り出す。 もしかしたら、この異常気象も吸血鬼に関係のあることかもしれないと思った真昼は、イヴたちを集めるべく“色欲”の主人・有栖院御園にも声をかける。 しかし、御園からは今、自分は動くことができないから、後で合流するという、珍しく歯切れの悪いものだった。 そして、それっきり連絡がとれなくなってしまった御園を心配した真昼たちの前に現れたのは、兄の御国。 ――有栖院家がひた隠しにする“色欲”と“嫉妬”にまつわる過去。封印されていた御園の記憶がいま紐解かれる。
  • デビルズライン 鬼とヒトが共存する世界——2人の心が近づくたびに、鬼という存在が彼らの距離を引き離す。 二人を待ち受ける運命とは、そして「鬼」とは———。
  • SERVAMP-サーヴァンプ- 高校1年生の城田真昼(しろたまひる)は、道端で一匹の黒猫を拾いクロと名付ける。 ところが、その猫は、サーヴァンプという、契約した人間の言うことを聞く “SERVANT(下僕)”の“VAMPIRE(吸血鬼)”だった! 契約によってクロの主人となってしまった真昼は、 吸血鬼同士の争いに巻き込まれ戦うことになるのだが…? 吸血鬼×主従契約・現代バトルファンタジー!
  • 青春×機関銃 とある事件から、なかば無理やりサバゲーをやることになった高校生・立花蛍。 ホスト・松岡正宗とエロマンガ家・雪村透といった個性豊かな仲間に囲まれ、 仕方なくプレイしつつも徐々にその遊びにハマっていき……
  • 戦国BASARA Judge End 「戦国BASARA」はシリーズ累計330万本(2013年12月現在)を越える、カプコンの大人気アクションゲームシリーズ。 戦国時代を舞台とし、伊達政宗・真田幸村・徳川家康・石田三成といった史実でも有名な武将が夢の対決をするという豪華な設定がヒットし、 幅広いユーザー層に支持されている。 2005年より始まったこの作品はゲームの枠を超え、さまざまマルチメディア展開が行われており、 今回の新作TVアニメシリーズは、ゲーム「戦国BASARA3」を基に、関ヶ原を舞台とした壮大な戦国時代のアニメーション。
  • 閃乱カグラ 忍――。それは遙か昔、戦国の世にあった影 (かげ)の存在。人の中に隠れ、探り、煽 り、騙し、壊 し、そして殺す――。あらゆる闇の仕事を引き 受けていた陰(かげ)の存在。いつしか人々 の心から 消え去り、おとぎ話のように語られるだけに なってしまった翳(かげ)の存在。しかし、 彼らが人々 の心から消え去ろうとも、人々の業が変わる ことはない。いまだ闇の世界に生きるものは 必要とされ 続けている。忍は今も存在しているのだ。現 代の忍の雇い主は、政治家や大企業の幹部た ち。強大な 権力を持った彼らの中には、忍を己の欲を満 たすための道具と考えているものもいる。そ んな闇に動 かされた"悪忍"たちに対抗するために、政府 はあるプロジェクトを立ち上げた。"善忍"―― そう呼ば れる国家所属の忍を育成する機密プロジェク トである。そして"善忍"を育成するために作 られた機関 が「内閣特務諜報部諜報一課付特殊機密諜報 員養成所」――通称、忍学科。学生数1000人を 抱える名 門マンモス進学校「国立半蔵学院」の知られ ざる裏の姿。この物語は悪と戦う"善忍"とな ることに青 春を捧げた、国立半蔵学院忍学科に籍を置く 5人の少女たちの愛と勇気の軌跡である。
  • いちばんうしろの大魔王 社会の役に立つために『コンスタン魔術学院』に編入し、大司祭を目指す 紗伊阿九斗 。 しかしその初日にとんでもない予言をされてしまう。 「将来の職業…魔王」 おかげで、クラス委員長の服部絢子に恨まれる、天然不思議系少女の曽我 けーなに懐 かれる、帝国派遣の監視員である女性型人造人間ころねに見張られるなど 散々な学園 生活を送ることに。それにもめげず、己の理想と信念のため行動・発言す る阿九斗で あったが、周囲はますます誤解を深め、魔王の再来とばかりに恐怖する… 。果たして 阿九斗に真っ当な生活を送れる日はやってくるのか?
  • 狼と香辛料II 教会都市リュビンハイゲンを出立した行商人 ロレンスと狼神ホロ。行商がてらホロの故郷 ヨイツの情報を集めるため、冬の大市と祭り で賑わう町クメルスンにやってきた。そこで 二人は、若い魚商人アマーティと出会う。ど うやらアマーティはホロに一目惚れをしてし まったらしく、急速に彼女に近づき始めた。 ロレンスとホロの間には微妙な気持ちのすれ 違いが生じ、誤解が誤解を呼んでしまう。そ してそれがロレンスとアマーティそれぞれの 商売をも巻き込んだ大騒動へと発展していく―。