ニコニコチャンネル

  • ゴブリンスレイヤー 「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ。」 辺境のギルドには、ゴブリン討伐だけで銀等級(序列三位)にまで上り詰めた稀有な存在がいるという……。 冒険者になって、はじめて組んだパーティがピンチとなった女神官。それを助けた者こそ、ゴブリンスレイヤーと呼ばれる男だった。 彼は手段を選ばず、手間を惜しまずゴブリンだけを退治していく。 そんな彼に振り回される女神官、感謝する受付嬢、彼を待つ幼馴染の牛飼娘。 そんな、彼の噂を聞き、森人(エルフ)の少女が依頼に現れた――。
  • 少女終末旅行 繁栄と栄華を極めた人間たちの文明が崩壊してから長い年月が過ぎた。生き物のほとんどが死に絶え、全てが終わってしまった世界。残されたのは廃墟となった巨大都市と朽ち果てた機械だけ。いつ世界は終わってしまったのか、なぜ世界は終わってしまったのか、そんなことを疑問にさえ思わなくなった終わりの世界で、ふたりぼっちになってしまった少女、チトとユーリ。ふたりは今日も延々と続く廃墟の中を、愛車ケッテンクラートに乗って、あてもなく彷徨う。全てが終わりを迎えた世界を舞台に、ふたりの少女が旅をする終末ファンタジーが今、幕を開ける。
  • 宇宙ショーへようこそ 都会の喧騒から離れ、美しい自然に囲まれた小さな村、村川村。 小学校の全校生徒は、町から転校して来たばかりの小山夏紀を入れてもわずか五人。 それでもみんな仲良く元気に毎日を過ごしていた。 そして夏休み、恒例の子どもだけの合宿で学校に集まった夏紀、周、康二、倫子、清の五人が、 行方不明になったうさぎのぴょん吉を探しに裏山へと足を踏み入れる。 だがぴょん吉の代わりに彼らが見つけたものは謎の巨大なミステリーサークルと、 その脇でケガをして横たわっていた一匹の犬。夏紀たちは犬を連れ帰り、手当てをすることにした。 「ありがとう、おかげで助かりました」 何と彼は犬ではなく、 惑星プラネット・ワンからやってきた宇宙人だったのだ。はるか2100万年光年の彼方から地球を訪れた彼、ポチの目的とは? 小さな村の子どもたち五人と一匹の宇宙人が繰り広げる宇宙最大の冒険がいま幕を開ける!
  • ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 世界は、幸せばかりではない 楽しいことばかりでもない どちらかと言えば、暗く、貧しい世界なのか もしれない でも、その在り方は自分ひとつ 綺麗なものも、汚いものも、辛いことも、楽 しいことも 受け止めるのは、キミ次第なんだから―― 「音は、響いて……キミの中に」 眠りについた世界で、砦を守る5人の少女た ちが奏でる、優しく心揺れる日々―― それは――近くて遠い未来。 長すぎる戦争の爪跡は大地を汚し、世界は静 かな衰退の季節を迎えていました。 人の消えた街、魚の住めなくなった海、遥か 昔の兵器。 それでも空には光があふれ、どこからか金属 の音色が高らかに響きわたります。 カナタ、15歳。 小さな憧れと大きな夢を抱いて軍に入隊した 少女の、騒がしいほど明るくて、ちょっぴり せつない毎日が今、始まります―――。
  • 世紀末オカルト学院 1999年、長野県松代にある日本のピラミッド “皆神山”にそびえたつ私立ヴァルトシュタイ ン学院。 ここでは何かに引きつけられたかのように 次々とオカルト現象が起こる。故に「オカル ト学院」と呼ばれている。 学長はオカルトの研究に人生をかけ、生徒た ちも日々学業と研究に励んでいる。 ある日父である学長が亡くなり、オカルトが 大嫌いな一人娘の神代マヤが学院を訪れる。 そこで2012年から来たと言う自称“タイム エージェント”で元・スプーン曲げ少年とし て名を馳せた内田文明と出会う。学院の中で 起こる様々な怪奇現象に遭遇しながら、文明 が1999年にタイムスリップしてきた真相が 徐々に明らかになる。
  • 戦姫絶唱シンフォギア このアニメーションは、サウンドプロデュー スグループ「ElementsGarden」の代表を務め る上松範康と、ゲームクリエイターとして、 数々のシステムやシナリオをリリースしてき た金子彰史の、 「すべての中心に音楽が据えられた作品を作 りたい!」という想いが原作です。人類を脅 かす認定特異災害ノイズと、唯一ノイズに対 抗しうるシンフォギアシステムを身に纏った 少女たちの物語が、現代よりも少し未来の日 本を舞台に描かれます。少女たちは、理想を 胸に懐きます。少女たちは、現実に胸を痛め ます。突きつけられた過酷な状況に翻弄さ れ、それでも俯くことなくもがき続け、果て の無い地獄に挑む少女たちは、「歌」の持つ 力と、可能性を未来に信じて戦い続けます。 歌がドラマを掘り下げて、歌がバトルを彩 る。本格サウンドロマンアクション――戦姫絶 唱シンフォギア。――少女の歌には、血が流れ ている。戦う者たちに流れる血の熱さを、そ の目で確かめてください。