ニコニコチャンネル

  • ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション  まだ幼かったあの日。父、ケン は幼いアネモネを残して戦いに赴き、そして帰ってこなかった。ちゃんとお別れを言うことができなかったアネモネの小さな胸に深く残る後悔。  7年が経過した。アネモネは父が散った戦場――東京にいた。人類の敵、7番目のエウレカ=エウレカセブンと戦うための組織・アシッドの一員として、アネモネには人類の希望が託されていた。そして、アネモネはエウレカセブンの中へとその精神を送り込む。  アネモネがエウレカセブンの中で出会ったのは、ドミニクという青年と、エウレカという青緑の髪をした少女。この出会いは何を意味するのか。そして、見え隠れするレントンという名の少年の姿。  アシッドに囚われていた謎の男・デューイは予言する。 「お前たちが見ているエウレカセブンはエウレカセブンではない。偽りの神が創っては破棄した無数の不要な世界。いわばゴミの山だ」  アネモネとエウレカが出会った時、全ての真実が明らかとなり、新たな世界の扉が開く――。
  • 血界戦線 & BEYOND かつて紐育と呼ばれた街は、わずか一晩で消失した。 そこに出現した街「ヘルサレムズ・ロット」。 濃い霧の向こうに広がる「異世界」と現世を繋ぐこの地は、さまざまな思惑を持った者たちが跋扈する、「地球上で最も剣呑な街」へと生まれ変わった。 そんな混沌とした街の均衡を守るべく、人知れず活動を続ける者たち。 ブレングリード流血闘術を使う強面の紳士、クラウス・V・ラインヘルツをリーダーに、顔に傷を持つクラウスの右腕・スティーブン、銀髪のチンピラ、ザップ・レンフロと半人半魚のツェッド、 不可視の人狼、チェイン・皇と隻眼の淑女、K・K。 そして「神々の義眼」を持つ青年レオ・・・・・・。 騒動が巻き起こるとき、そこには必ず秘密結社・ライブラが姿を見せる。 路地に響き渡る狂騒と、不埒な怪物たち。 愛すべき深淵と、繰り返すカタストロフィ。 終わることのない日常茶飯事(パーティ)が 今、再び幕を開ける。 そして、さらにそのBeyond(向こう)へ・・・・・・。
  • ノラガミ ARAGOTO 黒いジャージにスカーフ姿の“夜ト”は、祀られる社の一つもない貧乏でマイナーな神様。 賽銭<5円>で人助けをする、自称”デリバリーゴッド”である。 交通事故に遭いそうになった夜トを助けようとしたことがきっかけで、 ”半妖(はんよう=魂が抜けやすい体質)”となった良家の令嬢・壱岐ひより、 さらに、夜トに拾われ、神様が使う道具“神器”となった少年“雪音”と共に、 人間に害を与える”妖”と戦いを繰り広げながらも、その三人の絆は深まっていた。 一方で、七福神の一柱(ひとり)で最強武神である“毘沙門”から命を執拗に狙われ続けている夜ト。 ふたりの間に秘められた過去、そして、因縁の対決の行方は…
  • 血界戦線 かつて紐育(ニューヨーク)と呼ばれた街は たった一晩で消失した―― 一夜にして構築された霧烟(きりけぶ)る都市『ヘルサレムズ・ロット』 空想上の産物として描かれていた「異世界」を現実に繋げている街。 その全貌は、未だ人知の及ばぬ向こう側であり 霧の深淵を見る事は叶わない。 人ではおこしえない軌跡を実現するこの地は 今後千年の世界の覇権を握る場所とも例えられ 様々な思惑を持つ者達が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)する街となる。 そんな世界の均衡を保つ為に暗躍する組織があった。 その名は「秘密結社・ライブラ」 少年・レオは、ふとしたきっかけからライブラの一員となるのだが…
  • ノラガミ 黒いジャージにスカーフ姿の”夜ト(ヤト)” は、祀られる社の一つもない貧乏でマイナー な神様。 自分の社を築くべく、自分の携帯番号を街な かやトイレの壁に書き込み、 賽銭<5円>で人助けをする、自称”デリバ リーゴッド”である。 良家の令嬢・壱岐ひよりは、交通事故に遭い そうになった夜トを助けようとして、 代わりに自分が交通事故に巻き込まれてしまう。 それがきっかけで”半妖(はんよう=魂が抜 けやすい体質)”となったひよりは、 その体質を治してもらうために夜トを追いか け、次第に行動を共にするようになる。 さらに、夜トに拾われ、神様が使う道具“神 器(しんき)”となった少年“雪音(ゆき ね)”も仲間に加わり、 人間に害を与える”妖(あやかし)”と戦いを 繰り広げる一方で、夜トの秘められた過去が ひもとかれていく。