ニコニコチャンネル

  • 無限の住人-IMMORTAL- 武士というものがまだ存在していた江戸の世——。 百人斬りと呼ばれた【不死身】の男がいた。 その男の名は「万次」。 万次は、父母を殺され復讐を誓う少女「凜」と出会う。 凜は万次に、復讐の旅の用心棒になってくれないかと言う。 初めは断る万次だが、凜に亡くした妹の面影を見た。 一人では危うい凜の姿に、仕方なく手を貸すことに決める。 しかし凜の仇は、剣の道を極めんとする集団——逸刀流。 それは、不死身の万次すら追いつめる凄絶な死闘の始まりを 意味していた。
  • ブラスレイター 近未来のドイツ市街。 その街では突如、死体が蘇り「異形の姿」となって人を襲う、謎の事件が発生していた。 人々は、蘇った死体の姿を見て「悪魔が到来した」と騒ぎ、畏れた…。 そんなある時、死体ではなく生体が異形の姿へ自在に変身できる者たちが現れる。 彼らは悪魔と呼ばれ非難されながらも、それぞれの思いを秘めて、悪魔の力を行使する。 ある者は自分が信じる正義の為に力を使い、ある者は力に魅了され暴走し、ある者は野望実現の切り札として扱い、ある者は、復讐の道具として力を利用する。 しかし、そんな思いとは裏腹にやってくる彼らに課せられた、あらがうことが出来ない運命。 それは悪魔となった者たち同士による、命を賭けたバトル・ロイヤルだった…。 彼らは生き延びるため、そして己の目的の為に力を使い続ける。 しかし、力を使い続けてしまうと徐々に人間としての心が蝕まれてゆき、やがて……。 孤独や苦悩を抱える少年や青年たちの過酷で凄惨な物語が幕を開ける。
  • Fairy gone フェアリーゴーン かつて妖精は、“兵器”だった―。 この世界には、動物に憑依することで不思議な力を宿す妖精が存在していた。 妖精が憑依した動物の臓器を摘出し、人間に移植することで、妖精を分身として出現させ、兵器として扱えるようになる。 妖精を戦争の道具として自在に操る兵士たち、彼らは『妖精兵』と呼ばれた。 だが、長きにわたる戦争が終結すると、彼らはその役目を果たし、行き場を失ってしまう。あるものは政府に、あるものはマフィアに、あるものはテロリストに、 それぞれの生きる道を選択していった。 戦争から9年の歳月が経つ。 未だ不安定な政治情勢の中、戦争によって受けた傷や過去を持つ犯罪者が現れ、 復讐のためテロを起こすようになっていた。 主人公の少女マーリヤは、ある事件に関わった事から妖精に関連する事件を捜査・鎮圧する違法妖精取締機関『ドロテア』に入隊することとなる。 これは、無秩序な戦後に抗い、それぞれの正義を求め戦う 『妖精兵』たちの物語―。
  • GIVER 復讐の贈与者 生まれつき人間としての感情が欠落している主人公の義波。淡々と他人の復讐を請け負い、完ぺきにこなす。依頼者は同級生を殺された女子高校生、結婚詐欺にあった女性、連続殺人被害の家族…など様々。 義波は依頼者の要望に応じて、ターゲットの心をえぐるような最適で残酷な方法で追い詰めていく。仲間は数人、統率するのはTAKER(テイカ―)と呼ばれる謎の少女。なぜ彼らは復讐代行業を始めたのか?第1話は家族連れで賑わう休日の展望台が舞台。そこに銃を持った一人の若者が現れ立てこもる。 見境なく居合わせた人々に危害を加えようとする青年の真意とは?そして、今回はどんな復讐劇が待ち受けているのか!?驚き連続のリベンジミステリーが幕を開ける!
  • 奴隷区 The Animation 『SCM』―それは他人を奴隷にできる器具。勝負に勝てば主人となり、敗者は奴隷となる。 復讐、愛情、憎悪……さまざまな思惑でSCMを手にした者たちが繰り広げる、欲望の群像劇。 勝利か、服従か。壮絶なサバイバルゲームが幕を開ける。
  • マジ恐ch マジカルの人気投稿ホラーを随時配信する心霊ホラーチャンネルがついに登場!投稿映像10本以上収録の定番人気シリーズ「怨霊映像」、闘う女ディレクター佐倉Dの心霊バトル・ドキュメント「霊障動画 闇編」シリーズや「呪ワレタ動画serise 佐倉D」、常に心霊に寄り添う男上本ディレクターが除霊できない霊たちの復讐に巻き込まれる緊迫のドキュメンタリー「赫動画」シリーズほか、マジカルが豊富なラインナップでお届けするホラー・エンターテイメント・チャンネル!
  • 博多豚骨ラーメンズ 福岡は一見平和な町だが、裏では犯罪が蔓延っている。今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。 殺し屋、探偵、復讐屋、情報屋、拷問師etc――、 裏稼業の男たちの物語が紡がれる時、『殺し屋殺し』は現れる――。 第20回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作!
  • 無限の住人 時代劇を一躍エンターテイメントの主流へと蘇らせたネオ時代劇!! 父を殺し、母を攫った剣客集団『逸刀流』に復讐を誓う少女・浅野凜は、「百人斬り」の異名を持ち、己の身体に血仙蟲という虫を寄生させることで不死の肉体を持った剣士・万次を用心棒として雇い、仇討ちの旅に出る!!
  • スナックワールド これは、“とある時代”“とある大陸”でのほんのささいな出来事… “大規模レジャー施設”建設のため立ち退きを要求された村がありました。 しかし、その要求を拒否すると、なんと村は住人ごと一瞬にして破壊されてしまったのです。 そこは『小さなしあわせ』の中に暮らしていた少年チャップの村… 全てを失い、絶望のドンゾコに突き落とされたチャップは、悲しみを乗り終え、復讐の旅にでる決意をするのでした。
  • 政宗くんのリベンジ このドSな残虐姫に復讐してやる!豚足と呼ばれた元デブ男のリベンジラブコメ開幕! 復讐するために、俺はこの町に帰ってきた! 8年前、美少女・安達垣愛姫にこっぴどくフラれたデブで冴えなかった少年・真壁政宗は、激ヤセし名字を変え、イケメンに変身して帰って来た。 そう、すべては残虐姫の異名を持つドSな彼女を惚れさせ、最高の形で振るという、復讐のために――。
  • 剣風伝奇ベルセルク 主人公・ガッツの生い立ちから幼年期、そして親友でありのちに終生の敵となるグリフィスとの出会い、 さらに蝕とよばれる天地異変を経てガッツが復讐の旅に出るまでのいわゆる「黄金時代」と呼ばれる部分が描かれたもの。
  • 91Days 禁酒法時代----。法は力を持たず、街はマフィアに支配されていた。 舞台は密造酒の闇取引でにぎわいを見せる街・ローレス。 その街に時を経て降り立つ、アヴィリオ。 彼は、かつてこの地でマフィアの抗争により、家族を殺された男。 ある日アヴィリオのもとに謎の人物から一通の手紙が届く。その手紙をきっかけに彼は復讐の火を灯し、ローレスへ舞い戻る。そして仇であるヴァネッティファミリーに侵入し、復讐を果たすためドン・ヴァネッティの息子ネロに近づく。 殺しが殺しを呼び、復讐は新たな復讐へと連鎖する。 哀しき運命に導かれた男たちの91日間の物語の結末とは…?
  • ベルセルク 命を燃やし尽くせ また“あの夜”がやってくる。「黒い剣士」が吠える、戦いの“夜”が―。 国産ダーク・ファンタジーの最高峰として、日本のエンターテインメント史上に圧倒的な存在感を誇る大ヒットコミック『ベルセルク』。国内のみならず海外でも絶大な支持を誇る本作の、新たなアニメ化がついに本格始動のときを迎える。胸のうちにくすぶる激情の炎に突き動かされ、終わりのみえない復讐の旅を続ける「黒い剣士」ガッツ。彼の前に立ち塞がるのは、残虐非道な無法者、妄執に囚われた悪霊、そして敬虔なる神の使徒。おぞましい人ならざる力を振るう敵に、鍛え上げた体と磨き抜いた技――人としての力をもって、ガッツは戦いを挑み続ける。命を削りながらも。旅路の果てに何が待つのか。答えはただ、“夜”の中にある。目を凝らし、闇を見つめよ――!
  • エンドライド ー エンドラ ー そこは、地球の裏側に広がる未知なる世界。 巨大なアダマースが天上に輝き、七色の対流が空をたゆたう、もうひとつの地球。 ある日その場所へ舞い降りたのは、 ー 地上 ー で暮らしていた普通の少年・浅永瞬。 復讐に燃えるエンドラの王子・エミリオと出会い、 2人の時が重なり始める。 決して交わることがなかった筈のこの出会いは エンドラにどのような運命をもたらすのか。 いま、少年たちの物語が始まる。
  • ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン ニンジャ抗争で妻子を殺されたサラリマン、フジキド・ケンジ。 彼自身も死の淵にあったそのとき、謎のニンジャソウルが憑依。 一命をとりとめたフジキドは「ニンジャスレイヤー」 ――ニンジャを殺す者となり、復讐の戦いに身を投じる。 近未来都市ネオサイタマを舞台に、ニンジャスレイヤーvsニンジャの死闘が始まった。 マッポーの世に救いは無いのか? 走れ、ニンジャスレイヤー、走れ!
  • 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 錬金術、それは「等価交換」の原則のもと、物質を理解、分解、 そして再構築する、この世界で最先端の科学である。 この錬金術において、最大の“禁忌”とされるもの「人体錬成」。 亡き母親を想うがゆえ、禁忌を侵し、全てを失った幼き兄弟。 機械鎧(オートメイル)をまとい、「鋼の錬金術師」の名を背負った兄、 エドワード・エルリック。 巨大な鎧に魂を定着された弟、アルフォンス・エルリック。 二人は失ったものを取り戻すため、「賢者の石」を探す旅に出る。 兄弟は「賢者の石」の真実に近づくにつれ、大きな陰謀の渦中へと突き進んでいく。 暗躍する人ならざる者たちの存在。 徐々にその本性をむき出しにする軍事国家アメストリス。 虐げられた民の果て無き憎しみと復讐の念。 錬金術がもたらす幾多の悲劇。 点在する悲劇は、やがて線になり、人を、民を、そして国すらをも巻き込んでいく。 兄弟は絶望と希望の狭間の中、それでも前に進む--。
  • 絶園のテンペスト 『世の中の関節は外れてしまった。ああ、なんと呪われた因果か、それを直すために生れついたとは!』 ※『ハムレット』シェイクスピア野島秀勝訳岩波文庫 ある日、魔法使いの姫君が樽に詰められ置き去りにされた。 ある日、ひとりの少女が唐突に殺され、犯人が捕まらず時が過ぎた。 そしてある日、復讐と魔法をめぐる、時間と空間を超えた戦いが始まった! 正気と狂気、理性と知性。自信と確信。悲劇で不合理な世の中で物語は始まる―――。 “はじまりの樹”の加護を受ける魔法使いの一族・鎖部一族。その姫宮にして、 最強の魔法使い鎖部葉風。彼女は“はじまりの樹”と対をなし、 破壊の力を司る“絶園の樹”を復活させようとする同族の鎖部左門によって、無人島に樽に詰められて置き去りにされてしまう。 葉風が孤島から流したメッセージを、妹・愛花を殺した犯人に復讐を誓う少年・不破真広が拾う。 真広は犯人を魔法の力で見つけることを条件に、葉風に協力する。そして真広の親友で、 愛花の恋人である滝川吉野は、危機を真広に助けられたことから、その復讐劇に巻き込まれることになる。
  • BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail かつてロアナプラを震撼させた必殺メイド「ロベルタ」が再び姿を見せたとの噂に街がざわつきはじめる中、 ロベルタを追ってガルシア少年と新たなメイド「ファビオラ」が街を訪れ、ロックにその捜索を依頼する。 ロベルタの行方、そしてその目的は? 様々な謎と思惑を孕んだまま、ロアナプラを舞台にマフィア、 アメリカ特殊部隊までも巻き込んだ壮絶な復讐劇の幕が上がる!
  • ブレイドアンドソウル 一撃必殺の技を武器に、鮮やかに敵を倒す女 剣士アルカ。 旅をするアルカの目的は、師匠ホンを殺され たことへの「掟による復讐」だ。 仇は、謎の力「濁気」を操る女、ジン・ヴァ レル。 ジンは感情を見せず冷酷無比に人の命を奪う 魔物のような存在だが、アルカもまた暗殺集 団「剱一族」の者として、 感情を殺し「仕事」を完璧に遂行することに 特化して育てられており、2人は似た者同士 であった。 旅の中、3人の女傑と出会うアルカ。 歌舞と武術の達人カレン、酒好きで銃マニア のハズキ、盗賊団の女頭領ロアナ。 この3人と奇妙な縁で結ばれながら、行く 先々で人々と出会い別れるうちに、ホンが遺 した教えを思い出していくアルカ。 ホンは、ある運命を背負って生を受けたアル カに力の使い方を教える立場でありながら、 同時にアルカに一族の掟から解放されて欲し いと願っていた。 徐々にホンの教えの意味を悟っていくアル カ。アルカの中で、何かが変わり始めていく。
  • ノワール すべての過去を失った少女・夕叢霧香と、 ヨーロッパの暗黒街を舞台に「裏の仕事」に 生きる仕事人・ミレイユ・ブーケ。 とある事件がきっかけで二人はコンビを組 み、裏社会の仕事人として仕事を始めること になる。 ユニットの名は「ノワ−ル」。失った過去を 取り戻す霧香の戦いが、家族の復讐を誓うミ レイユの戦いが、今、始まる。
  • 殺しの女王蜂 日本のどこかに存在し、凶悪な犯罪が多発する無法地帯、通称「混沌街(カーオスタウ ン)」。警察すら見放したこの街に、犯罪者をも恐れさせる美脚の女殺し屋たちが存在 した…その名も「アシナガ」(モデルガールズ)。 「キャバレー・アシナガバチ」は、表向きは美脚の踊り子たちが集う酒場だが、裏の顔 は悪への復讐を望む者がアシナガに殺しを依頼する場所。 強い結束力があるわけでもなければ、依頼人に感情移入するわけでもない。金さえ積ま れればどんな相手でも、自慢の美脚でクール&セクシーに、そして必ず仕留めるのだ… 。 キャバレーの経営者・タンソクや、娼婦・トンソクをはじめとする個性的なキャラクタ ーとともに、今日もアシナガは凶悪な犯罪者たちを成敗する―――。
  • 巌窟王 パリの貴族の家に生まれたアルベールは、退 屈な日常を脱するために、親友のフランツと 旅に出た。月面都市ルナで、出会ったのは、 モンテ・クリスト伯爵という大富豪。傍らに は絶世の美女、後ろには屈強な部下を従え、 ルナ一番の高級ホテルで優雅に暮らすその 姿。伯爵のミステリアスな魅力にすっかり心 酔したアルベールは、伯爵をパリの社交界へ 迎え入れる。しかし、アルベールはまだ知ら ない。伯爵の真の目的は、その昔、自分に無 実の罪を着せ、フィアンセを奪ったアルベー ルの父と、フィアンセであった母への復讐で あることを。そして、その間に生まれた自分 自身も、復讐の標的であるということを―――。
  • ルパン三世 2nd series ルパン一味の日本脱出から5年間が経過した。 それぞれ世界各国で悠々自適の生活を送るル パン、次元、五ェ門そして不二子。 そんな彼らに豪華客船サーロイン号で同窓会 を開こうという招待状が届き、一同は再開を 果たす。 発起人名はルパンになっていたが、当人には 覚えのないこと。 だがそれは、かつてルパンに自組織スコーピ オンを壊滅され復讐を願うミスターXの罠 だった! サイボーグとなったXを返り討ちにして、 ICPOへ転属された銭形警部の追撃をかわ しながら、 世界狭しとルパン一家の新冒険が始まる。
  • 灼眼のシャナIII -FINAL- 人ならぬ者たちが、この世の日に陰に跋扈 (ばっこ)している。 古き一人の詩人が与えた彼らの総称を、“紅 世(ぐぜ)の徒(ともがら)”という。 自らを称して“渦巻く伽藍(がらん)”、詩人 名付けて“紅世”──この世の歩いてゆけない隣 ──から渡り来た彼ら“徒”は、人がこの世に存 在するための根源の力、“存在の力”を奪うこ とで自身を顕現させ、在り得ない不思議を起 こす。思いの侭に、力の許す限り、滅びのと きまで。 彼らに“存在の力”を喰われた人間は、いな かったことになる。 これから伸び、繋がり、広がるはずだったも のを欠落させた世界の在り様は、歪んだ。 “徒”の自由自在な跳梁(ちょうりょう)に伴 い、その歪みは加速度的に大きくなっていった。 やがて、強大な力を持つ“徒”たる“紅世の王” らの中に、そんな状況への危惧を抱く者が現 れ始め。大きな歪みがいずれ、この世と“紅 世”双方に大災厄を齎(もたら)すのではな いか、と。 そして、一部の“紅世の王”らは同胞を狩ると いう苦渋の決断を下した。 彼らの尖兵、あるいは武器となったのは、 “徒”への復讐を願い誓った人間──己が全存在 を“王”の器として捧げ、異能の力を得た人間 ──討滅者“フレイムヘイズ”。 その日、日常を浸食した“徒”により全てを失 い、自身がトーチという仮初めの存在である と知らされた少年と、「贄殿遮那のフレイム ヘイズ」と呼ばれる少女が出会った。 これは、“ミステス”坂井悠二と『炎髪灼眼の 討ち手』シャナの物語である。
  • ガチバン1 頂点(テッペン)目指して、本気(ガチ)になれ! 不器用な不良たちのハイテンションなヤンキームービー!! 生まれながらに喧嘩が強い拓海は、古沢と三上の3人で“三羽カラス”として恐れられていた。中学を卒業した3人は別々の高校に進み、それぞれの学校で番長になると誓いを立てた。 入学早々、拓海は2年の不良グループを秒殺で倒した。番長の座も目の前に見えていた。だが道のりはそう簡単ではない、拓海の通う衣笠高校には停学中の最強の不良、城島が戻ってきた。城島は屋上で戦国武将のように座り、その後ろには合戦旗が靡いている。法螺貝を吹き、いざ出陣して3年の番長をぶっ倒した。そんな城島の存在を知った拓海の親友、大河は拓海を番長になるようかきたてる。 その頃、童貞の拓海はアヤという娘に恋をしていて、ヤンキーには興味を失いつつあった。腑抜けになった拓海に呆れ、かつての仲間達は別れを告げた。すでに別の高校で番長になっていた三上の前に、家来を引連れ城島が現れた。手下どもを使い集団で三上を病院送りにした。三上の復讐を誓う大河は、拓海に相談するが我関せずの態度に業を煮やし、拓海に罵声を浴びせ、二人の友情は儚くも壊れてしまう。 何をやっても中途半端な拓海は、自分が本当は何をしたかを見失っていた…
  • 灼眼のシャナ 人ならぬ者たちが、この世の日に陰に跋扈(ばっこ)している。 古き一人の詩人が与えた彼らの総称を、“紅世(ぐぜ)の徒(ともがら)”という。 自らを称して“渦巻く伽藍(がらん)”、詩人名付けて“紅世”──この世の歩いてゆけない隣 ──から渡り来た彼ら“徒”は、人がこの世に存在するための根源の力、“存在の力”を奪うことで自身を顕現させ、在り得ない不思議を起こす。思いの侭に、力の許す限り、滅びのときまで。 彼らに“存在の力”を喰われた人間は、いなかったことになる。 これから伸び、繋がり、広がるはずだったものを欠落させた世界の在り様は、歪んだ。“徒”の自由自在な跳梁(ちょうりょう)に伴い、その歪みは加速度的に大きくなっていった。 やがて、強大な力を持つ“徒”たる“紅世の王”らの中に、そんな状況への危惧を抱く者が現れ始めた。大きな歪みがいずれ、この世と“紅世”双方に大災厄を齎(もたら)すのではないか、と。 そして、一部の“紅世の王”らは同胞を狩るという苦渋の決断を下した。 彼らの尖兵、あるいは武器となったのは、“徒”への復讐を願い誓った人間──己が全存在を“王”の器として捧げ、異能の力を得た人間──討滅者“フレイムヘイズ”。 その日、日常を浸食した“徒”により全てを失い、自身がトーチという仮初めの存在であると知らされた少年と、「贄殿遮那のフレイムヘイズ」と呼ばれる少女が出会った。 これは、“ミステス”坂井悠二と『炎髪灼眼の討ち手』シャナの物語である。