ニコニコチャンネル

  • 舞台 おおきく振りかぶって 祖父の経営する中高一貫校の中等部から県立西浦高校に進学した三橋廉。 中学時代は野球部のエース投手であったが、チームメイトから「ヒイキでエースをやらせてもらっている」とうとまれ続けたため、極端に弱気で卑屈な性格になってしまった。 暗い思い出をぬぐいきれないまま、野球への未練と共に放課後の野球グラウンドを眺めていると、新設されたばかりの硬式野球部の女性監督 百枝まりあから強引に入部させられてしまう。 部員はわずか10人、全員1年生の中で、はからずともエースを任される三橋。 三橋の秘めた力をいち早く見抜いた捕手 阿部隆也との出会い、あらたなチームメイトに支えられながら、エース三橋、そして西浦高校野球部の挑戦が始まる…。
  • おおきく振りかぶって 三橋廉は、すぐメソメソと泣いてしまう性格の野球少年。ポジションはピッチャー。 彼は中学時代、“学園の経営者の孫”という理由でエースになっていた。 そのくせ、3年間マウンドを誰にもゆずらなかった事でチームメイトに嫌われ、野球部は負け続けた。 その罪悪感から、彼は完全に自信を失ってしまっていた。 やがて中学を卒業した三橋は、エスカレーター式の三星学園ではなく、野球をやめる覚悟で西浦高校へ入学するが、その足はまっすぐに野球部のグラウンドへ向かっていた。
  • 蟲師 特別編「鈴の雫」 ヒトから生まれ、ヒトとは成れぬ事を定められたモノが在った。 摩滅しゆく心に灯るは無数の光──己を取り巻く総ての生命という輝き。 往くべき処を悟るモノ、還るべき温もりを示す者。 其々が其々の”生”を全うする刻、かの地に鳴り渡るのは── 幽寂なる調べ。
  • 蟲師 特別篇「日蝕む翳」 およそ遠しとされしもの──下等で奇怪、見慣れた動植物とはまるで違うとおぼしきモノ達。 それら異形の一群を、ヒトは古くから畏れを含み、いつしか総じて“蟲”と呼んだ。 時に蟲はヒトに妖しき現象をもたらし、そしてヒトは初めてその幽玄なる存在を知る。 ヒトと蟲との世を繋ぐ者──それが“蟲師”。 すべての生命は、他を脅かすために在るのではない。 みな、ただそれぞれが、在るように在るだけ──。
  • 蟲師 続章 およそ遠しとされしもの────下等で奇怪、見 慣れた動植物とはまるで違うとおぼしきモノ 達。 それら異形の一群を、ヒトは古くから畏れを 含み、いつしか総じて“蟲”と呼んだ。 時に蟲はヒトに妖しき現象をもたらし、 そしてヒトは初めてその幽玄なる存在を知る。 ヒトと蟲との世を繋ぐ者──それが“蟲師”。 すべての生命は、他を脅かすために在るので はない。みな、ただそれぞれが、在るように 在るだけ──。