ニコニコチャンネル

  • デート・ア・ライブIII 人類は『空間震』と呼ばれる新たな災害に見舞われていた。 空間を揺るがし、あらゆるものを破壊し尽くすその災厄は、精霊と呼ばれる存在が臨界から顕現することにより発生するものだった。空間震を止め、災厄を人類から退けるために必要とされる措置は、武力をもって精霊を殲滅する、もしくは—— 『デートしてデレさせる』! 精霊をデレさせ、更に『キス』をすることでその力を封印できる——そんな能力を持っている高校生・五河士道。人類の平和のため、なにより精霊たちを救うため——士道は彼女たちとの『デート』に奔走する。 士道に心を開いた精霊・十香、四糸乃、琴里、耶具矢、夕弦、美九。 精霊を殲滅するべく動く<AST>。精霊を利用せんとする<DEM>。精霊との対話を試みる<ラタトスク>。 そして、デレさせるべき新たな精霊——すべてを巻き込み、新たな戦争<デート>が始まる——
  • デート・ア・ライブII 精霊――無垢なる少女の姿をした異界の存在。そして、その可憐なる外見とは裏腹に、絶大な力を有する畏怖の対象。彼女たちを無力化するには、ふたつの方法があった。武力をもって殲滅する、もしくは――デートしてデレさせる!来禅高校に通う、普通の高校生だった五河士道は、最初の精霊〈十香〉との遭遇をきっかけに、「精霊の力を封印する」という能力に目覚める。強大な戦闘力を持つがゆえ、忌み、恐れられる存在であっても、ずっと一人ぼっちで戦いと死しか知らなかった精霊たち。この世界でただひとり、精霊の力を封印する能力を持った士道は、彼女たちを救うため、美しき精霊たちとの生死をかけた戦争〈デート〉に身を投じていく――。精霊を殲滅しようとする者、救おうとする者。憎しみに駆られる者、利用しようとする者。様々な思惑が交錯する中、やがて世界を真に回す者たちが闇の底からその姿を現す。そして士道もまた、自らの真実の姿を知ることに!加速する物語が帰結するその先にあるものは!?「〈王国〉が、反転した。さあ、控えろ人類」
  • チーティングクラフト 学歴こそが人の価値を決める世界。学力試験に受かることが人生の成功を意味している。 人々は幼い頃から試験でふるいにかけられ、優秀な者だけが幸せを手にできた。 試験に落ちた者に残されるのは過酷な人生のみである。 しかし、勉強が出来ないからと言って、不幸な人生を甘んじて受け入れる者などいない。 試験に受かり、優秀な成績を残すため、人々はありとあらゆることをした。 カンニングはもちろん、他者より優秀な点を取る為、試験中に妨害も行った。 いつしか勉強が出来るだけでは試験に受かることができなくなり、試験会場は戦場と化した。 学力重視のL型(Learning Type)。カンニングの技を磨くC型(Cheating Type)。 L型とC型はタッグを組み、他者からの妨害を跳ね除け、高得点を狙う。 他者の高得点を阻むべく、C型同士が繰り広げる熱いバトル。 カンニングを許さない試験官たちも加わわって、ますます混沌とする試験会場。 C型の主人公『睦明』とL型のヒロイン『巧衣』がド派手に試験を突破する痛快バトルストーリー。 諸葛千術に解けぬ問いなし!
  • 魔装学園H×H(ハイブリッドハート) 人類はある日、異世界からの侵略を受けた。第一次異世界間衝突と呼ばれる戦いを経験した人類は、それから十数年後、第二次異世界間衝突が起こると緊急避難用に作られた海上フロートへと逃げ込み、そこで暮らすようになった。そんなある日、姉からの呼び出しで、日本フロートの「戦略防衛学園アタラクシア」を訪れた飛弾傷無(ひだきずな)は、ハート・ハイブリッド・ギア=ゼロスを操り、異世界の敵と戦う女の子、千鳥ヶ淵愛音(ちどりがふちあいね)と出会う。生意気で毒舌な彼女に翻弄される傷無だったが、異世界の敵との戦いで消耗したハート・ハイブリッド・ギアのエネルギーを回復する為には、彼女にHな事をしなければならない! 人類の未来をかけて、傷無は女の子たちとHな行為を行うのであった!! 
  • 新妹魔王の契約者 BURST 始めよう。この魔界の未来を決める戦いを――――」 澪の持つ先代魔王の力を狙ってきたゾルギアを倒し、 刃更たちはひと時の平穏を取り戻したかに見えた。 澪や柚希たちと体育祭の準備で、慌ただしく日常生活を謳歌する刃更たちだったが ある日、突如魔法で操られた人間たちに襲われて…。 家族を守るため、強くなるため、ますます淫らに激しく主従契約を強める刃更たち。 彼らの前に万理亜の姉、ルキアが現れたことから 魔界を揺るがす戦いに巻き込まれることに…… 大切な家族を、守りきりたい。 バトルとエロスも臨界突破!天地決壊のエクスタシーバトルアクション! 魔界への扉が、ここに開くッ!!
  • うたわれるもの 偽りの仮面 目覚めたのは雪深き山間部。 過去も名も思い出せぬまま彷徨う男に、世界は優しくはなかった。 巨大な牙を持つ生物が襲い掛かり、闇に蠢く異形が男を追い詰める。 そんな男に差し出されたのは白く美しい少女の手……その手を取った時、物語は始まった。