ニコニコチャンネル

  • カブキブ! 青春歌舞伎物語、開幕! 歌舞伎大好きな高校1年生、来栖黒悟の夢は、部活で歌舞伎をすること。けれど、入学した高校にそんな部は存在しない。「それなら、自分たちで作っちゃえばいいんじゃない?」親友のトンボと一緒に、まずはメンバー集めに奔走するけれど……!?青春歌舞伎物語、開幕!
  • 銀河英雄伝説 Die Neue These 数千年後の未来、宇宙空間に進出した人類は、銀河帝国と、自由惑星同盟という“専制政治”と“民主主義”の2つの異なる政治体制を持つ二国に分かれた。 この二国家の抗争は実に150年に及び、際限なく広がる銀河を舞台に、絶えることなく戦闘を繰り返されてきた。 長らく戦争を続ける両国家。銀河帝国は門閥貴族社会による腐敗が、自由惑星同盟では民主主義の弊害とも言える衆愚政治が両国家を蝕んでいた。 そして、宇宙暦8世紀末、ふたりの天才の登場によって歴史は動く。 「常勝の天才」ラインハルト・フォン・ローエングラムと、「不敗の魔術師」と呼ばれるヤン・ウェンリーである。 ふたりは帝国軍と同盟軍を率い、何度となく激突する。
  • がんばれ!FRIDAYs!【がんフラ】 松竹芸能タレントスクール東京校24期生の無名の女芸人「FRIDAYs」が芸人として必要なスキルを付ける為に様々な企画にチャレンジし、リスナーとのコミュニケーションを通して笑いと感動を与える配信ドキュメンタリー! 毎回、芸人として必要なスキルの一つをテーマにして、課題を設定。その課題をクリアする為に様々なチャレンジを生放送の中で頑張ってトークを繋げつつ、クリアして行く。クリアしたかどうかの判断は、視聴しているリスナーに生のアンケートをとって、過半数が「成功」と判断したらクリア。 基本的に、クリアするまで番組は延長! 最終的には、テレビのオーディションや挑戦したショーレース等を受ける所もカメラで追いかけ、テレビに出演が決定する瞬間をリスナーと共に過ごし、「芸人の現実」に迫ります。
  • STAR DRIVER 輝きのタクト 日本の南方に浮かぶ緑豊かな島、南十字島。 ある夜、この島の浜辺に、ツナシ・タクトというひとりの少年が辿り着いた。 本土から身一つで泳いでやって来たという、この少年は、島にある南十字学園高等部へと入学。 明るく前向きな性格で、アゲマキ・ワコやシンドウ・スガタら、個性豊かな学園の生徒たちと出会い、交流を深めていく。 だが、この南十字学園には大きな秘密が隠されていた。 地下に眠る、巨大な人型の像「サイバディ」。 約20対ほどあるというこの巨大な像をめぐって、人々はみなそれぞれに秘密を抱えていた。 ”綺羅星十字団”を名乗る、謎の秘密結社の暗躍。巫女たちの歌声。 そしてタクト自身もまた、大きな秘密を抱えていた・・・・・・。 青い空と青い海に囲まれた南国の島を舞台に、恋あり夢あり友情ありの「青春の謳歌」が今、始まる。
  • メダロット魂 コクリュウを社長とする新進企業が生み出した 新しいメダロット、デスメダロットーーー。 子供たちと共に戦う友達だった「メダロット」に対し、ただロボトルに勝利することのみを目的として作られた攻撃的で冷徹な「デスメダロット」が、子供達の間で流行し始めた。 これまで通りの楽しいロボトルを続けていたイッキとメタビーに、デスメダロットたちが襲いかかる。 イッキとメタビーの勇気と絆による魂のロボトルが 始まった。
  • 歌舞伎チャンネル 歌舞伎の配信を行う、松竹公式チャンネルです。
  • メダロット 人間とロボットが共存する近未来。子供達の間では、「ロボトル」というメダロットを戦わせる競技が流行していた。 イッキは、ふとしたきっかけでメダロットの頭脳となるレアメダルを拾い、“メタビー”というメダロットにめぐり合うことに。二人が、知恵・勇気・友情でロボットバトルに立ち向かっていく友情と成長の物語。
  • 松竹チャンネル 松竹チャンネルへようこそ! このチャンネルでは松竹配給映画の最新作の予告編を始め、さまざまなジャンルのコンテンツを続々公開いたします!
  • 松竹芸能ちゃんねる 松竹芸能のお笑い専門チャンネル!イチオシ芸人のネタや撮れたてライブ映像等続々配信中。
  • OSK日本歌劇団チャンネル OSK日本歌劇団は、1922年(大正11年)に松竹楽劇部として誕生した歌劇団です。 創立98周年の歴史を受け継ぎつつ、日々、新たな歌劇とレビューの魅力を皆様にお届けすべく、大阪を中心に公演を行っています。 煌びやかなレビューと心に響くミュージカル! 洗練されたダンスとお芝居で、皆様を魅了します。 このOSK日本歌劇団チャンネルでは、OSKの公演の映像を中心に、普段見られない、舞台裏の姿などもお届けします。 個性豊かなスターたちや、スターの卵たちが揃っていますので、是非とも、OSK応援団になって頂ければ幸いです。