ニコニコチャンネル

  • 戦姫絶唱シンフォギアXV 神の力を以ってして、神そのものを討ち斃さんとした原初のヒトガタ、アダム・ヴァイスハウプトは、サンジェルマンたちの理想の源(※「理想の源」にルビで「パワーソース」)であるラピス・フィロソフィカスにて黄金錬成されたシンフォギアが撃槍。 暗躍してきたパヴァリア光明結社はここに瓦解し、その残党は、各国機関の活躍によって追い詰められていくのであった。 そして—— 追い詰められているのはパヴァリア光明結社だけではない。 かつての超大国アメリカもまた、日本に向けた反応兵器の発射事実を非難・追及され、国際社会からの孤立を招いていた。 閉塞した状況は、新たな世界規模闘争の火種にもなりかねないため、速やかなる政治的解決が望まれているが、複雑に絡む国家間の思惑は軋みをあげるばかりで、遅々として進んでいない。 当該国である日本も、アメリカとの協調政策を打ち出して関係修復をアピールしているものの、どこかうすら寒い表面的なムードに終始して、局面打開には至っていない。 いまだ見えない世界の行く末。 さらに、張りつめた空気はここにも。 都内ランドマーク各所が一望できる、デートスポットとしても人気の大観覧車のゴンドラに乗っているのは、私立リディアン音楽院に通う高校生、立花 響と小日向 未来。 ふたりが手にした鯛焼きは白玉入りであり、絶品。 甘すぎず、まるでぜんざいもかくやという口当たりの餡は申し分が無かった。 それでも、ふたりの間に緊張が走るのは、何の気なしに未来が響に発した、問い掛けに始まるものであった。 返答に窮した響の胸の奥にあるものは、果たして。 過去から現在に向けて紡がれたいくつもの物語は、XVに集束していく。 聖骸を巡る攻防は、どこまでも真夏の只中。 はじける湖面を舞台に、少女たちの歌声が輝きを放つ。
  • ウマ娘 プリティーダービー これは異世界から受け継いだ輝かしい名前と競走能力を持つ“ウマ娘”が 遠い昔から人類と共存してきた世界の物語。 田舎から都会のトレセン学園に転校してきたウマ娘・スペシャルウィークは、 チームメイトたちと切磋琢磨しながら「日本一のウマ娘」の称号をかけて <トゥインクル・シリーズ>での勝利をめざす!
  • アクセル・ワールド INFINITE∞BURST ウェブ上の仮想世界で行われるオンライン型対戦格闘ゲーム≪ブレイン・バースト≫。 プレイヤーである《バーストリンカー》たちは、現実の1000倍に≪加速≫した世界で、戦いを楽しんでいた。 私立梅郷中学に通う有田春雪(ハルユキ)もそのひとり。 高円寺を拠点とする≪ネガ・ネビュラス≫に所属する彼は、≪軍団≫の長である黒雪姫と共に、渋谷エリアでの≪領土戦≫を戦っていた。 そこに訪れた≪変遷≫と漆黒の巨大な竜巻、そして突然の回線切断。 本来、起こるはずのない不可思議な現象は、≪加速世界≫を徐々に侵食し、竜巻に包まれたエリアでは、≪加速≫することができなくなってしまっていた。 いったい、≪加速世界≫に何が起こっているのか?原因を突き止めるべく、ハルユキと仲間たちは、黒い竜巻に立ち向かう――!
  • 戦姫絶唱シンフォギアGX これは、コワレタモノを修復する物語 サウンドプロデュースグループ「Elements Garden」の代表を務める上松範康と、 RPGをはじめ、ジャンルを問わずゲームタイトルを企画開発してきた金子彰史が原作を手掛ける オリジナルTVアニメーションシリーズの第三弾。 「戦姫絶唱シンフォギア」は、続編である「G」を経て、 2015年夏、「戦姫絶唱シンフォギアGX」と装いも新たに展開します。 登場キャラクターたちが唄いながら全力のアクションを繰り広げるという、 他のアニメーション作品では見られない、 オリジナリティあふれるエモーショナルな映像表現はさらにパワーアップし、 ストーリーをよりドラマティックに彩ります。 今回、主人公・立花響をはじめとする 6人のシンフォギア装者たちに戦いを挑むのは、 シリーズ最強にして最大規模となる謎の戦闘集団になります。 ギアの放つ歌の力をも捻じ伏せる強敵に対し、装者たちはどう立ち向かうのか!? 新たなキャラクターと新たな歌が織り成す、 さらにスケールアップした新たなシンフォギア。 それが「戦姫絶唱シンフォギアGX」です。
  • 魔弾の王と戦姫 古の昔、女神より弓を授けられし者あり。 ひとたび狙いをつければ必ず射抜き、 あらゆる困難を射倒したというその弓は、 やがて男を王の座へと導いたという。 いつしか人々は、その男を『魔弾の王』と呼んだ……。
  • とある科学の超電磁砲S 総人口二三〇万人を数える、東京都西部に広 がる巨大な都市。 その人口の約八割を学生が占めることから、 「学園都市」と呼ばれているその都市では、 世界の法則 を捻じ曲げて超常現象を起こす力――超能力の 開発が行われていた。 特殊な授業(カリキュラム)を受け、能力を 得た学生たちは、定期的な『身体検査(シス テムスキャ ン)』によって、『無能力(レベル0)』か ら『超能力(レベル5)』の6段階に評価さ れている。 その頂点に立ち、最強と謳われるのが、七人 の『超能力者』たちである。 そのひとり、御坂美琴。 電気を自在に操る『電撃使い(エレクトロマ スター)』最上位の能力者にして、『超電磁 砲(レール ガン)』の異名を持つ彼女は、名門お嬢さま 学校・常盤台中学に通う14歳の女子中学生。 後輩で『風紀委員(ジャッジメント)』の白 井黒子。その同僚でお嬢様に憧れる初春飾利 と、都市伝 説好きな彼女の友人、佐天涙子。 そんな仲間たちと、平和で平凡で、ちょっぴ り変わった学園都市的日常生活を送っていた 美琴に、突 然の学園都市の『闇』が迫る――。
  • アクセル・ワールド "2046年、ニューロリンカーと呼ばれる 携帯端末を用いることで生活の多くが仮想 ネットワーク上で行われるようになった世界。 だが、どんなに時代が進んでも「いじめら れっ子」はなくならない……。ハルユキもそん な中学内格差(スクールカースト)最底辺に 位置する一人であった。 ローカルネットの片隅で、ひたすらにスカッ シュゲームに打ち込むだけの暗く陰鬱な日々 を過ごしていた彼だったが、ある日突然、校 内一の有名人《黒雪姫》に声をかけられる。 「もっと先へ――《加速》したくはないか、少年」 彼女から謎のプログラム《ブレイン・バース ト》を託され、《加速世界》の秘密を教えられ たハルユキは、黒雪姫の『騎士』として戦う ことを決意する……!!"