ニコニコチャンネル

  • planetarian 世界大戦後の降りやまない雨の世界。細菌兵器の影響で、人々に見捨てられた最も危険な街【封印都市】。その、デパートのプラネタリウムに、ロボットの少女がいた。彼女の名前は“ほしのゆめみ”。彼女はプラネタリウムの解説員で、1年間にたった7日間しか稼働することができない壊れかけのロボットだった。そこで彼女は、30年間いつか誰かが訪れることを信じて、1人誰もいないこの世界で待ち続けた。そして、30年目の目覚めたその日に、彼女の前に1人の男が現れた。 「おめでとうございますっ! あなたはちょうど、250万人目のお客様です!」 突如現れたロボットに警戒する男・“屑屋”。貴重物資を回収することを生業とする彼は、【封印都市】に潜入中、都市を徘徊する戦闘機械(メンシェン・イェーガー)の襲撃にあい、このプラネタリウムに迷い込んだのだった。 「プラネタリウムはいかがでしょう。 どんな時も決して消えることのない、美しい無窮のきらめき……。 満天の星々がみなさまをお待ちしています」 星すら見えなくなった滅びゆくこの世界で、彼はそこで何を見るのか。1年で7日間しか稼働できないロボットの少女が、目覚めたまさにその日に訪れた偶然。そこで起こった奇跡とは――。
  • 妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 妖しいヒミツがいっぱい、主従マンションラ ブコメディ!! 最強のセキュリティを誇ると言われている高 級マンション「メゾン・ド・章樫(あやか し)」。そこは通称「妖館」(あやかしか ん)と呼ばれていた。『変人ばかり住んでい る』、『中はおばけ屋敷になっている』等の 噂が絶えない妖館だが、その実態は、妖怪の “先祖返り”の人間たちが住まう妖しいマン ションだった…! 人と上手く接することができないことが悩み の白鬼院凜々蝶(しらきいん りりちよ) は、そんな自分を変えるために妖館へやって 来た。そこで出会ったのは入居者へ必ず1人 割り当てられるSS(シークレットサービス) といわれるボディーガード、御狐神双熾(み けつかみ そうし)。双熾は凜々蝶へ懇願し た―――「僕を貴女の犬にして下さい…!」