ニコニコチャンネル

  • 昭和元禄落語心中 刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。 拝み倒して八雲の住み込みの弟子となった与太郎だが、八雲の元では小夏という女性が暮らしていた。 八雲と小夏には他人が容易に触れられない因縁があるらしく・・・。
  • スカーレッドライダーゼクス 現実とは少し異なった地球。そこは「紅(ルビ:あか)の世界」よりの侵略者【ナイトフライオノート】の脅威にさらされていた。 人類は彼らに対抗するため、対位相外防衛機関【LAG(ラグ)】を設立、対ナイトフライオノート戦闘ユニット【スカーレッドライダー】を結成し、過去五回の全滅を繰り返しながら戦い続けていた。 やがて一人の少女、麻黄アキラが教官兼指揮官としてLAGへ着任すると、止まっていたナイトフライオノートの侵攻が再び始まる。 第六戦闘ユニット【スカーレッドライダーゼクス】のメンバー達は、アキラと共に世界を守るため、戦いに身を投じていく。これは彼女と少年たちの、愛と友情と、戦いの物語である。
  • アクエリオンロゴス かつて、人の声が万物の真理を呼び起こしていた時代があった。だが、ある発明によって人類の歴史は大きな転換期を迎える。 「文字」それは優れた伝達手段として瞬く間に普及したが、声と真理との間に「ロゴスワールド」を誕生させてしまう。 それから数千年後―― 文明の発達はロゴスワールドを肥大化させ、文字の暴走を引き起こした。これに対抗できるのは「創声力」と呼ばれる、 真理の力を引き出せる創声部の若者たち。阿佐ヶ谷に住む少年「灰吹陽」は、文字の暴走に遭遇し、現実世界に波及する混乱を前にして 、運命の声を発した。「叫べ、創声合体」と……。 ロゴスワールドを鎮める唯一の存在、「アクエリオン」が誕生したとき、文字を巡る新たな神話の1ページが幕を開ける。
  • 劇場版「ペルソナ3」 第一章 「君は、1日が24時間ではないと言ったら、信じるかい?」 1日と1日の狭間にある隠された時間「影時間」。 街は動きを止め、人々はオブジェへと姿を変える。 そこにはびこる異形の怪物「シャドウ」。 それらに対抗できるのは、ペルソナという特殊な力を持つ者だけ。 私立月光館学園に転校してきた主人公・結城 理は ペルソナの力に覚醒し、同じペルソナ使いたちで構成された特別課外活動部へと引き入れられる。 彼らはそれぞれ目的のため、影時間の真相を追ううち、 想像を絶する運命と対峙する―――。 ©ATLUS ©SEGA/劇場版「ペルソナ3」製作委員会 第二章 「こんな日が、これからもずっと続けばいいのに――」 私立月光館学園に転入した主人公・結城 理は、 異形の怪物「シャドウ」の襲撃をきっかけに、「ペルソナ」の力に覚醒し、 同じペルソナ使いたちで構成された特別課外活動部へと引き入れられる。 最初は流されるままに行動していた理だったが、 「影時間」の謎を追い、「シャドウ」との死闘を重ねていくうちに、 その心は大きな変化を見せ、仲間との強い絆を得る事となった。 そして季節は春から夏へ。「シャドウ」との戦いは終わっていなかったが、 特別課外活動部は新メンバーを迎え、非日常的な毎日に充実感さえ覚えるようになっていた。 運命の歯車がまわり、また新たな試練が訪れることになるとは、 誰も知らないまま――。 ©ATLUS ©SEGA/劇場版「ペルソナ3」製作委員会 第三章 「なんとなくわかったよ―君は失うことを恐れているんだね?」 季節は秋へ。異形の怪物「シャドウ」と、主人公・結城 理をはじめとした 特別課外活動部の戦いにも終わりが近づこうとしていた。 「影時間」を終わらせるために「シャドウ」との死闘を重ねていく理たち。 戦いを通し、あるものは仲間や家族の死と向き合い、 あるものは守るべき大事なものに気付き、 また、あるものは自分たちのこれまでの戦いの意味に葛藤する。 そして、理のまえには謎の転入生・望月綾時が現れる―。 新たな朝を迎えた時、再び運命の歯車はまわりはじめる。 それぞれの繋がりを巡る戦いが始まる―。 ©ATLUS ©SEGA/劇場版「ペルソナ3」製作委員会 第四章 「滅びの時は、確実に迫っている。止める事は出来ない」 死を知り、死を見つめ、死と向き合う。 さまざまな出会いと別れを繰り返し、その度に、成長を遂げてきた結城 理と仲間たち。 その戦いは、世界のためではなく、自分自身のためだったのかもしれない。 それでも、戦いの先に平穏な日々があると信じて彼らは戦い続けてきた。 しかし、滅びは人類が背負うべき運命だと少年は言う。 友人だと信じていた少年が、無情にも現実を突きつける。 季節は冬へ。その先にある春を迎えるため、 理が下す決断とは――。 ©ATLUS ©SEGA/劇場版「ペルソナ3」製作委員会
  • リプライ ハマトラ / あの衝撃のラストは、始まりに過ぎなかった…! 多くの謎と衝撃に包まれた前シリーズの最終回。 横浜の街が大混乱に陥ったあの事件から三か月が経ち、カフェ・ノーウェアの面々にも日常が戻っていた。 そんな中、ムラサキは、はじめとコンビを組み、再び探偵を始めていた。 まさかの再登場を遂げたと思えば、旧友のナイスに銃口を向けたアートの真意とは…!? アートとハマトラの関係は、どうなっていくのか…!? 前シリーズで、悩みや葛藤を抱えたキャラクターたちが辿り着く応えリプライ、 そして闇に包まれた謎が、遂に明らかになる!
  • TVアニメ「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」 春。都会から離れ穏やかな時間の流れる田舎町。 桜の舞い散るなか八十稲羽駅に降り立つひとりの少年・鳴上 悠。 家庭の事情から叔父のいるこの町へやってきた悠は、地元の八十神高校へと転入することとなる。 そしてはじまる学園生活―。 放課後のショッピングモール。街で起こる連続殺人事件。深夜に流れるマヨナカテレビ…。 悠と仲間たちに“今度は”一体どんな日々が待ち受けているのだろうか?
  • ハマトラ “ミニマム” それは、「小さな奇跡」とも呼ばれる ごく限られた人間にのみ先天的に発現する特 殊能力。 その能力を身に付けた者は“ミニマムホル ダー”と呼ばれる…。 2014年 横浜 ナイスとムラサキのコンビ探偵“ハマトラ” は、事務所としてテーブルを間借りしている カフェ・ノーウェアで、 仲間たちと一緒に今日も仕事の依頼を待って いた。 そんな中、2人の元へと舞い込んだある依頼 が、2人と旧知の間柄の警察官・アートが追 いかける「連続殺人事件」と、奇妙な繋がり を見せる。 その事件は、被害者が全員“能力者(ミニマ ムホルダー)”というものだった。 ミニマムホルダーであるナイスとムラサキ も、否応無しに事件の渦中へと巻き込まれて 行く…。 それぞれの思い・願いを叶えるため、「覚悟 (エゴ)」を貫き奮闘する若者たちの物語を 描く、 一筋縄じゃいかないノンストップアクション が幕を開ける。