ニコニコチャンネル

  • キングダム 第2シリーズ 古代中国、春秋・戦国時代の秦国。田舎村で下僕として暮らしていた少年・信の夢は、 戦場に出て武功を上げ、いつか歴史に名を残す天下の大将軍になること。 そして、先の戦で功績を上げた信はついに三百人将となった。そんな中、秦国の若き王・嬴政の号令の元、国の命運をかけた大戦が行われることに。そこで出会った同世代の若き将たちは互いに競い合い、時には協力しながらそれぞれの夢を掴み取るべく戦場を駆け抜ける。
  • FAIRY TAIL(前シリーズ) 世界中にたくさんある魔導士ギルド。それは魔導士たちに、いろんな仕事を仲介してくれる所!! なかでも「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」は何でもやりすぎちゃうお騒がせなギルド。 炎を自在に操る滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)のナツ、ナツの相棒でしゃべって飛べる猫のハッピー、 星霊魔導士のルーシィ、氷の造形魔導士のグレイ、鎧の美人魔導士エルザなど、個性たっぷり、気持ちのいい連中がいっぱい!! 楽しいこと、ヤバイ(?)こと、今日もきっと、何かが起こるハズ・・・!?
  • 最遊記RELOAD -burial 最遊記RELOAD -burialのページです。
  • 絶対防衛レヴィアタン 水と緑の惑星アクアフォール。 突如降り注いだ隕石群は悪しきモノを放ち、 それにより、大地に生きる全ての生き物に消 滅の危機が広がっていった。 「あたし、シロップ。早速だけど、あなた、 アクアフォール防衛隊に入隊しない?只今、 隊員大募集中なのっ。」 お喋りでいつも腹ぺこな妖精シロップが見込 んだ隊員候補は3人の竜族の少女。 笑顔を忘れた少女レヴィアタン、自由奔放な お嬢様バハムート、心優しい力持ちヨルムン ガンド。 竜族の3人と小さな妖精がアクアフォール防 衛隊として結束してゆくグローイングアッ プ・ストーリー。
  • 革命機ヴァルヴレイヴ 真暦71 年。宇宙都市 “ダイソンスフィア”の 開発によって、総人口の7割が宇宙で暮らす 時代。 世界はふたつの勢力に分かれていた。軍事同 盟から発展したドルシア軍事盟約連邦と、 貿易協定を拡大させた環大西洋合衆国、通称 “ARUS(アルス)”。 二大勢力の狭間で中立を謳う小国・ジオール は、経済的繁栄を手に入れ、平和を保っていた。 そのジオールのスフィア内、モジュール77 と呼ばれる区画に暮らす高校生、時縞ハルト の平穏な日常は、 突然のドルシア軍の侵攻により一変した! ハルトと謎の人型兵器ヴァルヴレイヴとの出 会いが、世界を揺るがす。
  • ロウきゅーぶ! バスケットボールのスポーツ推薦で七芝高校 に入学した長谷川昴は、憧れの男子バスケ部 に入部するが、尊敬していた先輩である部長 のロリコン疑惑がきっかけで部活動停止の目 にあってしまう。 行き場をなくし、日々所在なく過ごしていた 昴だったが、叔母であるの篁美星の強引な誘 いから、 彼女が顧問を勤める小学校の女子バスケ部の 臨時コーチを引き受けることになった。 気が進まないながらもコーチに訪れた昴の前 に現れたのは、メイド服に身を包んだ5人の 女の子たちのご挨拶だった!? 「お帰りなさいませ、ご主人様」 バスケ部といっても、メンバーは5人しかお らず、まともなバスケ経験者は一人のみ。 その上、女子小学生たちが相手の慣れぬ環境 に戸惑う昴だったが、彼女たちが抱えるある 事情を知り、やがてコーチとして真剣に彼女 たちに向き合うようになる この物語は、一人の男子高校生と、5人の小 学生の女の子たちがバスケットボールにかけ る青春を描く、ローリング・スポーツコメ ディである。
  • セキレイ 「さぁ、始めようか―― 新しい神話を 可憐な戦記を 奇跡の恋物語を――」2020年、新東帝都にそびえ立つビルの屋上で、一人の男がそう宣言した。それは「鶺鴒計画」の始まりを告げる合図。"セキレイ"と呼ばれる108羽の可憐な戦士たちは、自らの主・葦牙(アシカビ)を求めて人の世へと放たれた――――自らの想いを賭けて、最後の一羽と成る為に。「ごめん、今年もダメだった・・・」憧れの都会に上京したものの、大学受験に失敗したさえない浪人生・佐橋皆人。彼は、やりたい事も無く・親しい友人もおらず・ましてや彼女なんているわけもない、いわゆるヘタレ。 しかもその日、2浪が決定したばかりだった。厳しい現実に、落ち込みながら帰路に付く皆人。 そんな彼の前に、突然、空から謎の美少女が降ってきた。彼女の名は"結"。自らを"セキレイ"と名乗る彼女は、運命の相手"葦牙"として皆人を選んだのだった。「私、皆人さんのために闘います!」そして皆人と結の絆が刻まれたとき、物語は動き始める―― これは、人とセキレイが織り成す、新しい神話 これは、セキレイ達が繰り広げる、可憐な戦記 これは、運命の相手と紡ぎ出す、奇跡の恋物語。 全ては、愛する者と永遠に婚ぐ為に――――――