ニコニコチャンネル

  • ドラマ特別企画 嫌われ監察官 音無一六スペシャル 監察官の音無一六(小日向文世)は、暴力団との癒着疑惑で監察中の警部補・有村俊樹(大友康平)を遺体で発見。現場からは被疑者(遠藤憲一)が逃走。特別監察として乗り込んだ一六は、聞き込み中に再び被疑者に遭遇するが取り逃す。一方、捜査一課の三条渚(中越典子)が有村の交友関係を調べる中で、ひとりの男が浮上する。幼いころに引き離された一六の実の弟だったのだ。
  • 警視庁ゼロ係-生活安全課なんでも相談室- 警視庁杉並中央署の「生活安全課なんでも相談室」は“0係”と揶揄される雑用係だ。そんなゼロ係で、エリートキャリアで世間知らずな“究極のKY”刑事・小早川冬彦がバディを組むのは、ベテラン女性刑事・寺田寅三。まったく噛み合わない2人と、ゼロ係の「役立たず」な仲間たちは、その強烈な個性を生かしながら様々な事件、雑用に再び挑んでいく!
  • コードネームミラージュ 社会に蔓延る凶悪犯罪に脅かされる国、日本。 表立った諜報機関が存在しない日本において、国内外を問わず凶悪犯罪集団にとって、仕事のしやすい、ヌルい国と見透かされている。 そんな状況を打破すべく、警察庁内に組織された部隊が「K13」だった。 「K13」の活動はごく限られて人間たちにしか知られておらず、メンバー達は記録上では、この世に存在しない。 「コードネーム:ミラージュ」と呼ばれるトップエージェントを筆頭に、「K13」に所属するメンバーは、凶悪犯罪にあたるだけでなく、政治的・社会的に表立って解決することのできない犯罪をも、秘密裏に処理する使命を背負わされていた。 一方で、アメリカの「FBI」のような警察機関の設立を目指し、日本の警察組織の徹底強化を図る「警察権拡大法案」の成立を目論む人間たち。 様々な思惑が蠢く日本。 やがて「K13」をも巻き込む、巨大な陰謀が明らかになっていく!!