ニコニコチャンネル

  • 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω 著:むらさきゆきや×イラスト:鶴崎貴大による、累計300万部突破の人気ライトノベルが、待望の続編アニメ化! ゲーム内の姿で異世界へと召喚されてしまったディアヴロ(本名・坂本拓真)は、 「私こそが召喚主」 とお互いに主張するシェラ、レムの2人と、ゲームにそっくりな異世界での日々を過ごしていた。 エルフの王国の精鋭部隊と戦ったり、魔族と戦ったり、復活した魔王クレブスクルムを従わせたり。 「我はディアヴロ。異世界の魔王であるッ!」 と魔王演じながら、強敵に立ち向かっていくディアヴロは、ときには美少女たちに翻弄されつつも、確かな信頼関係を築き上げていた。 ──そんなある日。 湖東の森に出かけたディアヴロたちは、ボロボロになったひとりの少女と出会う。 「か、神様……、なのですか?」 それは聖騎士に追われた、教会の大主神官・ルマキーナだった……! コミュ力ゼロの魔王(演技)が、絶対的な強さで突き進む! 異世界魔王と召喚少女たちが繰り広げる“夢いっぱいの異世界冒険譚”、再び!
  • 天地創造デザイン部 はじめに、天地創造があった。 万能の神は、すべてを造りたもうた。 光、水、大地を造り―― そして、そこに住まう生き物を、動物たちを造ろう―― と思ったけど面倒になって下請けに出した…!? 神様から生き物の創造を依頼された天地創造社。 地上に存在する生き物は、天地創造社のデザイナーたちが造り出していた。 この生き物は、どうしてこんな姿なの? この生き物は、どうしてこんな生態なの? 生き物誕生の裏側には、神様(ルビ:クライアント)からのムチャ振りを独創的なアイデアで実現しようとするデザイナーとエンジニアたちの苦悩と歓喜のドラマがあった! 「面白くて、ためになる」と多くの反響を巻き起こした“生き物創造お仕事コメディ”が、2021年ついにアニメ化!
  • 神様になった日 彼女が神様になった日、 世界は終焉へと動き出した。 原作・脚本:麻枝 准×制作:P.A.WORKSによる 完全新作オリジナルアニメーション企画、待望の3作目が遂に始動! ゲームブランド「Key」の立役者として 『AIR』『CLANNAD』『リトルバスターズ!』など数々の傑作を生み出し、 アニメ・音楽とマルチな領域でファンを熱狂させてきたシナリオライター・麻枝 准が原作・脚本を担当! 『Charlotte』制作後、長らく現場から離れていた麻枝 准の中に、 再び創作へと駆り立てるある想いが浮かんだ。 ”原点回帰” 2020年10月、麻枝 准×P.A.WORKSの贈る、切なくも愛しい物語が新たに誕生する。
  • ソマリと森の神様 地上は異形たちが支配する世界。 人間は迫害され、絶滅の危機に瀕していた。 そんなある日、 森の番人である「ゴーレム」と ひとりの人間の少女が出会う。 滅びゆく種族「人間」と森の番人ゴーレムの 父娘の絆を綴った旅の記録。
  • 私、能力は平均値でって言ったよね! 人よりちょっとだけ「できる子」だったため、孤独で思うように生きられなかった女子高生・栗原海里(くりはら みさと) とある事故をきっかけに、異世界へ転生することになった彼女は 普通に友達をつくって、普通の生活を送りたい ―  そう願って、神様にひとつお願いをする。 「能力は、その世界の平均値でお願いします!」 しかし、神様に授けられたのは、「平均的な能力」などではなく… 魔法が存在する世界に生まれ変わった少女が 「普通の幸せ」を求めて大奮闘! 魔術師のレーナ、剣士を目指すメーヴィス、そして、商家の娘ポーリンとの出会いにより 少女・マイルの新たな異世界生活が始まる!
  • キラキラハッピー★ ひらけ!ここたま 小学5年生の女の子 星ノ川はるかは、 ある日、大切にしていた桜リボンから生まれたモノの神様“ここたま”と出会う。 名前はリボン。はるかがリボンに触れたその時、目の前にフシギなカギが現れて…!? ここたまたちの間では 「フシギなカギを手にした人間がここたまと出会う時、幸せの扉が開いて世界を救う」 という伝説が! 果たして、はるかは伝説のここたま契約者なのか…!? フシギなカギでひらく、ここたまたちとのヒミツの世界!
  • このはな綺譚 シリーズ開始から9年。『このはな綺譚』が待望のアニメ化! あの世とこの世の間にある温泉宿【此花亭】で働く6人の狐っ娘仲居たちが織りなす摩訶不思議な感動綺譚。 神様に遣える狐っ娘たちが働く温泉宿「此花亭」。 「このはな綺譚」は此花亭に奉公にきた新人仲居の柚と、柚を取り巻く仲間たちとの心温まる物語です。 仲居たちの想いはひとつ。 「正体が何者でも、 どなたさまでも、お客様は神様です。」 もちろん、 いま目の前におられる、あなたも…。 柚たち仲居の “おもてなし” に触れ、疲れた心を癒してください。
  • 異世界はスマートフォンとともに。 神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第2の人生をスタートさせる。 彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマートフォン。 様々な人達と出会い、大切な仲間を得ていく中で、いつしか主人公はこの世界の秘密を知る。 古代文明の遺産を受け継ぎ、お気楽な世界の王たちと力を合わせながら、個性豊かな女の子たちと共に彼はのほほんと世界を巡っていく−−−
  • 東京下町チャンネル 東京下町にスポットをあて、町の歴史や伝統、お店やイベントなどを紹介する情報バラエティチャンネルです。浅草を舞台にした小説『神様!仏様!きつねさま!』著作者 浅草出身の作家 浅草アリスさんナビゲートによる東京下町の妖怪をテーマにしたトーク番組「東京下町百物語 ~不思議の町のアリス~」(10月までチャンネル百鬼夜行で放送)。その他に、話題のお店やイベントを、その会場からの実況やVTRによる東京下町を発信するチャンネルです。
  • かみさまみならい ヒミツのここたま 人間のモノへの想いが魂となって生まれる「ここたま」は、人にみつからないようにこっそり人を幸せにするお手伝いをしている小さな神様。 ある日、小学5年生の四葉こころが大切にしている色鉛筆から生まれたここたま(ラキたま)は、 こころに姿を見られてしまった!こころに見つかってしまったことをきっかけに二人は 〝ヒミツのけいやく”を結ぶことに・・・こころとここたまたちのちょっとヒミツのお話が始まる!
  • ノラガミ ARAGOTO 黒いジャージにスカーフ姿の“夜ト”は、祀られる社の一つもない貧乏でマイナーな神様。 賽銭<5円>で人助けをする、自称”デリバリーゴッド”である。 交通事故に遭いそうになった夜トを助けようとしたことがきっかけで、 ”半妖(はんよう=魂が抜けやすい体質)”となった良家の令嬢・壱岐ひより、 さらに、夜トに拾われ、神様が使う道具“神器”となった少年“雪音”と共に、 人間に害を与える”妖”と戦いを繰り広げながらも、その三人の絆は深まっていた。 一方で、七福神の一柱(ひとり)で最強武神である“毘沙門”から命を執拗に狙われ続けている夜ト。 ふたりの間に秘められた過去、そして、因縁の対決の行方は…
  • ふなっしーのふなふなふな日和 みんなを笑顔にするために、人間界にやってきたふなっしー。ふなっしーを人間界へ送った『梨神様』、 ふなっしーに一方的にライバル心を燃やす『ぐれっしー』など、アニメオリジナルの新キャラクターたちも続々登場!
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 迷宮都市オラリオ──『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する 巨大都市。 未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。 人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。 「よし、ベル君、付いてくるんだ! 【ファミリア】入団の儀式をやるぞ! 」 「はいっ! 僕は強くなります! 」 どの【ファミリア】にも門前払いだった冒険者志望の少年と、 構成員ゼロの神様が果たした運命の出会い。 これは、少年が歩み、女神が記す、── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──
  • 神様はじめました◎ ミカゲ社の土地神としてはまだまだ未熟な女子高生・桃園奈々生。 ある日、風神・乙比古が、毎年全国の神々が出雲に集まって会議を開くという「神議り」(かむはかり)の招待状を持ってやってきた。
  • 神様はじめました 父親が家出して、若い身空でホームレスとなってしまった女子高生・桃園奈々生。 困っている奈々生の前に「私の家を譲りましょう」という怪しい男が現れる。 男の正体は、土地神ミカゲ。奈々生は家(=廃神社)と引き換えに神様の仕事を任されてしまい…!?  しかも社には、性格最悪で凶暴な妖狐・巴衛が神使として居座っていた。社の精である鬼切と虎徹に励まされながら社の仕事をこなす奈々生に、 巴衛はいつも悪口ばかり。ある日奈々生は鬼切から「神使の契約を結べば、巴衛が絶対服従する」という話を聞く。 喜びいさんで契約方法をきくと「口づけ」だって…? 「冗談じゃない! 巴衛とキスするぐらいなら出て行ってやる!!」 奈々生の明日は果たして!?
  • ノラガミ 黒いジャージにスカーフ姿の”夜ト(ヤト)” は、祀られる社の一つもない貧乏でマイナー な神様。 自分の社を築くべく、自分の携帯番号を街な かやトイレの壁に書き込み、 賽銭<5円>で人助けをする、自称”デリバ リーゴッド”である。 良家の令嬢・壱岐ひよりは、交通事故に遭い そうになった夜トを助けようとして、 代わりに自分が交通事故に巻き込まれてしまう。 それがきっかけで”半妖(はんよう=魂が抜 けやすい体質)”となったひよりは、 その体質を治してもらうために夜トを追いか け、次第に行動を共にするようになる。 さらに、夜トに拾われ、神様が使う道具“神 器(しんき)”となった少年“雪音(ゆき ね)”も仲間に加わり、 人間に害を与える”妖(あやかし)”と戦いを 繰り広げる一方で、夜トの秘められた過去が ひもとかれていく。
  • 凪のあすから その昔、人間は皆、海に住んでいた。 でも、陸に憧れた人たちは海を捨てた。 海で暮らせるように海神様がくれた、特別な 羽衣を脱ぎ捨てて……。 海で暮らす人、陸で暮らす人、 住む場所が分かれ、考え方は相容れずとも、 元は同じ人間同士、わずかながらも交流は続 き時は流れた。 海底にある海村で暮らす 先島 光、向井戸まなか、比良平ちさき、伊 佐木 要と 地上に暮らす木原 紡。 海と陸。 中学二年生という同じ年代を過ごしながら 今まで出会うことのなかった彼らが出会った時、 潮の満ち引きのように彼らの心も揺れ動く。 ちょっと不思議な世界で繰り広げられる 少年少女たちの青の御伽話
  • 神さまのいない日曜日 15年前、神様に見捨てられて以来、人は生まれず死者は死ななくなった。 “死ぬことができない死者”に唯一安らぎが与えられる「墓守」の仕事を、亡き母から受け継いだ12 歳のアイ。 優しい養父母や村人たちに囲まれて平穏に暮らしていたが、ある日、村に「人食い玩具(ハンプニー ハンバート)」と名乗る、銃を携えた少年が現れ、予想も しなかった残酷な現実を突きつけられることに…
  • ハチ公物語 小さき者へ 幼い者へ 若き人へ 父なる人へ 母なる人へ神様からの贈り物。大学教授上野博士と秋田犬“ハチ公”との心温まる実話を元に、人 と動物と の愛の交流を描いた大ヒット作!!
  • ソウルイーター 死神武器職人専門学校-通称「死武専」。 その生徒である「職人」と「武器」。 その目的はただ一つ。“99個の鬼神の卵と 化した魂”と“1個の魔女の魂”を武器に食べさせ、 死神様の武器「デスサイズ」を作ること。 最強のデスサイズを目指し、時にぶつかり合 い、時に助けあう、少年少女たちの成長物語 である。
  • 神様ドォルズ すぐそばに神様がいる日常。神様が招く非日 常…。“神の抜け殻”として祀られる謎の人形 「案山子」と少女が、繰り広げるGirl meets God!
  • 神様のメモ帳 とある雑居ビルの308号室。その部屋の扉に は、こう書かれている。 《NEET探偵事務所》 It's the only NEET thing to do. そこを根城とするのは自らを“ニート探偵”と 呼ぶ少女・アリス。部屋から出ないひきこも りで、ネットを駆使して真実を暴きだし、事 件を解決する。そのもとに集うのは、16歳の 高校生ナルミと ニート探偵団。多くの人にとってはどうでも よくて、でもほんの少しの人にとってはかけ がえのない事件。これはそんな事件をめぐ る、ちっぽけだけど温かな物語。
  • ドラマ版 幼獣マメシバ 犬なんて100パー無理。 口だけ達者な中年ニート、生まれたばかりのマメシバを連れ、母を訪ねて旅立った。 第1話「自分の部屋から半径3キロ以内で、全然生活できるのだ。」 祭壇には芝良男(笹野高史)のピンボケた遺影が飾られている。芝家では、急な事故で一昨日亡くなった良男の葬儀が行われ、ごく身内の親戚たちがそのピンボケた遺影を眺めながら急な不幸に浸っていた。 鞠子(藤田弓子)が、振る舞いの鮨桶を台所で洗っていると背後に気配が。振り向くと、一人息子の二郎(佐藤二朗)が写メを撮影して去っていった。二郎はその足で祭壇へ向かい、パシャパシャと写メを執拗に撮りまくった。 親戚からは大ブーイング。「葬式にも出ないで何やってるのよ」「またブログに載せようと思ってるんでしょ」35歳で無職のパラサイト中年・二郎は、親戚中の鼻つまみ者だった。適当に毒を吐いて去っていく二郎。二郎の唯一の理解者の財部(高橋洋)からも態度をたしなめられるが、まるで聞く耳を持たない。 ここ一帯の土地は芝家の持ち物で、二郎はその正当な相続者だった。親戚は、二郎がこのままだと芝家が心配だと鞠子を責めた。 数日後、相変わらず引きこもっている二郎の部屋に財部がやって来た。 鞠子から預かった、と渡された封筒の中には「芝一郎」名義の通帳が入っていた。「誰よ一郎って?隠し子でもいたの?」財部の問いかけに「知らんよ勿論」と返す二郎。 と、庭から犬の鳴き声が。そこに居たのは、生まれたばかりの鞠のようにモコモコなマメシバの子犬だった… 第2話「時として人生は、誰かの思惑に逆らえないのだ。」 第3話「社会は、甘くない時はとても甘くないのだ。」 第4話「どん底を経験すると、その後少し前向きになれるのだ。」 第5話「人の気持ちは、小鳥を持つ様にやさしく掴むのだ。」 第6話「旅の恥は、なかなか掻き捨てられないのだ。」 第7話「間に入って「まあまあ」と丸く収めるのは、才能なのだ。」 第8話「人の取柄は、気付かなければ一生開花しないのだ。」 第9話「ちゃんと気持ちを伝えた事が、生きてて一度もなかったのだ。」 第10話「神様を信じてもいいかと、一瞬だけ思ったのだ。」 最終話「思えば遠くに来たもんなのだ。」
  • かんなぎ 地区展に出品する木彫りの精霊像を作り終え た美術部員の御厨仁(みくりやじん)。 すると、その精霊像が突然顕現し、女の子に なって動き・喋り出した! 「あなたは、樹の精霊さんなんでしょうか?」 電波な事を尋ねる仁に対し、その女の子は 「わらわこそ、この大地の母なる産土神(う ぶすながみ)じゃ」 彼の予想の右斜め上の答えを告げる。随分と 気軽に現れた神様に戸惑いつつ、 彼女の依代となったご神木の事情を説明する仁。 そして、彼女を襲うケガレと呼ばれるその土 地の不浄物。 人には触れられぬケガレに成す術のない残念 な自称神様だったが、 仁は割と簡単にそのケガレを掴み、何事も無 かったかのように ポイっとしてしまう。 「なんでじゃーーーーーーーー!!」 そう言いながら綺麗な弧を描き、彼のみぞお ちにかまされたローリングソバット。 落ち込む神様、戸惑う仁。そして、落ち込む 神様に訪れたリベンジの刻。 自ら作った特殊な武器を持ち、ケガレに挑も うとする神様。そして彼女は叫ぶ 「美少女土地神ウブスナガミ! ケガレは根 こそぎ許さない!」 なんとも言えない気持ちになる仁に脇目も振 らず、リベンジを果たす神様。 そして告げられる。 「わらわはナギ。この神樹と同じ名じゃ。」 今ここに、ナギと仁とその他色々な人が繰り 広げる、 お茶の間感覚伝奇ストーリーが生まれる!!