ニコニコチャンネル

  • 女の戦争 バチェラー殺人事件 資産3000億の御曹司・鳴戸哲也(古川雄大)が結婚式当日に殺された!遡ること3か月、彼の花嫁を選ぶ恋愛リアリティ番組「ゲット・ザ・バチェラー」の収録に7人の女たち、若菜・麗奈・りお・一香・理恵・利子・星が集まった。哲也が最後に選ぶのは誰か? 哲也を殺すのは誰か? 裏の顔を持つ女たちの熾烈な戦いが始まる――。
  • 「あの家に暮らす四人の女」 東京杉並の古い洋館。 刺繍作家の牧田佐知(中谷美紀)と気ままな母・鶴代(宮本信子)、佐知の友人で毒舌な谷山雪乃(永作博美)と雪乃の後輩でダメ男に甘い上野多恵美(吉岡里帆)の4人が暮らす。笑いと珍事に事欠かない牧田家の日々。 洋館にある“開かずの間”を開けたことをきっかけに、平穏な日常がにわかに変化して…。
  • ドラマスペシャル「東野圭吾 手紙」 「本当に俺はバカな兄貴だよ」武島直貴(亀梨和也)の兄・剛志は、4年前、直貴を大学に入れてやりたいという一心から、盗みに入った家で思いもかけず人を殺めてしまい、強盗殺人の罪で逮捕。懲役20年の判決が下された。それ以来、獄中から月に一度、弟の直貴のもとへ手紙を送り続けている。働きながら定時制高校へ通う直貴は「順調だから心配いらない」と兄へ手紙で報告するが、現実はアルバイトを次々と変え、住む場所も転々とせざるを得なかった。SNS社会の現代。進学、恋愛、就職…掴もうとした人生の幸福すべてが「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって、その手をすり抜けていく。次第に直貴は剛志からの手紙を無視するようになり、やがて兄弟にとって大きな選択をすることになる。差別はあって当然――犯罪加害者の弟という運命を背負いながら、周囲の人々と関わり合い懸命に生きていく直貴が見つけた絆とは一体…?
  • 曇天に笑う 時は明治十一年。 急速な欧米化に伴い、政府に不満を持つ人々が増え、監獄は囚人で埋まり、脱獄も後を絶たなかった。 そこで政府は、滋賀県琵琶湖に重犯罪者専用の檻、日本最大・脱出不可能な湖の監獄、獄門処を設ける。 その監獄への橋渡し人を請け負う曇家の三兄弟が織り成す大冒険活劇の幕が上がる……!