ニコニコチャンネル

  • 中間管理録 トネガワ 帝愛グループ会長・兵藤和尊の命で、債務者たちによる「死のゲーム」の企画を任された幹部・利根川幸雄!!早速、企画会議を開く利根川を待っていたのは、受難‥!!煩悶‥!!そして絶望‥!!会長と黒服の間で苦悩する利根川を描く、悪魔的スピンオフ、アニメ化始動・・・・!!
  • 巨悪は眠らせない 特捜検事の標的 若きエース検事・冨永真一(玉木宏)ら東京地検特捜部は、ある告発により厚生労働大臣・越村みやび(名取裕子)を追うことになった。副部長・羽瀬喜一(奥田瑛二)曰く、部長・岩下希美(羽田美智子)の元に、医療コンサル会社『JWF』社長・楽田恭平がみやびへ賄賂を贈ったとの訴えがあったという。しかも2人はサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を取り締まる法案を成立させようとしていた。その頃、みやびは民自党総裁選の 出馬を決意。酒造を営む夫・俊策は、後見人に黛総理を置くことを懸念するが…。特捜部は告発者である弁護士・宮崎穂積と『JWF』元債務責任者を聴取。だが証拠は信用できない内容だった。一方、サ高住を取材中の新聞記者・神林裕太は、話を聞いた楽田にきな臭さを感じ始める。告発は真実なのか?総裁選絡みの策略なのか…?冨永が執念で辿り着いた真実とは!
  • コードネームミラージュ 社会に蔓延る凶悪犯罪に脅かされる国、日本。 表立った諜報機関が存在しない日本において、国内外を問わず凶悪犯罪集団にとって、仕事のしやすい、ヌルい国と見透かされている。 そんな状況を打破すべく、警察庁内に組織された部隊が「K13」だった。 「K13」の活動はごく限られて人間たちにしか知られておらず、メンバー達は記録上では、この世に存在しない。 「コードネーム:ミラージュ」と呼ばれるトップエージェントを筆頭に、「K13」に所属するメンバーは、凶悪犯罪にあたるだけでなく、政治的・社会的に表立って解決することのできない犯罪をも、秘密裏に処理する使命を背負わされていた。 一方で、アメリカの「FBI」のような警察機関の設立を目指し、日本の警察組織の徹底強化を図る「警察権拡大法案」の成立を目論む人間たち。 様々な思惑が蠢く日本。 やがて「K13」をも巻き込む、巨大な陰謀が明らかになっていく!!
  • 闘牌伝説 アカギ 「死ねば、助かるのに……」 それは、南郷の背後のソファに座っている あの少年から発せられた言葉。少年は南郷の 後ろにいるので、当然、彼のテは見えている。 「……麻雀、分かるのか?」 「いや、全然……ただ、今あんたの背中の気配 が死んでいた。勝とうという強さがない。た だ助かろうとして、怯えているんだ」 少年の言葉に、安全な牌でなく危険牌を打つ 南郷。結果、南郷は逆転を収めた。 休憩中に南郷は、少年に言った。 「俺の代わりに打ってくれないか?」 「……?」 少年は、麻雀を知らないと言った。つまり素 人である。ヤクザ相手の「闇麻雀」におい て、これは無謀ともいえる暴挙だ。しかし、 南郷は感じ取っていたのだ。 この少年が持っている気配…… 「あんたは、死線を越えてきた……」 今、まさに死線をさ迷っている南郷だからこ そ感じ取ることが出来たのかもしれない、こ の少年の持つオーラ。 「あんたなら、越えられる。この死線……」 南郷は、己の命運を、素人同然のこの少年に 賭けたのだ。勝つ(生きる)ために……。 「少年、名前は?」 しばらくの間の後、少年は答えた。 「アカギ……赤木しげる」 彼こそが、後に「裏の麻雀界」を震撼させる ことになる 「伝説の代打ち・赤木しげる」であった。
  • 逆境無頼カイジ 破戒録篇 帝愛グループ兵藤会長とのギャンブルに破 れ、1000万近い借金だけが残ったカイジ。行 き着いたのは、どことも知れぬ地中の底の 底、帝愛の強制労働施設。自分の為、仲間の 為、圧倒的な絶望的状況から抜 け出すべく、カイジはギャンブル「チンチロ リン」「人喰いパチンコ沼」に手を出す!!
  • 逆境無頼 カイジ 伊藤開司=カイジは定職に就かず、自堕落な 生活を送る青年。ある日カイジの元に遠藤と 名乗る男が訪ねて来る。カイジが保証人と なった友人が逃げたため、債務の取り立てに やってきたのだ。その額385万 円。そんな大金を返せないというカイジに、 遠藤は「大金を手にするチャンスがある」と 誘いをかける。それを罠と知らず、カイジは ある豪華客船に乗船する。その船は借金を背 負った「負け犬」たちを乗 せたギャンブル・クルーズを主催する船だっ た……!!
  • 雲のむこう、約束の場所 南北に分断された日本。北海道に建設された謎の「塔」まで飛ぼうと約束したヒロキとタ クヤ。それから三年後、ヒロキたちは憧れていた少女・サユリが眠り続けていることを知る。 彼女を救おうと決意した二人は、思いもかけず「塔」とこの世界の秘密に近づいていく…。 はたして、彼らは約束の場所に立つことができるのか!?