ニコニコチャンネル

  • 多田くんは恋をしない カメラを手に、満開の桜の写真を撮りにきていた多田光良(ただ・みつよし)は、異国から日本にやってきたばかりだという少女・テレサに出会う。 ヨーロッパのラルセンブルクという国から日本に留学にやってきたテレサは、日本に着いて早々に、一緒に日本にやってきた連れとはぐれてしまい、迷子になっていた。 成り行きからテレサを助けることになった光良は、祖父が営んでいる多田珈琲店へとテレサを連れていくのだが……。
  • アニメ 続『刀剣乱舞-花丸-』 時は西暦2205年。歴史改変を目論む“歴史修正主義者”による、過去への攻撃がはじまった。 歴史を守る使命を与えられた“審神者(さにわ)”によって励起された 最強の付喪神“刀剣男士(とうけんだんし)”。 これはそんな彼らが、とある“本丸”を舞台に、 ひたむきに、そしてほがらかに生きる“花丸”な日々の物語。
  • おおきく振りかぶって 夏の大会編 大人気だったTVアニメ「おおきく振りかぶって」の第2シリーズ。 中学時代、経営者の孫と言うことで三星学園の“ひいき”でエースになっていた上に、マウンドを三年間ゆずらなかったためにチームメイトに嫌われ、悲しい中学時代を過ごしていたピッチャーの三橋廉。 中学卒業後、野球をやめる覚悟で西浦高校へ入学した三橋だが、人数不足の野球部のピッチャーになってしまい…。
  • おおきく振りかぶって 三橋廉は、すぐメソメソと泣いてしまう性格の野球少年。ポジションはピッチャー。 彼は中学時代、“学園の経営者の孫”という理由でエースになっていた。 そのくせ、3年間マウンドを誰にもゆずらなかった事でチームメイトに嫌われ、野球部は負け続けた。 その罪悪感から、彼は完全に自信を失ってしまっていた。 やがて中学を卒業した三橋は、エスカレーター式の三星学園ではなく、野球をやめる覚悟で西浦高校へ入学するが、その足はまっすぐに野球部のグラウンドへ向かっていた。
  • アニメ『刀剣乱舞-花丸-』 僕たちの本丸は ――今日も花丸。 時は西暦二二〇五年。歴史改変を目論む“歴史修正主義者”による、過去への攻撃がはじまった。 歴史を守る使命を与えられた“審神者(さにわ)”によって励起された最強の付喪神“刀剣男士”。 これは、そんな彼らが“とある本丸”を舞台に、ひたむきに、そしてほがらかに生きる“花丸”な日々の物語――
  • 月刊少女野崎くん 無骨な男子高校生の野崎梅太郎に恋をした女子高校生の佐倉千代は、 ある日、勇気を振り絞って告白をするのだが、想いは上手く伝わらず、気が付くと彼のとあるお仕事をアシスタントとして手伝うことに……。 男子高校生でありながら人気の少女漫画家である野崎くんを中心に、個性豊かなキャラクターたちが織り成す少女漫画家男子コメディー
  • 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[後編]/ 永遠の物語 「僕と契約して、魔法少女になって欲しいんだ」  願いから生まれる魔法少女の物語が再び、新たな物語としてつむがれる。 2011年1月からTVシリーズとして放送され、大きな話題となった「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場 版が全国公開した。  監督の新房昭之、脚本の虚淵玄(ニトロプラス)、キャラクター原案の蒼樹うめが作りだす、かわい らしい少女たちの日常、先の読めないスリリングな展開、少女と魔法少女が暮らす世界観。アニメー ション制作を手掛けるシャフトの映像表現と、異空間設計を担当した劇団イヌカレーのアバンギャル ドなビジュアル、音楽を受け持つ梶浦由記のドラマチックなBGM。当代きってのクリエイターたちが手 掛けるストーリーは幅広い分野から高い評価を集めた。 TV放送後に発売されたBlu-ray第1巻は、初週売上53,000枚を記録し、TVアニメ史上最高の売上となり 、第2巻ではさらにその記録を塗り替えることとなった。  主な受賞歴として「第16回アニメーション神戸賞作品賞・テレビ部門」「ニュータイプアニメアワ ード (14部門で受賞)」「東京国際アニメフェア2012・第11回東京アニメアワード」「日刊スポーツ 第1回日刊アニメグランプリ」「第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞」など。まさし く2011年を代表する作品のひとつとして、輝きを放ったのである。  今回公開となる劇場版は、TVシリーズ全12話を再編集した2作であり、本作は「[前編]/始まり の物語」と「[後編]/永遠の物語」というタイトルで、[前編]2012年10月6日(土)、[後編]10月13日 (土)から全国の劇場で順次公開された。  TVシリーズを観た人には感動をよみがえらせる機会となり、TVシリーズを観ていない人にとっ ては『魔法少女まどか☆マギカ』の真髄を圧縮還元してあじわうことができる機会になるだろう。 「さあ、鹿目まどか――その魂を代価にして、君は何を願う?」 少女たちの戦いが再びはじまる。
  • 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編]/始まりの物語 「僕と契約して、魔法少女になって欲しいんだ」  願いから生まれる魔法少女の物語が再び、新たな物語としてつむがれる。 2011年1月からTVシリーズとして放送され、大きな話題となった「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場 版が全国公開した。  監督の新房昭之、脚本の虚淵玄(ニトロプラス)、キャラクター原案の蒼樹うめが作りだす、かわい らしい少女たちの日常、先の読めないスリリングな展開、少女と魔法少女が暮らす世界観。アニメー ション制作を手掛けるシャフトの映像表現と、異空間設計を担当した劇団イヌカレーのアバンギャル ドなビジュアル、音楽を受け持つ梶浦由記のドラマチックなBGM。当代きってのクリエイターたちが手 掛けるストーリーは幅広い分野から高い評価を集めた。 TV放送後に発売されたBlu-ray第1巻は、初週売上53,000枚を記録し、TVアニメ史上最高の売上となり 、第2巻ではさらにその記録を塗り替えることとなった。  主な受賞歴として「第16回アニメーション神戸賞作品賞・テレビ部門」「ニュータイプアニメアワ ード (14部門で受賞)」「東京国際アニメフェア2012・第11回東京アニメアワード」「日刊スポーツ 第1回日刊アニメグランプリ」「第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞」など。まさし く2011年を代表する作品のひとつとして、輝きを放ったのである。  今回公開となる劇場版は、TVシリーズ全12話を再編集した2作であり、本作は「[前編]/始まり の物語」と「[後編]/永遠の物語」というタイトルで、[前編]2012年10月6日(土)、[後編]10月13日 (土)から全国の劇場で順次公開された。  TVシリーズを観た人には感動をよみがえらせる機会となり、TVシリーズを観ていない人にとっ ては『魔法少女まどか☆マギカ』の真髄を圧縮還元してあじわうことができる機会になるだろう。 「さあ、鹿目まどか――その魂を代価にして、君は何を願う?」 少女たちの戦いが再びはじまる。
  • げんしけん二代目 椎央大学現代視覚文化研究会、通称「現視 研」。その新会長となった荻上千佳は、昨年 の新歓活動の反省を踏まえ、新入生の会員獲 得を目指していた。新歓会場では、相変わら ずコスプレをして自分だけが楽しんでいる前 会長・大野加奈子を横目に、荻上は大きなイ ラストを即興で描く姿を披露した!それに反 応した女子が2名、新入生の吉武莉華と矢島 美怜が現視研に入会した。類は友を呼ぶの か、2人はいわゆる「腐女子」であった。 そして更に、入会希望で部室に現れた栗色の 髪の清楚な美人―。だが、その正体はウィッ グを着けた「男の娘」で・・・。 超個性的な新入生を迎えた、『げんしけん二 代目』の活動が始まる!
  • よんでますよ、アザゼルさん。Z 芥辺探偵事務所で働く女子大生・佐隈りん 子。彼女は雇い主である芥辺に素質を見出さ れ、助手として依頼をこなしていくうちに、 「悪魔探偵」という芥辺の裏の顔を知ること になる。 ある日、芥辺がグリモアという魔導書を使い 魔界から召喚したのは、とんでもなく下品な 悪魔・アザゼル。イケニエと引き換えに、依 頼に向かったアザゼルだったが、事態は思わ ぬ 方向に…!? 役に立ちそうで立たない個性豊かな悪魔たち と佐隈の騒がしい日々は今日も続いて行く…。
  • ゆるゆり 笑われればいいと思うよ。 旧・茶道部の部室を不法占拠して勝手に「ごらく部」の活動(といっても特に明確な活動内容はなし)を続ける4人組。それに目をつけ、ちょっかい(?)を出し続ける「生徒会」。愛が溢れまくりで明日から元気に生きていけること請け合いのまったりストーリー。
  • よんでますよ、アザゼルさん。 芥辺探偵事務所で働く女子大生・佐隈りん子。彼女は雇い主である芥辺に素質を見出され、助手として依頼をこなしていくうちに、「悪魔探偵」という芥辺の裏の顔を知ることになる。ある日、「夫と浮気相手を別れさせて欲しい」という妻からの依頼を受け、芥辺がグリモアという魔術書を使い魔界から召喚したのは、とんでもなく下品な悪魔・アザゼル。イケニエと引き換えに、依頼に向かったアザゼルだったが、事態は思わぬ方向に…!?役に立ちそうで立たない個性豊かな悪魔たちと佐隈の騒がしい日々は今日も続いて行く…。
  • 魔法少女まどか☆マギカ 大好きな家族がいて、親友がいて、時には笑い、時には泣く、そんなどこにでもある日常。 市立見滝原中学校に通う、普通の中学二年生・鹿目まどかも、そんな日常の中で暮らす一人。 ある日、彼女に不思議な出会いが訪れる。この出会いは偶然なのか、必然なのか、彼女はまだ知らない。 それは、彼女の運命を変えてしまうような出会い―― それは、新たなる魔法少女物語の始まり――