ニコニコチャンネル

  • 舞台「おそ松さん on STAGE SIX MEN'S SHOW TIME 3」 クズでニートな6つ子たちの1日をステージで繰り広げ、大好評のうちに幕を下ろした、舞台「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」が、第3弾となって帰ってくる!第1弾、第2弾を手掛けたスタッフ・キャスト陣が再集結、さらにパワーアップして皆様の前に。 第3弾となる今回は、6つ子とF6はもちろんのこと、喜劇「おそ松さん」にも登場したキャスト達も集合し、松ステ史上最高の舞台をお届けいたします。相変わらずクズでニートな6つ子たちが、今度はどんなSHOW TIMEな1日を見せてくれるのか、ぜひお見逃しなく!
  • えいがのおそ松さん 初めて描かれる「おそ松くん」と「おそ松さん」を つなぐストーリー! 赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、 2度にわたって制作・放送されたTVアニメ「おそ松さん」。 二十歳を過ぎても“クズ”で“ニート”、 しかも、全員“彼女ナシ”で“童貞”。 ダメだけど、どこか憎めない大人に成長した松野家6兄弟が 主役として描かれた、予測不能なギャグコメディとして、 2016年度の流行語大賞にノミネートされるなど、 社会現象を巻き起こした。 完全新作となる劇場版には、高校生時代の6つ子たちも登場し、 「おそ松くん」と「おそ松さん」をつなぐストーリーが、初めて明らかになる…! “笑い”はもちろん、まさかの“青春”や“感動”も詰め込んで贈る 「おそ松さん」の新境地。
  • レレレの天才バカボン あふれる絶妙なギャグセンスと独特のアイデアで多くの名作を生み出している赤塚不二夫氏の作品の中でも最も良く知られた作品である「天才バカボン」。主人公・バカボンのパパは、今日もその独自の哲学で常識の不条理さに対抗します。  ゾウリ、ハチマキ、ハラマキ姿、個性的なファッションで、人々の心をガッチリつかむバカボンのパパ。着物に運動靴、はにかみやで純粋な心をもったバカボン。まるで宿命の様に、毎日町を掃きつづけるレレレのおじさん。拳銃乱射、職権乱用(?)大きな目玉の本官さんなど、おなじみのキャラクターたちが、パワーアップして登場!  赤塚先生特有のナンセンスギャグをお見舞いします。
  • 平成天才バカボン バカボンのパパのいるところに事件あり!パパのパワーの前にはつまらない日常など一気に吹き飛んでしまうのだ!世間の常識を覆すパパの行動には、目からウロコが落ちる大発見がいっぱい!ギャグマンガの巨匠・赤塚不二夫のいわずと知れた名作のリメイク版アニメーション。
  • 深夜!天才バカボン ギャグ漫画の金字塔であり、赤塚不二夫の代表作とも言える 「天才バカボン」が、前作から18年ぶりに、 細川徹監督のオリジナルストーリーでTVアニメ化決定! 「これでいいのだ!」でお馴染みバカボンのパパとそのファミリーに加え、 本官やレレレのおじさん、ウナギイヌまで、 超個性的な面々が、舞台を現代に変えてやりたい放題! 赤塚不二夫没後10年にあたる2018年、“深夜”に繰り広げられる 「バカボン」の新境地が、いよいよ幕を開ける!
  • 舞台「おそ松さん on STAGE SIX MEN'S SHOW TIME 2 」 クズでニートな6つ子たちの1日をステージで繰り広げ、大好評のうちに幕を下ろした、舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』が、第二弾となって帰ってくる!第1弾を手掛けたスタッフ・キャスト陣が再集結、さらにパワーアップして皆様の前に。相変わらずクズでニートな6つ子たちが、今度はどんなSHOW TIMEな1日を見せてくれるのか、ぜひお見逃しなく!
  • 「おそ松さん」第2期 あの6つ子が、帰ってくる!! 予測不能のギャグコメディ、再び! 赤塚不二夫生誕80周年を記念して制作・放送された TVアニメ「おそ松さん」第1期は、 赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、 2015年10月から翌年3月までテレビ東京系列にて放送。 クズでニートな大人に成長した6つ子を主人公として一話完結で描く、 笑えて、泣けて、ほっこりも出来る、 予測不能なギャグコメディで、放送開始直後から、たちまち話題に。 2016年度の流行語大賞にノミネートされるなど、 社会現象ともいえる大ヒットを記録しました。 2017年10月から放送開始される第2期でも 第1期を手がけたスタッフ・キャスト陣が再集結。 鮮烈な記録を残した6つ子が、さらにパワーアップして帰ってきます! 暴走する6つ子伝説は、もはや誰にも止められない…!?
  • おそ松さん on STAGE -SIX MEN’S SHOW TIME- 配信版 本作は、ショートコント風にいくつものストーリーが重なりながら、6つ子の1日が描かれます。 もちろん6つ子以外にも、イヤミ、トト子、チビ太、ハタ坊、さらにはF6も出演。 松野家のお茶の間のシーンでは、まるで本当の兄弟なのではと思うほど、息ぴったりの6つ子が、 登場し、冒頭から、「おそ松さん」の世界に引き込まれます。 6つ子と対照的に、F6の登場シーンは、舞台を華やかに彩ります。 さらに、イヤミとチビ太が悪事をたくらむお馴染のシーンや、トト子のアイドルデビューを6つ子が応援するシーンなど「おそ松さん」ファンにも堪らないシーンが盛りだくさん。 TVアニメに負けず劣らず、テンポの良いやりとりで客席の笑いを誘います。 また、舞台ならではの見どころは、歌やダンスパフォーマンス。6つ子はおそ松さんらしい、可愛いダンス・パフォーマンスで、F6は激しくもキレの良い、本格的なダンスで会場を盛り上げます。パフォーマンス中には、会場内でペンライトが振られるなどライブ会場のような雰囲気で楽しんで頂くことが出来る舞台となっております。
  • ぽにちゃん ポニーキャニオンのよる動画配信サービス「ぽにちゃん」
  • おそ松さん 一世を風靡した伝説の6つ子が、今、よみがえる! 古き良き昭和の時代―。 日本中を沸かせた名作ギャグ漫画「おそ松くん」。 そしてその昭和の最後を華々しく飾った前作アニメ。 それから時は流れ、現代。 街並みも、ライフスタイルも変わった今、あの6つ子たちも、ひそかに成長を遂げて帰ってきた! あの頃と同じ家に住み、大人になってもマイペースに生きる、おそ松達。 はたして、イヤミやチビ太、トト子にハタ坊、ダヨーン、デカパンなど個性豊かなキャラクター達の現在の姿は…?! 赤塚不二夫生誕80周年という記念の年に、TVアニメ「おそ松さん」としてよみがえる伝説的作品。その約束された問題作が、今再び幕を開ける!
  • 元祖・天才バカボン バカ田大学出身のバカボンのパパの辞書には 常識という言葉はないらしい。バカボンのパ パを中心に、素直だけど天然ボケの息子バカ ボン、美人のママ、天才のハジメちゃんと いったバカボン一家と、近所の人々とが織り 成す非常識な日常が繰り広げられる。この作 品は原作者の赤塚不二夫氏が決定版と認め “元祖”をタイトルにつけたという自信作である。
  • 天才バカボン 奇天烈なパパと美人なママを持つ、お人よし で天然ボケな小学生バカボンがある町に引っ 越してきた。その町には、いつも掃除をしな がら「おでかけですか?」と言う“レレレの おじさん”や、「タイホするぞ!」といいな がらピストルを連発するおまわりさん等変 わった人々が住んでいた。そこに天才児ハジ メちゃんも誕生し、次々と珍騒動が巻き起こ るのだが…。 赤塚不二夫の出世作でもある名作ギャグ漫画 を原作に、昭和46年から放送されたアニメシ リーズの第一弾。