ニコニコチャンネル

  • 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 西暦2030年。“笑い男事件”が解決して半年・・・公安9課が完全な再建に向けて活動をしていた。ある夜、中国大使館で「個別の11人」と名乗るテロ組織による人質立て籠もり事件が勃発する。彼らの要求は、アジア招慰難民受け入れの即時撤廃と招慰難民居住区の完全閉鎖だった。公安9課の面々が再び集合する。今度の敵は個人か国か社会か!より大きな舞台で9課の活躍が始まる。
  • 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 西暦2030年、情報ネットワーク化が進む中、犯罪の芽を探し出しこれを除去する攻性の組織が設立された。内務省直属の独立部隊、公安9課。通称「攻殻機動隊」である。彼らの役割は、深刻な電脳犯罪への対処、要人警護、暗殺、政治家の汚職摘発から、凶悪犯罪の捜査にまで、多岐に渡る。“少佐”と呼ばれるサイボーグ・草薙素子を中心に、9課のメンバーはネットの闇に潜む犯罪に敢然と立ち向かっていく!
  • 史上最強の大魔王、村人Aに転生する 神話に名を刻む、史上最強の《魔王》ヴァルヴァトス。 王としての人生をやり尽くした彼は、強さゆえの孤独から平凡な生活に憧れ、数千年後の世界に、村人アード・メテオールとして転生した。 しかし、転生した未来では魔法文明が衰退。 魔法そのものが弱体化していた。 初めての友人であり幼馴染みのイリーナとともに魔法学園へと入学したアードだったが、特別な存在になることをどれだけ拒絶しても、その力が規格外であることを隠せなかった。 畏敬の念を抱く者、言い寄ってくる者があとを絶たず、さらには、かつて世界を恐怖に陥れた《魔族》も暗躍し始め――。 元《魔王》は平穏かつ平凡な人生を手にすることができるのか。 波乱に満ちた学園ヒロイックファンタジー、開幕!
  • ジャヒー様はくじけない! 魔界で、魔王につぐNo.2の地位を誇っていたジャヒー様。 魔族たちからは恐れられ、わがまま言いたい放題、ぜいたくしたい放題、我が世の春を謳歌していた──はずが、 魔法少女の襲撃を受けて、人間界にふっ飛ばされてしまった。 魔力の源である魔石を砕かれ、権力も美貌もどこへやら。 ちんまりかわいい姿に落ちぶれてしまう。 貧乏暮らしを強いられ、風呂なし4畳半住まいで、居酒屋バイトの日々。 同情も家賃の催促もふっ飛ばして、野望は大きく「魔界復興」だ!
  • 迷宮ブラックカンパニー 「働きたくない!」 その想いから努力を重ね、不労所得で「セレブプロニート」になった二ノ宮キンジ。 死ぬまで怠惰に暮らす決意をした矢先……なんの因果か異世界転移! 辿り着いたのは「迷宮が職場」の超ブラック企業だった。 優雅な生活は一変し、かつて「ダンジョン」と呼ばれた鉱山で ひたすら肉体労働させられ血の汗と涙を流す日々。 過酷な現場、長時間労働、低賃金。 さらには上司のパワハラ、洗脳、やりがい搾取。 さんざん見下していた「社畜」ライフを送ることになってしまう。 それでもキンジは諦めない! 最高のニート生活を取り戻すため、 時に手段を選ばず、時に悪知恵を駆使してしぶとく成り上がろうとするのだが……!? これは、唯我独尊な超外道青年による不撓不屈の物語。 「異世界迷宮」×「ブラック企業」の社畜的ファンタジー、開幕!
  • 天使の3P! 過去のトラウマからひきこもり気味の高校生、貫井響は、密かに歌唱ソフトで曲を制作し、動画サイトに投稿するのが趣味だった。 そんな彼に会って話がしたいとメールしてきたのは、小学五年生の少女たち。 子供の頃から姉妹のように一緒に育った三人からお願いされたことは、お世話になった人への感謝のために、彼女たちが過ごした思い出の場所でライブを成功させる事だった・・・。
  • 翠星のガルガンティア 遠い未来、遥か銀河の果て。人類は、異形の 怪生命体ヒディアーズと種の存続を賭けた戦 いを続けていた。 激しい戦いの最中、少年兵レドは乗機である 人型機動兵器チェインバーとともに時空のひ ずみへと呑み込まれる。 人工冬眠から目覚めたレドは、忘れられた辺 境の惑星・地球へと漂着したことを知る。 表面のほぼすべてを海に覆われた地球で、 人々は巨大な船団を組み、旧文明の遺物を海 底からサルベージすることで、つつましくも 生き生きと暮らしていた。 ここはそんな船団の一つ、ガルガンティア。 言葉も通じない、文化も習慣も異なる未知の 環境に戸惑うレド。 やむをえず、少女・エイミーらガルガンティ アの人々との共生を模索し始めるのだが、そ れは戦うこと以外の生き方を知らないレドに とって驚きに満ちた日々の始まりだった。
  • BLOOD+ 沖縄から世界へ、駆け巡るハイパーアクション・バトルロードムービー!!その闘いは、時を超え、場所を変え、歴史の陰で絶え間なく続いていた。 翼手──異形の姿を持ちつつ人に擬態し、決し て人間に気付かれることなく血を喰らう生きもの。翼手を追い、それを殲滅するため闘いを続ける謎の組織、──「赤い盾」。時代の中で、人々の闇を巻き込み、闘いはさらなる大きなものへと成長し続けた。 ─そして2005年、沖縄。 この地に暮らす高校生、音無小夜は暖かい家族と平和な毎日をおくっていた。彼女に足りないものはただひとつ――1年以上前の記憶だけだった。しかし、平凡な暮らしはひとつの事件によってもろくも崩れ始める。倒すべき敵、果たすべき使命が闘いの渦に彼女を引き戻す。漆黒の服を身に纏い、チェロを奏でる青年、ハジ。運命を共にするハジから渡される刀を少女が手にしたとき、ついに歴史が動き始める。小夜は、失われた記憶、自分の存在を取り戻すことはできるのか。