ニコニコチャンネル

  • Vivy -Fluorite Eye’s Song- “ニーアランド”、それは夢と希望と科学が混在したAI複合テーマパーク。 史上初の自律人型AIとして生み出され、施設のAIキャストとして活動するヴィヴィは日々、歌うためにステージに立ち続ける。しかし、その人気は今ひとつだった。 ――「歌でみんなを幸せにすること」。 自らに与えられたその使命を果たすため、いつか心を込めた歌を歌い、園内にあるメインステージに立つことを目標に歌い続けるヴィヴィ。 ある日、そんなヴィヴィの元に、マツモトと名乗るAIが現れる。 マツモトは自らを100年後の未来からきたAIと話し、その使命は「ヴィヴィと共に歴史を修正し、100年後に起こるAIと人間との戦争を止めること」だと明かす。 果たして、異なる使命を持つ2体のAIの出会いは、どんな未来を描き直すのか。 これは<私(ヴィヴィ)>が<私(AI)>を滅ぼす物語―― AIの『歌姫』ヴィヴィの、百年の旅が始まる。 WIT STUDIO×長月達平×梅原英司 エンターテイメントの名手たちが、引き寄せあった絆で紡ぐSFヒューマンドラマ、ここに開演。
  • デート・ア・バレット ナイトメア・オア・クイーン 《第一〇領域》(マルクト)で唐突に始まった殺し合い—— ひとり、またひとりと消えゆく準精霊たち。 生き残った者たちも、最後のひとりとなるまで飽くなき戦闘を繰り返す。 そして動き出した白の女王…… 強者のみが生き残る血の凶宴は、佳境を迎えようとしていた—— 緋衣響という協力者を得て、混沌とした戦場を軽やかに渡り歩く狂三。 そんな狂三の目に映ったのは、隣界に辿り着いた際にも邂逅した一匹の猫。 いるはずのない猫を追い、辿り着いた先にあったものは 知り得るはずもなかった真実…… 果てなき殺し合いバトルロイヤルの末、巡り逢う『最悪』(くるみ)と『最凶』(クイーン)。 時崎狂三の《戦争》(デート)、その先にあるものとは——
  • デート・ア・バレット デッド・オア・バレット 隣界——かつて災厄と呼ぶほどの力を持った精霊たちが存在したとされる世界。 しかし、既に精霊たちは隣界から姿を消しており、そこは《準精霊》と呼ばれる少女たちの戦場となっていた—— 《第一○領域》(マルクト)と呼ばれる隣界の一部。精霊・時崎狂三はそこで目を覚ました…… 何故ここにいるのか、どうやって来たのか……なにより、ここは何なのか。 知識の及ばぬ世界へと迷い込んでしまった狂三の耳朶に響いた声—— 心おきなく余生をお楽しみください 生き残るのはただ一人 どうか存分に殺し合ってください 突如開始される殺し合い(バトルロイヤル)。数多の獲物が交錯し、血飛沫が舞い踊る。 狂三を取り巻く《戦争》(デート)の引鉄は唐突に引かれた——
  • プランダラ 「廃棄戦争」と呼ばれた未曾有の大戦後の世界、アルシア。 そこは、強者が弱者から自らの存在を示す「数字(カウント)」を奪い取る、弱肉強食の世界。 そんな世界で、2人は出逢う。 仮面で素性を隠しながらも、エッチなことが大好きで、弱き者たちのために太刀を振るう青年・リヒトー。 母の遺言を頼りに「伝説の撃墜王」を探して旅をする、健気でひたむきな少女・陽菜。 2人の出逢いをきっかけに、「数字(カウント)」がすべてを支配する世界の謎が、少しずつ明らかになっていく--- 「そらのおとしもの」の水無月すうがおくる、渾身のヒロイックアクションファンタジー開幕!
  • はねバド! 少女たちが飛んで、跳ねて、駆ける―― インターハイを目指す、県立北小町高校バドミントン部の軌跡を描いた、マンガ「はねバド!」(濱田浩輔/講談社『good!アフタヌーン』連載)が待望のアニメ化!! 運動神経抜群だが、なぜかバドミントンを避ける1年生[羽咲綾乃]。 日本一を目指し日夜練習に明け暮れる3年生の[荒垣なぎさ]。 部を支える仲間やコーチ、そして個性溢れるライバルたち。 超高速で舞う羽根(ルビ:シャトル)に想いを乗せて、青春バドミントンストーリー開幕!!
  • AURA -魔竜院光牙最後の闘い- AURAのチャンネルページ AURA〜魔竜院光牙最後の闘い〜 佐藤一郎は「普通」の男子生徒として、高校デビューに成功したはずだった・・・・・・。 ある晩、忘れ物を取りに行った学校で不可思議な女の子“青の魔女”と出会い、 彼の教室での立場は大きく変わってしまう。 魔女の正体は、一郎のクラスメート・佐藤良子だったのだ。 彼女は本物の魔女なのか? それともただのコスプレ女子なのか? さらに良子に触発されて、クラスに潜伏していた <妄想戦士(ドリームソルジャー)>たちも次々と名乗りを上げ、 一郎を巻き込んでいく・・・・・・。