ニコニコチャンネル

  • ぼっち・ざ・ろっく! 「ぼっちちゃん」こと後藤ひとりは、ギターを愛する孤独な少女。 家で一人寂しく弾くだけの毎日だったが、ひょんなことから 伊地知虹夏が率いる「結束バンド」に加入することに。 人前での演奏に不慣れな後藤は、立派なバンドマンになれるのか――
  • うちの師匠はしっぽがない いつか人間を化かしてみたいと夢見て、 大都会・大阪へ飛び出してきた豆狸の女の子・まめだ。 しかし、磨き上げた術はうまくいかず、 挙句の果てには「落語家」と名乗る黒髪の美女に一目で見破られてしまう。 美女の正体は人気落語家・大黒亭文狐。 術ではなく芸で人を化かす文狐の落語に感動したまめだは、弟子入りを志願する―――! 笑う門にはたぬきたる。 大正上方落語ファンタジー、ここに開演!
  • 継母の連れ子が元カノだった ある中学校である男女が恋人となり、 イチャイチャして、些細なことですれ違い、 ときめくことより苛立つことのほうが多くなって…… 卒業を機に別れた。 そして高校入学を目前に二人は―― 伊理戸水斗と綾井結女は、思いがけない形で再会する。 「僕が兄に決まってるだろ」 「私が姉に決まってるでしょ?」 親の再婚相手の連れ子が、別れたばかりの元恋人だった!? 両親に気を遣った元カップルは、 『異性と意識したら負け』という “きょうだいルール”を取り決めるが―― お風呂上がりの遭遇に、二人っきりの登下校…… あの頃の思い出と一つ屋根の下という状況から、 どうしてもお互いを意識してしまい!?
  • 現実主義勇者の王国再建記 たったひとりの身内である祖父を亡くした相馬一也は、 ある日、突然、異世界に勇者として召喚されてしまう。 召喚された先は、まるで中世ヨーロッパのようなエルフリーデン王国であった。 勇者どころか、ごくふつうの青年のソーマだが、 持ち前の合理的精神と現代知識から、次々と新しい政策を打ち出し、 傾きかけていた王国の財政政治体制を立て直していく。 ソーマと共に歩むのは、エルフリーデン王国の王女リーシア、 王国一の武を誇るダークエルフのアイーシャ、 怜悧な頭脳を持つハクヤ、大食いのポンチョ、歌姫のジュナ、 動物と意思疎通できる少女トモエなど、多才で個性的な仲間たち。 現代知識で窮地の王国を再生する 異世界内政 ファンタジー、 『現実主義勇者の王国再建記』。 いよいよ開幕!
  • 86 エイティシックス ギアーデ帝国が開発した 完全自律無人戦闘機械〈レギオン〉の侵攻に対応すべく、 その隣国であるサンマグノリア共和国が開発した無人戦闘機械〈ジャガーノート〉。 だが、無人機とは名ばかりであり、そこには“人”として認められていない者たち―― エイティシックス――が搭乗し、道具のように扱われていたのである。 エイティシックスで編成された部隊〈スピアヘッド〉の隊長である少年・シンは、 ただ死を待つような絶望的な戦場の中で、ある目的のために戦いを続けていた。 そこに新たな指揮管制官〈ハンドラー〉として、 共和国軍人のエリート・レーナが着任する。 彼女はエイティシックスたちの犠牲の元に成り立つ共和国の体制を嫌悪しており、 “人型の豚”として蔑まれていた彼らに人間として接しようとしていた。 死と隣り合わせに最前線に立ち続けるエイティシックスの少年と、 将来を嘱望されるエリートの才女。 決して交わることがなかったはずのふたりが、 激しい戦いの中で未来を見る――。
  • TVアニメ『86-エイティシックス-』サンマグノリア共和国第85.5区 TVアニメ『86ーエイティシックスー』のオフィシャルニコニコチャンネルです。『86ーエイティシックスー』の最新情報や、会員限定ラジオ・生放送など『86ーエイティシックスー』ファン必見のコンテンツが楽しめます!
  • 弱キャラ友崎くん 友崎文也は、日本屈指のゲーマーながら現実ではぼっちな高校生。 “人生はクソゲー”だと言い切る彼が出会ったのは、 学園のパーフェクトヒロイン・日南葵だった。 「この『人生』というゲームに、真剣に向き合いなさい!」 人生ははたしてクソゲーか、神ゲーか? 日南の指導のもと、弱キャラ高校生の人生攻略が幕を開ける!
  • 弱キャラ友崎くん おしゃべり人生攻略 アニメ「弱キャラ友崎くん」の公式ニコニコチャンネルです。
  • 推しが武道館いってくれたら死ぬ 岡山県在住のえりぴよは、マイナー地下アイドル『ChamJam』のメンバー・舞菜に人生を捧げている熱狂的なオタク。 えりぴよが身を包むのは高校時代の赤ジャージ。 えりぴよが振り回すのはサーモンピンクのキンブレ。 えりぴよが推すのは舞菜ただ一人。 収入の全てを推しに貢ぎ、24時間推しのことを想い、声の限りを尽くして推しの名前を叫ぶその姿はオタク仲間の間で伝説と呼ばれ、誰もが一目置く存在となっていた。 『いつか舞菜が武道館のステージに立ってくれたなら...死んでもいい!』 そう断言する伝説の女・えりぴよのドルオタ活動は、アイドルもオタクも巻き込んで今日も続く...!