ニコニコチャンネル

  • ソードアート・オンライン アリシゼーション 「ここは……どこだ……?」 気づけばキリトは、なぜか壮大なファンタジーテイストの仮想世界にフルダイブしていた。 ログイン直後の記憶があやふやなまま、手がかりを求めて辺りを彷徨う。 そして、漆黒の巨木《ギガスシダー》のもとにたどり着いた彼は、一人の少年と出会う。 「僕の名前はユージオ。よろしくキリト君」 少年は仮想世界の住人――《NPC》にもかかわらず、人間と同じ《感情の豊かさ》を持ち合わせていた。 ユージオと親交を深めながら、この世界からのログアウトを模索するキリト。 そんな彼の脳裏に、ある記憶がよみがえる。 それは、幼少期のキリトとユージオが野山を駆け回る想い出――本来、あるはずのない記憶。 更にその想い出には、ユージオともう一人、金髪の髪を持つ少女の姿があった。 名前は、アリス。 絶対に忘れてはいけないはずの、大切な名前――。
  • ダーリン・イン・ザ・フランキス 彼らは夢を見る。 いつの日か大空へはばたく夢を。 ガラスによって遮られたその空が、どれだけ遠いものだと知っていても。 遠い未来。 人類は荒廃した大地に、移動要塞都市“プランテーション”を建設し文明を謳歌していた。 その中に作られたパイロット居住施設“ミストルティン”、通称“鳥かご”。 コドモたちは、そこで暮らしている。 外の世界を知らず。 自由な空を知らず。 教えられた使命は、ただ、戦うことだけだった。 敵は、すべてが謎に包まれた巨大生命体“叫竜”。 まだ見ぬ敵に立ち向かうため、コドモたちは“フランクス”と呼ばれるロボットを駆る。 それに乗ることが、自らの存在を証明するのだと信じて。 かつて神童と呼ばれた少年がいた。 コードナンバーは016。名をヒロ。 けれど今は落ちこぼれ。 必要とされない存在。 フランクスに乗れなければ、居ないのと同じだというのに。 そんなヒロの前に、ある日、ゼロツーと呼ばれる謎の少女が現れる。 彼女の額からは、艶めかしい二本のツノが生えていた。 「――見つけたよ、ボクのダーリン」
  • 宇宙兄弟 幼い日。 宇宙飛行士になると星空に約束を交わした兄弟、六太と日々人。 そして、2025年。 弟・日々人は、夢を追い、宇宙飛行士となっていた。 日本人初となる、月でのミッションクルーに選ばれた日々人は世界中から注目を浴びる。 一方、日本の自動車メーカーに勤める兄・六太は、上司とのケンカで頭突き、見事にクビとなり実家に強制送還…。 そこへ、六太に日々人から一通のメールが届く。 「二人で宇宙へ行く」 心の奥から呼び覚まされた幼い日の約束に突き動かされるように、六太は再び宇宙を目指す。 星の数ほどのライバルと厳しい試験のその先に―待っとけ、宇宙! 宇宙飛行士となった弟、無職の兄。 約束をかなえた弟、約束を思い出す兄。 約束の宙(そら)を目指す、宇宙兄弟の物語が始まる。
  • ソードアート・オンラインII 《SAO》事件から一年が経ったある日、キリトは、総務省《仮想化》の菊岡誠二郎から 奇妙な依頼を受ける。 それは、銃と鋼鉄のVRMMO《ガンゲイル・オンライン(GGO)》で突如発生した 怪現象《死銃(デス・ガン)》事件の捜査であった。 漆黒の銃を持つ謎のアバターに撃たれたプレイヤーは、 実際に現実世界でも《死》に至る……。 その不気味な事件の捜査を断りきれなかったキリトは、 《仮想世界》が《現実世界》へ物理的に影響を及ぼすことに疑いを抱きつつも、 《GGO》へとログインする。 《死銃》の手がかりを掴むべく、不慣れなゲーム内を彷徨うキリト。 そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、長大なライフル《ヘカートⅡ》 を愛用するスナイパーの少女・シノンだった。 彼女の力を借りたキリトは、自らがターゲットとなって《死銃》との接触を試みるべく、 全ガンナーの頂点たる対人トーナメント《バレット・オブ・バレッツ》に挑む……。
  • 青の祓魔師 人間の住む「物質界(アッシャー)」と、悪 魔の住む「虚無界(ゲヘナ)」。本来は干渉 することすらできない二つの次元だが、悪魔 はあらゆる物質に憑依し、物質界に干渉して いた。 しかし人間の中には、そんな悪魔を祓う-祓 魔師(エクソシスト)が存在した。
  • ソードアート・オンライン 2022年。人類はついに完全なる仮想空間を実 現した。 VRMMORPG(仮想大規模オンラインロールプレ イングゲーム)「ソードアート・オ ンライン」のプレイヤーの一人であるキリト。 SAOの世界を満喫していた彼は、ログインし た他の1万人のプレイヤーと共にゲームマス ターから恐るべき託宣を聞かされる。 それは、ゲームをクリアすることだけが、こ の世界から脱出する唯一の方法であること。 そして、このゲーム内でゲームオーバーは、 現実世界での“死”を意味すること。、 それが、このゲームの恐るべき全貌であった。 キリトは、いち早くこのMMOの“真実”を受け 入れ、 パーティーを組まないソロプレイヤーとし て、終わりの見えない死闘に身を投じていく……。