ニコニコチャンネル

  • 社長、バトルの時間です! 世界の中心、ゲートピア…。かつて世界は果てしない荒廃が続くばかりの魔境だった。 そこへ天から女神が舞い降り、天空に巨大な「門」が出現。人々は「門」の中に世界を維持する奇跡のエネルギー、キラクリが存在することに気づく。月日は流れ、ゲートピアは都市として発展。「門」のダンジョンの中で専門的にキラクリを採取するトレジャーハンターが登場。世界を維持する奇跡のエネルギーは、キラクリハンターの手にゆだねられている。 主人公・ミナトはある日突然、幼馴染のユトリアに呼び出される。淡い期待を持って向かったその場所で、ミナトはユトリアに告げられるーー 「わたし、あなたのこと…社長に向いていると思ってたの!」 こうして先代の跡を継ぎ、ミナトの冒険社長ライフが始まったのだった。
  • 群れなせ!シートン学園 ここは様々な動物が共に生活する、動物たちの学園。 その名も「私立シートン学園」 生徒たちが弱肉強食の精神を育むための神聖なる檻。 各々の生存を懸け、絶えず異なる種族間での争いが日々巻き起こる。 動物嫌いの”人間”間様 人(マザマ ジン)と 独りぼっちの”オオカミ少女”大狼ランカ(オオカミ ランカ) 1人と1匹の運命的な出会いによって、ハチャメチャ学園ライフが始まる―! 姿形は違っても、ペロペロすれば群れなせる! 「ペロペロしたら仲間!私の群れへようこそ!!」
  • 青山吉能の可能性に挑戦 声優・青山吉能の新番組『青山吉能の可能性に挑戦!』を月イチ配信中。
  • Wake Up, Girls! 新章 「Wake Up, Girls!」は、宮城県・仙台市で暮らす7人の少女たちが アイドルグループ「Wake Up, Girls!(以下、WUG)」を結成し、互いに切磋琢磨しながら、トップアイドルを目指していく姿が描かれた成長と絆の物語。 仙台の弱小芸能プロダクション「グリーンリーヴス・エンタテインメント」に所属するWUGは、数多の挫折を経験しながらも、国民的アイドルグループ「I-1club」を「アイドルの祭典」で破り、優勝した。一躍トップアイドルに・・・と思ったのもつかの間、 「アイドル経済不況」が叫ばれてきたこのご時世、現実は甘くない。7人は地道なアイドル活動に追われる日々が続いていた。 一方、仙台市の中学に通う速志歩・守島音芽・阿津木いつかの3人は、次第にアイドルに憧れを持つようになり…。
  • 恋愛暴君 ある日突然、男子高校生・藍野青司のもとに 任意の二人を強制的にキスさせるという 不思議アイテム「キスノート」を持った 死神風の少女・グリが現れ、 “24時間以内にキスしないと書いた者(グリ)は死に、 書かれた者(青司)も一生童貞のまま生涯を終える” と告げ・・・。
  • Wake Up,Girls!青春の影/Wake Up,Girls! Beyond The Bottom 七人目のメンバーとして元「I-1club」のセンター・島田真夢を加えた「Wake Up,Girls!」は、時にメンバー同士でぶつかり合いながら絆を深め、 地元仙台での地道な活動を通じて少しずつファンを増やし、ついにはアイドル界の登竜門イベント「アイドルの祭典」に東北代表として出場するまでになった。  リーダーの七瀬佳乃の負傷というアクシデントを乗り越え、大会を終えた彼女たちを待っていたのは、 メジャーレーベル・bvexからのメジャーデビューの誘いだった。「Wake Up,Girls!」のメンバーたちは、 ヒットメーカー・早坂相が手がけた楽曲「7Girls War」を引っさげて上京すると、アイドル文化の中心・東京での新たな挑戦と練習の日々をスタートさせる。 一方、アイドル界の頂点である「I-1club」にも新たな動きが起こっていた。 最新シングルがミリオン(100万枚)割れしたことを重く見たゼネラルマネージャー・白木は、「I-1club」に世代交代という新たな嵐を呼びこむのだった。
  • わぐばん! アニメから生まれた人気声優ユニット「Wake Up, Girls!」の初の地上波冠成長応援バラエティー番組。 素の彼女達の姿やTVでしか見ることができない様々な映像・企画にメンバーが挑戦します!
  • Wake Up, Girls! グリーンリーヴズ・エンタテインメントは、 仙台で活動する弱小芸能プロダクション。 しかし最後の所属タレントに逃げられ、社長 の丹下は次の手としてアイドルユニットの結 成を思い立つ。 丹下の無茶振りにしぶしぶ街に繰り出しスカ ウトを始めたマネージャーの松田は、公園で 一人歌を口ずさむ少女に出会う。 その素晴らしい歌声に思わず声をかけるのだ が、彼女は「アイドル」という言葉に表情を 曇らせ、逃げるように立ち去ってしまう。 松田は知らなかったのだが、その少女こそか つて国民的人気アイドルユニット『I-1ク ラブ』のセンターを務めながらも、 ある事情で脱退した元アイドル、島田真夢で あった。