ニコニコチャンネル

  • グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION “国の組織CIRS(サーズ)”によって新たに作られた、特殊技能訓練校「美浜学園」…様々な理由で行き 場を失くした少女たちに与えられたのは、銃と実弾。 拳銃を使用するレナ、狙撃を得意とするトーカ、爆弾と情報処理のクリス、諜報活動担当の忍者ムラサ キ。彼女たちは、日々、SORD(ソード)のメンバーとして、警察や自衛隊には解決できない事件にあた り、危険な活動を繰り返す。 K県U港――。入国予定だった要人が突如として姿を消した。 SORDのメンバーは失踪事件の捜索を開始するが、消えた“荷物”を捉えようとする度に、もう少しの 所で逃げていく。 姉妹校『京船桜が丘』のSORDメンバーである、双子姉妹との協力、および確執。そして――夜の街を 疾走する謎の女ライダー「ソウルスピード」・マキの噂――。追跡はやがて壮絶な死闘となり、心身とも に引き裂かれてゆく。 …しかしそれは、レナたちの出逢いにまで遡る過去への旅でもあった。
  • 幼女戦記 統一暦1923年6月。金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフは帝国軍士官学校の最終課程、部隊勤務の一環として北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で研修に励んでいた。航空魔導師として輝かしいキャリアを踏み出すための第一歩である研修は何事もなく無事に終わるはずだった。しかし事態は思わぬ方向へ転がっていく。協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入。戦時体制への移行に伴い、観測任務が割り当てられるも、協商連合軍による奇襲が発生し、ターニャは敵の魔導師中隊と単独で交戦しなければならない事態に陥ってしまう。多勢に無勢で味方が到着するまで持ちこたえることなどできるわけもなく、しかし逃げようものなら敵前逃亡で死罪は免れないという絶望的な状況。何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、ターニャはとある作戦に打って出るのだが……。 “其れは、幼女の皮をかぶった化物一。"
  • TVアニメ「Rewrite」 緑化都市、風祭。 文明と緑の共存という理想を掲げたこの都市に住む天王寺瑚太朗は 神戸小鳥、吉野晴彦らの友人たちと平凡な日々を送っていた。 そんな平和な風祭市に、年一回の騒がしい時期が訪れようとしていた。 都市を上げての収穫祭。巨大な文化祭のようなその催しに、 瑚太朗は記事のネタ集めをすることに。 風祭では未確認生物の情報や、 オカルトチックな噂がまことしやかに囁かれていたからだ。 同時期、瑚太朗の身に不可解な出来事が降りかかり始める。 瑚太朗はオカルト研究会の部長、千里朱音に助けを請い、 知り合いの生徒たちをも巻き込んでの調査を開始するのだった。 それは瑚太朗にとって、ちょっとした冒険心のつもりだった。 騒がしく仲間たちと過ごしていけるなら、それで良かった。 瑚太朗はまだ気付かない。 それが誰も知らない『真実』の探求へ繋がっていくことを。 ―――書き換えることが出来るだろうか。 彼女の、その運命を。
  • 紅殻のパンドラ 「全身義体」の少女、七転福音は、親類を頼って人造のリゾートアイランド「セナンクル島」に向かう。 そこで待っていたのは重武装のテロリストや大量破壊兵器が跋扈する、途方もない「新生活」?だった。
  • グリザイアの楽園 グリザイアの楽園のチャンネルページです。
  • グリザイアの迷宮 美浜学園の5人の少女たちの心を救った風見雄二。 しかし、彼自身の心の闇は、いまだに晴れぬまま重く立ち込めていた。 雄二は自らの生い立ちを振り返る。 自らを育み、形作っているものが何なのか。 そして、それらとの邂逅の中で何を得、何を失ったのか──。 忌まわしいくも、かけがえない時間をたどる旅路の果てに、 雄二は自ら心の奥底にしまいこんだ闇の正体と対峙する。