ニコニコチャンネル

  • とある魔術の禁書目録III 東京西部に位置する巨大な『学園都市』。 総人口230万人を数え、その約8割を学生が占めるこの都市では、超能力開発のための特殊なカリキュラムが実施され、学生たちの能力は『無能力(レベル0)』から『超能力(レベル5)』までの六段階で評価されていた。 とある高校生・上条当麻も、学園都市に住む学生のひとり。 彼は自分の右手に宿る力――異能の力なら神の加護すら打ち消す『幻想殺し』のため、落第寸前の『無能力』の評価を受け、不幸まっしぐらの人生を送っていた。 そんな上条の学生生活は、夏休みのはじめに空から降ってきた純白のシスターによって、大きく変わってしまう。 「魔術」の世界から逃げてきたという彼女――『禁書目録』との出会いに始まって、さまざまな事件に巻き込まれていく上条。 学園都市を統べる「科学」サイド、インデックスに連なる「魔術」サイド双方の事件を綱渡りで解決していくうちに、少しずつ人の輪を広げていくことに。そして、ついには魔術サイド、十字教最大宗派のローマ正教が、上条の存在に目を向けることになってしまう……。 魔術サイドに呼応するように、科学サイドたる学園都市も動きだす。しかし、にわかに対立を見せ始めた世界の動きに抗うように、立ち上がる者たちがいた。 上条とかかわったことで、大きく運命を変えた『ヒーロー』たち。 彼らもまた、身を挺して世界と対峙する。上条当麻がそうしてきたように。 科学と魔術が三度交わるとき、物語は大きく動き出す!!
  • 南鎌倉高校女子自転車部 高校入学をきっかけに長崎から鎌倉へ引っ越してきた女の子、舞春ひろみ。 新しい土地に新しい学校、そして新しいともだち。 そんなわくわくな日常との出会いはいつも自転車といっしょ!南鎌倉を舞台に、女子高生たちの自転車のある青春がはじまる――!!
  • ウィッチクラフトワークス “多華宮君は私のお姫様だから―” 平凡なスクールライフを送る男子高校生・多 華宮仄と、文武両道、容姿端麗で、 生徒たちから『姫様』と呼ばれるほど絶大な 人気を誇る学園一のマドンナ・火々里綾火。 クラスメイトながら住む世界が違うふたりで あったが、ある日の放課後、『塔の魔女』の 事件に巻き込まれた多華宮仄の ピンチを、魔女の姿をした火々里綾火に救わ れ急接近する。実は彼女は、 多華宮仄を護ることを唯一の使命とする “魔 女”だったのだ。 平凡な高校生だった多華宮仄の日常は、いっ たいどこへ向かうのか―!?
  • とある科学の超電磁砲S 総人口二三〇万人を数える、東京都西部に広 がる巨大な都市。 その人口の約八割を学生が占めることから、 「学園都市」と呼ばれているその都市では、 世界の法則 を捻じ曲げて超常現象を起こす力――超能力の 開発が行われていた。 特殊な授業(カリキュラム)を受け、能力を 得た学生たちは、定期的な『身体検査(シス テムスキャ ン)』によって、『無能力(レベル0)』か ら『超能力(レベル5)』の6段階に評価さ れている。 その頂点に立ち、最強と謳われるのが、七人 の『超能力者』たちである。 そのひとり、御坂美琴。 電気を自在に操る『電撃使い(エレクトロマ スター)』最上位の能力者にして、『超電磁 砲(レール ガン)』の異名を持つ彼女は、名門お嬢さま 学校・常盤台中学に通う14歳の女子中学生。 後輩で『風紀委員(ジャッジメント)』の白 井黒子。その同僚でお嬢様に憧れる初春飾利 と、都市伝 説好きな彼女の友人、佐天涙子。 そんな仲間たちと、平和で平凡で、ちょっぴ り変わった学園都市的日常生活を送っていた 美琴に、突 然の学園都市の『闇』が迫る――。
  • 灼眼のシャナIII -FINAL- 人ならぬ者たちが、この世の日に陰に跋扈 (ばっこ)している。 古き一人の詩人が与えた彼らの総称を、“紅 世(ぐぜ)の徒(ともがら)”という。 自らを称して“渦巻く伽藍(がらん)”、詩人 名付けて“紅世”──この世の歩いてゆけない隣 ──から渡り来た彼ら“徒”は、人がこの世に存 在するための根源の力、“存在の力”を奪うこ とで自身を顕現させ、在り得ない不思議を起 こす。思いの侭に、力の許す限り、滅びのと きまで。 彼らに“存在の力”を喰われた人間は、いな かったことになる。 これから伸び、繋がり、広がるはずだったも のを欠落させた世界の在り様は、歪んだ。 “徒”の自由自在な跳梁(ちょうりょう)に伴 い、その歪みは加速度的に大きくなっていった。 やがて、強大な力を持つ“徒”たる“紅世の王” らの中に、そんな状況への危惧を抱く者が現 れ始め。大きな歪みがいずれ、この世と“紅 世”双方に大災厄を齎(もたら)すのではな いか、と。 そして、一部の“紅世の王”らは同胞を狩ると いう苦渋の決断を下した。 彼らの尖兵、あるいは武器となったのは、 “徒”への復讐を願い誓った人間──己が全存在 を“王”の器として捧げ、異能の力を得た人間 ──討滅者“フレイムヘイズ”。 その日、日常を浸食した“徒”により全てを失 い、自身がトーチという仮初めの存在である と知らされた少年と、「贄殿遮那のフレイム ヘイズ」と呼ばれる少女が出会った。 これは、“ミステス”坂井悠二と『炎髪灼眼の 討ち手』シャナの物語である。
  • とある科学の超電磁砲<レールガン> 舞台は総人口230万人弱、東京西部の大部分 を占める巨大な都市。 その人口の約8割が学生ということから、 『学園都市』と呼ばれるその都市では、超能 力の開発が行われていた。 特殊な授業(カリキュラム)を受け、能力を得 た学生たちは、定期的な身体検査(システム スキャン)によって『無能力』(レベル0)から 『超能力』(レベル5)までの6段階に評価され ている。 その頂点に立ち、最強と謳われるのが、七人 の「超能力者(レベル5)」である。 そのひとり、御坂美琴。『電撃使い(エレク トロマスター)』 最上位の能力者にして『超電磁砲(レールガ ン)』の異名を持つ彼女は、名門お嬢様学 校・常盤台中学に火曜14歳の女子中学生。 後輩で「風紀委員(ジャッジメント)」の白井 黒子たちと、学園都市的日常生活を送ってい た――。 この物語は、平和で平凡で、ちょっぴり変 わった能力者の少女たちの日常を描くもので ある。