ニコニコチャンネル

  • AD-LIVE 2018/AD-LIVE 10th Anniversary stage とてもスケジュールがあいました 《AD-LIVE 2018》テーマは「究極のアドリブ」 今までのアドリブでは、テーマに添った大まかなストーリーや出来事に合わせ、出演者がキャラやセリフをアドリブによって紡いでいた。 しかし! 今回決まっているのは「世界観」と「最後の行動」のみ。 「ストーリー」自体も、出演者が「アドリブ」で生み出していく! そして、総合プロデューサー・鈴村健一は全公演にストーリーテラー役として出演。 その場その場で、第三者として設定や状況を付け加えて、「ストーリー」に変化を加えていく。 2人の出演者は、その変化にもリアルタイムに対応しながら演じていく。 物語が「最後の行動」まで、どう進行するかは誰にもわからない…… まさに、究極! アドリブ中のアドリブ! さらに「AD-LIVE 10th Anniversary stage~とてもスケジュールがあいました~」の各公演の出演者はなんと……5人! 過去最大でも3人だったAD-LIVEを前代未聞の5人で敢行。 さらにそこへ、ストーリーテラー役の1名を加え物語が描かれる。 史上最大規模のAD-LIVEが巻き起こす奇跡の瞬間をお楽しみに! 10周年を迎え、ますますパワーアップする「AD-LIVE」にご期待下さい!
  • AD-LIVE 2017 ★AD-LIVEとは -予測不能の90分。- 大まかな世界観と、舞台上で起こるいくつかの出来事(ex.電話が鳴る、誰かが来る)が決められているのみで、出演者のキャラクター(役)も、セリフも、全てアドリブで紡がれる90分の舞台劇。 お互いのキャラクターは、舞台上で初めて知ることになります。 -感動と衝撃のドラマ- どう紡がれるのか、何が生まれるのかわからないアドリブ要素と、予め決まっているいくつかの出来事の化学反応により、その日その瞬間に、その場だけの感動と衝撃のドラマが生まれます。 《AD-LIVE 2017》テーマは「ヒミツ」 人は誰しも「秘密」を抱えて生きているもの。生涯誰にも言わずに、最期まで抱える「秘密」。予期せぬことで露見し、一喜一憂する「秘密」。世界には、様々な「秘密」が溢れています。 『AD-LIVE 2017』に集うのは、それぞれの「ヒミツ」を抱えた2人。 2人が知るのは、自分が抱える「秘密」、相手との関係などのわずかな設定。さらにストーリーが進むにつれ、2人には新たな「秘密」が明かされていきます。果たして2人は「秘密」を上手く味方にし、ストーリーを結末まで運ぶことができるのか? 全公演、全て異なる世界観・シナリオで描かれる意欲作『AD-LIVE 2017』! その日、その場、その瞬間に生まれる誰も知らない奇跡の90分間、全てアドリブで紡ぐ舞台劇をお楽しみください!
  • AD-LIVE 2016 -AD-LIVE 2016 テーマは『会いたい人』- あなたにとって、 今、会いたい人は、誰ですか? 家族、友人、恋人、あるいは、憧れの有名人、お世話になった恩師、 幼い頃に引っ越した友達、様々だと思います。 そんな、あなたの"会いたい"を、 BELLSON社が開発した「マインドダイブシステム」が叶えます。 マインドダイブにより、会いたい人の心の中に直接入り、 コミュニケーションを取ることが可能です。 でも、あなたの会いたい人は、とある理由で、自分が誰かを覚えていません。 どうか、あなたのサポートで、会いたい人が自分を思い出し、 あなたと本当の意味で"逢える"ことを祈っています。 AD-LIVE 2016のテーマは 『会いたい人』! 舞台上で繰り広げられるのは、 会いたい人と、会いたい理由がある人の二人が紡ぐ物語。 果たして二人は本当の意味で"逢える"のか。 あるいは、予想外の結末が待っているのか! ? 誰も知らない奇跡の瞬間、90分間、全てアドリブで紡ぐ舞台劇、 是非お楽しみください。
  • AD-LIVE 2015 ★AD-LIVEとは -予測不能の90分。- 大まかな世界観と、舞台上で起こるいくつかの出来事(ex.電話が鳴る、誰かが来る)が決められているのみで、出演者のキャラクター(役)も、セリフも、全てアドリブで紡がれる90分の舞台劇。 お互いのキャラクターは、舞台上で初めて知ることになります。 -感動と衝撃のドラマ- どう紡がれるのか、何が生まれるのかわからないアドリブ要素と、予め決まっているいくつかの出来事の化学反応により、その日その瞬間に、その場だけの感動と衝撃のドラマが生まれます。