ニコニコチャンネル

  • 担任がゆかな先生だったらよかったのに この番組は知識に溢れたゆかな先生が、時に親身に、時に厳しく、様々なことを教えてくれる「学べるバラエティ」番組です。
  • 佐倉薫の 絶対Knee! 勝ち取ります この番組は、女性の膝が大好きな佐倉薫。 そんな彼女がゲストの膝を触るお許しを得るため、 あの手この手を使って『膝を崩す番組』です!
  • 木村良平・岡本信彦の電撃Girl's&Boy'sSmile 「木村良平・岡本信彦の電撃Girl's&Boy'sSmile」は、ラジオ「ガルスマ」をリスナーみんなでコメントしながら視聴できるほか、月額660円(税込)でチャンネル会員になると、完全新規の動画&生放送「木村良平・岡本信彦の電撃Boy'sSmile」が視聴できます!さらに、バックナンバー聴き放題や、いつも番組ラストにちょっとだけお届けしている「ガルスマ編集部」が最後まで聴けるなど、会員限定の特典がもりだくさん!もっと笑顔に、もっと濃密に!さらに乙女を笑顔にする企画をご用意しております。
  • 宮瀬玲奈の今にゃんしよーと? 宮瀬玲奈があなたと大事な”今"を一緒に過ごすニコニコチャンネル。 初めての冠番組、応援よろしくお願いします。
  • 関口理咲の天然色素 何者にも染まらない独自の色を持つ関口理咲。 そんな彼女が「友達になりたい!」「関口色に染めたい!」というゲストと一緒に、 やりたい事をやりたいだけやる『天然関口100%の冠バラエティ番組』です!
  • 紡木吏佐の大人Ladyになりたくて... この番組は「大人なLady」を目指し、様々な企画に挑戦する、普段とは違う紡木吏佐が、おそらく見れるであろう番組。皆様「大人の目線」でご視聴ください。
  • 木島隆一・河西健吾の好奇心研究所 『木島隆一・河西健吾の好奇心研究所』は、広い分野で興味のある事を研究する施設、「好奇心研究所」の所長の木島隆一と、副所長の河西健吾が、自分たちの欲求を満たすため、今気になっている物事を掘り下げていく毎月1回の生放送バラエティ番組です。
  • YOUDEALヒルズ道場 「YOUDEALヒルズ道場」チャンネルは、様々な声優が共同で鍛錬を積むこの世のどこかにあるかもしれない修行部屋チャンネルです。
  • YOUDEALヒルズ荘 「YOUDEALヒルズ荘」チャンネルは、様々な声優が共同で暮らすこの世のどこかにあるかもしれない集合住宅チャンネルです。
  • みなみ・ア・ラ・モード 『みなみ✿ア・ラ・モード』この番組は、田中美海がスイーツを作ったり、お茶を嗜んだり、ゲストを招いてゆったり過ごしたり遊んだりと、田中美海の『好き』を色々詰め込んだ自由な番組です。
  • 相羽あいな 富田麻帆の I Love プロレスリング 相羽あいな 富田麻帆の I Love プロレスリングは、声優界屈指のプロレスファン『相羽あいな』が、同じくプロレスファンのタッグパートナー『富田麻帆』と共に、プロレスの魅力を余すことなく伝授するプロレストークバラエティ番組です!企画制作:株式会社YOUDEAL
  • なないろレシピ(山下七海・厚木那奈美) なないろレシピは、『山下七海』『厚木那奈美』が料理の腕を磨くべく、 ゲストのオーダーに合った料理を振る舞ったり、ゲストと一緒に料理を作ったりと、 キッチンの中で奮闘するお料理バラエティ番組です。
  • まりんかくわちゃんのコタツあそび 高野麻里佳(こうのまりか)と桑原由気(くわはらゆうき)が、ぬくぬくしながらみかんを食べてゲームをする、全部こたつの中で完結しちゃうという毎月2回を予定している番組です。たまにはゲストを呼んで一緒にぬくぬくします。 Supported by 声旬!&Gamer / YOUDEAL Presents
  • GUILTY GEAR Xrd REV 2 -BATTLE MANIA- ここでしか見られない夢のマッチアップ『SUPER EXHIBITION』 初回は招待選手による総当りリーグ戦。最強を決める闘い『YOUDEAL LEAGUE』 バトル裏に隠された秘話や、攻略情報を盛りだくさん発信する『AFTER TALK』 ギルティギアの魅力全てを網羅する番組。それが GUILTY GEAR Xrd REV 2 -BATTLE MANIA- 【協力】© ARC SYSTEM WORKS
  • ハイタニ地球紀行 プロゲーマー『ハイタニ』のチャンネルです。日々の活動や、海外遠征の情報などをお届けします。
  • YOUDEALチャンネル YOUDEALはメーカーとユーザーの距離を縮め、日本のゲームエンタテイメントの発展に貢献します。 近年さまざまなジャンルのゲームが生まれ、マンガ、アニメに続くジャパンカルチャーとして 日本を越えた国々でも愛され、日本との交流も活発になっています。 それでもまだ、日本国内ではサブカルチャーとしてみられる風潮はあり、 文化として認められるには時間が必要だと考えられています。 ですが今こそ、メーカーとユーザーの距離を縮めて、コミュニティの持つ力を大きくし、 エンタテイメントとしてのレベルを上げる時期だと私たちは考えています。 ゲームの持つ可能性・面白さをもっと引き出すための活動をします。