【歌詞】シニヨンの兵隊 / flower
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【歌詞】シニヨンの兵隊 / flower

2018-01-22 22:16

    シニヨンの兵隊

    トリッキーにはサープラス
    見かけるストーリー
    意味深に微笑み 砕けるファーレン
    熱い砂漠を裸足で駆けて
    水分も油分も吸い取られるな

    空にはいつもの甘美な光
    此方の気持ちも分からん能天気
    自分のプライドを押し通すも
    つまらぬ止まらぬプライドなんですわ

    「ねえどうして?貴方 人口的な愛もないの?」

    High? High? High? High?
    Twei? Twei? Twei? Twei?
    Cry? Cry? Cry? Cry?
    盲目的なイデオロギーが

    僕の声を聞かせて
    架空のシナリオしたためたいな
    彼方のあの先に浮かぶ焔
    「弔えばいい」なんて
    救いも見ない型に集まれば
    僕の声を聞かせて
    土偶みたいに冷たくなった
    あの子の髪に結ばれた愛を
    そう 捧げればいいのに

    生まれた街を破壊する大砲
    ただただ手をこまねいて見ていた
    止まらぬ涙が拭えない
    君の手を借りるしかないんだ

    「報復の旗をあげろ」叫んだ
    大人になって人の命を…
    それが母への「償い」だと
    信じてやまないだけだ

    倒れる仲間を救おうとした君に
    「奴は終わり」と引き止めていた
    ああ、そうか あの頃からもう
    元に戻れぬシナリオなんだ

    ああどうして 消えて 錆びたままだ
    声無しで こんなの アスファルトにも似てるや

    天は僕ら見捨て こうやって
    鳴り止まないサイレンだ
    そんなことばかりで 銃声聞いて
    さあ見返してやろう 駆け抜ける僕
    頭を撃ち抜かれてた君の背中も忘れてしまえ

    僕の声を聞かせて
    架空のシナリオしたためたいな
    彼方のあの先に浮かぶ焔
    「弔えばいい」なんて
    救いも見ない型に集まれば
    僕の声を聞かせて
    土偶みたいに冷たくなった
    あの子の髪に結ばれたシニヨン
    そう 捧げればいいのに

    僕の声を聞かせて
    架空の幸せしたためたいな


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。