【歌詞】ピルグリム / flower
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【歌詞】ピルグリム / flower

2018-03-25 19:30
    ピルグリム

    目指したとこ 憧れの想像の中
    クシャクシャな妄想
    端から端まで聴いた 擦り切れるほどに聴いた
    そんなんばっか 背中ばかり追ってるの

    がむしゃら 這い上がろうとした 有象無象から
    積み上がる酎ハイ缶を気にも留めず 全力疾走

    手を伸ばしてた 声を吐き出してた
    変わらない僕らだけの理想など
    剥き出してるよ 本心とか
    認めて欲しいもの 仕方ない 空回っているんだ
    「この次こそ飽きられたら」なんて
    どうしようもないのに

    少しだけね ほんの少しだけの
    上がる賞賛 「すごいよ」
    嬉しくないわけないの 嬉しいはずなのに
    消えないの 堕ちてった記憶とかが

    南北線のリーマンが遅延のベルを聞いた
    歌うことに未来があるのかなんて分かんないや

    手を伸ばしては 越えようともがけない
    変わらない僕らだけの夢想はもう
    振り払ってよ 本心とか
    保証はもうしないもの 仕方ない 抗っているんだ
    そうだ

    ふと取ってた雑誌には キライなあの同級生が
    デカデカと写っていて
    「夢を実現した若き才能に迫る」
    なんてあった

    手を伸ばしてた 声を吐き出してた
    変わらない僕らだけの理想など
    剥き出してるよ 本心とか
    開き直るもの 仕方ない 覚悟は決めた
    「この次こそ認められたら」って
    どうしようもないのに



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。