• このエントリーをはてなブックマークに追加
存在の耐えられない軽さ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

存在の耐えられない軽さ

2015-08-19 18:40
    政治の世界では、最後の(もしくは一番重要な)肩書きがずっとついてまわる。

    総理経験者なら、辞めた後も元は付けずに「総理」と呼ばれる。
    安倍首相が第一次政権を降りたあとも、ずっと「総理」が呼称だった。
    そしたら、ほんとに返り咲いたのでびっくりだったけど。

    官房長官経験者なら「官房長官」と呼ばれる。
    政治でなくとも、野球でも監督業を辞めた後も「監督」と呼ばれる。
    それが、その人を敬う呼び方なのだ。

    でも、この人だけはこの呼称を白紙に戻してほしい。
    鳩山由紀夫氏だ。
    「存在の耐えられない軽さ」という本があったが、この人の発言は耐えられないくらい軽いものだ。

    クリミアを訪問してロシア側に立ち、韓国で土下座をして謝罪をする――。
    現職時代は「トラストミー」「最低でも県外」などの迷言を残し、(悪い意味で)記憶にだけは残る総理だった。

    しかし、どんなに軽い人間でも、元総理ともなれば、その発言はとても重いものになる。
    それなりの自覚を持てないのかね?この人は。

    ま、無理だろうな。もともとその素養はない。
    せめて、日本国籍を剥奪してほしい……。
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    俺にも言わせろ!
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥110 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。