VOCALOID Fesの制作協力しました。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

VOCALOID Fesの制作協力しました。

2020-08-14 18:56
    8/9より開催中の『ニコニコネット超会議2020夏』内のイベント
    VOCALOID Fesの更にその中のVOCALOID LIVEの制作協力をしました。
    (この枠組であってるのかしら…)

    要は、例年超パーティをやっていたのがこのコロナ禍で
    リアルイベントができなくなってしまったので、
    ネット配信版にしてみんなで楽しみましょい!という企画です。

    メイン視点:客席の一番前で見てる感じ。
    カメラマン視点:ボカロのアップ多め。表情もみるならこれ。
    観客席視点:ステージ全体が見える遠景。
    の3箇所好きな場所から鑑賞できます。
    3窓してもいいし、各視点から1回ずつ見てもOKです。

    意外かと思うかもですが、
    私は遠景の観客席視点↓が一番感動しました。


    今回、背景の演出もめっちゃ凝ってるし、
    会場のスモーク感とか、ライブならではのスポットライト演出とか、
    ちゃんと会場のライティングに合わせてボカロ自身にも
    色や背景演出が投影されてるあたりとか!
    炎とか!(しかもCGなので煙が抑えめ!やばい!最高!)
    ラス曲の大サビでスパーーンで銀色の紙吹雪砲発射ドーンとか!!!

    もう、語彙力ぶっとびました。

    ディラッドボード投影のライブでは
    絶対できない演出てんこ盛りで、ボカロの実在感というか、
    そうそう!こういうライブが観たかったんだよ!!って
    そんな夢のような演出にしてくれた演出陣の皆様に感謝です。

    個人的に観てほしいポイントとしては、
    ・鏡音リンレンの会場をホットにするフルパワー!
    ・flowerの尊さ!珍しいMC!
    ・刹那な歌を歌わせたら右に出るものはいない王者ミク!
    ・からの、生命力100万点のウナ&GUMI!
    ・アーアーアー!とのけぞる(頭が重くて起き上がれない?)ウナの背中を支えてGUMIが起こすとこ!仲良しすぎる!
    ・ゆかりさんの色っぽさ!流し目!からのニコッ!
    ・乙女解剖で見せたレンとウナのイケナイ色気!
    ・ウナの頭の本体()はラスト曲だけ覚醒して歌います!

    …あまりに全体が良いライブだったので、
    自分の担当箇所書くのを忘れるところでした。

    私は、
    5曲目「幾望の月」の
    結月ゆかりのモーキャプ修正と表情、
    ラスト「ゴーストルール」の
    結月ゆかりのモーキャプ修正と表情、
    flowerとウナの表情を担当しました。

    特に、ゆかりさんのもみあげとは日々、死闘を繰り広げました。
    ↓こんなのめり込まずにできるかい!!!(本音)



    この画像はMMDでの制作中の時点のやつですが、
    ラストMCでミクが「ボカロフェス第2弾を計画中!」と言って
    あまりの嬉しさに涙が出そうなゆかリさんのシーンです。

    実は、アクターさんは口に手を当ててわぁ!と喜ぶような雰囲気の演技をしていました。
    そんな素直に喜ぶゆかりさんももちろんかわいいのですが、
    でも私の中のゆかりさんだったら、
    ライブが終わろうとしている安堵とさみしさの中で
    次のライブも計画中だと知ったら嬉しくて泣いちゃうだろうなと思ったんです。

    折しも、結月ゆかりオンリーイベントの「この声届け月までも」の
    開催終了が発表された後のタイミングで作業していたということもあって、
    私自身が感じていたゆかりさんへの寂しさもあったかもしれません。
    こんな表情でゆかりさんの気持ちを表現しました。

    カメラ編集時点で、抜いて特に見せたい箇所ありますか?と聞かれて、
    真っ先にこのシーンを選びました。カメラ視点だと見やすいかと思います。

    この40分弱のVOCALOID LIVEの時間、たくさんの人にニコニコしてもらうために
    私以外にもクリエイターや運営がそんなこんなで時間をたくさん割いて努力しました。

    そんなみんなで一生懸命作ったものに、少しでも胸を熱くする時間を過ごして
    楽しんでもらえたなら最高に嬉しいです。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。