• 美少女(萌え)系「競馬」と「麻雀」の【夢】の競演♪

    2018-07-07 08:16

    ■【ゆっくり解説】ウマ娘第9話の元ネタを考察してみた
     (http://www.nicovideo.jp/watch/sm33302234)

     

     ウマ娘の解説動画を見て、少しだけ思ったことを書きます。

     この動画の8分16秒(ぱいろん秒)位から「競馬×美少女」というネタで
     伝説の競馬ゲーム『ウマドンナ』を取り上げています。

     しかし、私はここで『マジうま』を取り上げます。あえてね。


    競走馬育成カードゲーム「マジうま」に「桃色大戦ぱいろん」が登場!
     (http://www.4gamer.net/games/176/G017667/20130925019/)
         

     競走馬の育成もできて可愛い女の子と麻雀もできるなんて最高のゲームでは!?
     
     ちなみにニコニコチャンネルもありますよ!!
      (http://ch.nicovideo.jp/majiuma)
      

      ・・・・


      ・・・


      ・・



     とっくの昔にサービス終了してますけどね・・・



     ちなみに私は「ウマドンナ」は遊んだことありますが、
     「マジうま」は遊んだことないのでゲームの評価はできません(; ̄ー ̄A




     私の夢は美少女と麻雀もできて競馬もできて将棋もできてオセロもできてトランプゲーム
    もできる「NEWぱいろん」です!!
     サービス開始はまだかな~(´・ω・`)
     (七夕のお願い)もうCygamesがぱいろん買い取って復活させて・・。





  • 広告
  • 【桃色大戦ぱいろん】インターネット麻雀 日本選手権

    2017-08-23 08:16

        

    ● タイトル戦概要 ●

    日本プロ麻雀連盟が主催する “インターネット麻雀の日本一” を決めるタイトル戦!
     『 インターネット麻雀 日本選手権2012 』

    インターネット麻雀の強者が一堂に集結!
    日本プロ麻雀連盟のプロも参戦し、日本一の称号をかけた闘いが今、始まります!
    多数のインターネット麻雀サイトで行われる予選を勝ちあがった雀士がトーナメントで闘います。

    ● 特典 ●

    優勝者には以下の特典!

    ・日本プロ麻雀連盟認定 インターネット麻雀日本選手権優勝 トロフィー贈呈
    ・日本プロ麻雀連盟認定 五段免状贈呈
    ・JTB旅行券30万円分
    ・次期麻雀マスターズ本戦シード権、次期王位戦A級本戦シード権を贈呈
    インターネット麻雀とリアル麻雀の二階級制覇を目指せっ!!

    2位には以下の特典
    ・日本プロ麻雀連盟認定 三段免状贈呈
    ・JTB旅行券5万円分
    ・次期王位戦A級本戦シード権を贈呈
    インターネット麻雀の実力をリアル麻雀で発揮っ!!

    3位、4位には以下の特典
    ・日本プロ麻雀連盟認定 二段免状贈呈
    ・JTB旅行券5万円分

    また、各サイト代表選手の方全員に参加賞が贈られます。

    ● 参加サイト (50音順にて掲載) ●

    雀龍門
    TAISEN
    ハンゲーム 麻雀4
    桃色大戦ぱいろん
    ロン2

    ● 参加プロ ●

    《男性プロ》
    灘麻太郎、小島武夫、荒正義、伊藤優孝、森山茂和
    前原雄大、瀬戸熊直樹、沢崎誠、板川和俊、藤崎智
    望月雅継、山井弘、滝沢和典、ダンプ大橋、佐々木寿人
    小田悟志、久保公男、西川淳、吉田直

    《女流プロ》
    二階堂亜樹、二階堂瑠美、和泉由希子、宮内こずえ
    清水香織、蒼井ゆりか、和久津晶、渡辺郁江
    魚谷侑未、中川由佳梨、白河雪菜、中山奈々美


     第1回のインターネット麻雀日本選手権が2012年にありましたが、桃色大戦ぱいろん予選で対戦して頂いた方、運営の方、いろいろと有難うございました。

     5つの麻雀サイト+プロ雀士のトップを決めるのは当時、凄いイベントだと思いました。
     (※2012年はオンライン対戦麻雀天鳳の天鳳位の方は不参加)

     そして、参加サイトは5年で以下のようになりました。
     ・雀龍門 →サービス終了⇒のちに真・雀龍門として再開
     ・TAISEN →サービス終了
     ・ハンゲーム 麻雀4
     ・桃色大戦ぱいろん →サービス終了
     ・ロン2
     



     1か月前の7/23にはインターネット麻雀日本選手権2017決勝が開催されたので視聴してみました。

     ニコ生:http://live.nicovideo.jp/watch/lv301229124
     日本プロ麻雀連盟チャンネル:https://freshlive.tv/jpml/125776

     ひさしぶりに見たら、優勝がJTB旅行券7万円分に減っていました。
     ※30万→7万は危険信号です。

     【決勝メンバー】
      ハンゲユーザー(アマ)vs七瀬真実(プロ)vs佐々木寿人(プロ)vs藤崎智(プロ)

    ●1回戦目、東1局:アマチュアの方が速攻で国士無双をプロから上がる
      

      ネットで役満は珍しくないと思いますが、1回戦目の東1局でアマがプロから国士無双をあがるのは驚きました。


    ●1回戦目、東3局:藤崎プロが小四喜をテンパイするもアマチュアの差し込みに流される
     

     アマチュアの方に東と南を止められ、ラスト1枚の南を積もる前に1000点の平和に差し込みされて役満ならず。

    ●2回戦目、東2局:小四喜を逃した藤崎プロの天和炸裂
     

      シンプルはシンプルでいいんですが、天和が出ても「ぱいろんのようなエフェクトがないのが寂しい」です。

    ●3回戦目:藤崎プロの名言炸裂
     

     チートイのドラ単騎のリーチをするほど僕は弱くないんです。

    《名言解説》
     チートイのドラ単騎でリーチしドラと裏ドラを狙って高得点を狙う状態の時は、すでに自分が負けていて逆転を狙う場合となっている。そんな一発逆転を狙う状況になるのではなく、確実に点数を積み上げて勝つのが強い人の麻雀なんです。




     ・・・・


     そして最終戦、

     ありえないことが起きてしまい対局終了。
    (ネタバレになるので詳細は
     日本プロ麻雀連盟チャンネル:https://freshlive.tv/jpml/125776を見てください)


     



     ・・・・結果↓↓↓↓


     アマチュアの方が優勝しました。

     「運命は勇者に微笑む」

     この言葉を送ります。


  • 【2017年8月8日の三大出来事】桃色大戦ぱいろん→天竜牌の終了について

    2017-08-16 08:16

    『2017年8月8日の三大出来事』
    【1】第99回全国高校野球選手権が台風5号の影響で1日順延されて開幕
    【2】大相撲渋谷青山学院場所の開催
    【3】天竜牌の最終回が公開(打ち切り)

    ・・・この3つの出来事のうち【3】天竜牌の最終回について自分が思う事を記載します。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     私は以前、「天竜牌×オンライン麻雀 Maru-Janの第1回全日本ネット麻雀グランプリ」のことを記載しました(ar1129560)」。
     その記事の中にも記載しましたが、天竜牌を読み始めた理由は2016年8月8日に「桃色大戦ぱいろん」がサービス終了して、何か面白い麻雀サイトはないかとネットで検索したところ、たまたま「天竜牌」という漫画が2016年8月より新連載されることを知ったからです。

     ・・・
     
     そして、天竜牌がやっと盛り上がってきたところでいきなりの打ち切りです。

    ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
     2016年 8月 8日:桃色大戦ぱいろん終了
     2016年 8月24日:天竜牌連載開始
     2016年12月 5日:天竜牌がタイアップの「第1回全日本ネット麻雀グランプリ」開幕
     2017年 8月 8日:天竜牌最終回公開(打ち切り)
    ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・


     ・・・また、「8月8日に終了」ですよ・・・。


     今回、いきなり連載が終わったので少し気になって調べたら、5月30日(火)から水曜連載から火曜連載に変わったことをいまさら知りました。火曜連載に変わったことで8月8日(火)に最終話の公開になりました。私は水曜連載だと思ってたので9日(水)に最終話を読みましたけどね。

     ちなみに9日には「スカッとゴルフ パンヤ」のサービス終了が話題になっていました。

     【Yahooトップニュースにもパンヤ終了が掲載】
        

     パンヤは10数年前に少しやった程度なので思い入れはそこまでないんですが、終了スケジュールだけは確認しました。

    ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
    《パンヤの日のサービス終了スケジュール》
     2004年11月11日 :サービス開始
     2017年 8月 8日 :パンヤの日
         8月 9日 :パンヤのサービス終了を告知
         11月10日 :パンヤのサービス終了
     
    《桃色大戦ぱいろん・生のサービス終了スケジュール》
     2016年 4月29日 :ニコニコ超会議(ぱいろん桃会議)
         7月 7日 :ぱいろんのサービス終了を告知
         8月 8日 :ぱいろんのサービス終了/オフシャルサイト公開
         8月16日 :ぱいろんの日
    ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 

     パンヤは告知から3ヵ月で終了。
     ぱいろんは告知から1か月で終了。
     どっちが主流かは知りませんが、ぱいろんの場合はいきなり終わった感が凄かったです。
      4月29日のぱいろんGM:「2017年の超会議ではもっとすごい事をしたい」
       →2ヵ月経過したら「サービス終了することになりました」


     ぱいろんの終了も急だと思いましたが、天竜牌は次回最終回の告知さえなく伏線も何も回収することなく終了しました。
     ぱいろんが大赤字でサービス終了は分かるのですが、ネット連載してる漫画の赤字ってそんなに大きくないと思うんですが?そこまで人気なかったのかな・・??

     天竜牌のいきなりの打ち切り<突き抜け>は謎すぎです。


      打ち切りの神の試練かな・・・