• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

詩人たちの会、再び。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

詩人たちの会、再び。

2019-12-15 09:36

     

    大学時代ESLの代替で単位になる「詩のクラス」で知り合ったバナード。彼からNYアンダーグラウンドで活躍する「Sの会」を紹介してもらって8年。その会のキュレーターであるスーから「久しぶりにFeatured Poet(スポットライトが当たる詩人)をやらない?」と誘いを受ける。

    845c49416b33680e285f6578bc27f22c74903a7a


    数年前に同じ誘いを受けた時はまさかの大雪で会は中止。当人やスーにとっては再びのリベンジになるが、そんなことはこの会の参加者には一切関係ない。ベロアの暖簾を潜り自己紹介をする僕に、会のメンバーは自分の詩の発表準備に目の色を変えるだけでなんの興味も示さない。正にここは詩の戦場。

    07289a2a80f1f0fec4d5e9344692ba9476f40c4b


    Senriです」


    握手を求めると何人かはまず無視をする。中で一人の女性が握手をしてくれた。ぎゅ。その強く握る握手はバーナードのそれと似ていた。自意識が強い上に不器用で心に余裕のない人独特の強い握力だ。Me Me Me Me. 痛ててて、をなんとか飲み込んで僕はグラスワインをカウンターでオーダーする。バーテンダーはパンクの若い女の子。全身刺青。キュートで可愛い。そしてこの場は28丁目のある隠れ家のようなバーの地下スペース。小さな持ち込みのアンプ。精度の低いマイク。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。