顔<オハヨウゴザイマース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

顔<オハヨウゴザイマース

2015-10-20 02:01

    ※この記述者の記事を初めて見る方はコチラ↓
    http://ch.nicovideo.jp/seteicyu/blomaga/ar108983


    どっかで見かけた人狼動画のタイトルで、「ポケ勢人狼」が一瞬「ボケ勢人狼」に見えました。
    絶対収集付かねぇ。


    今回は、とあるカジノゲームコミュニティにあるEXPについての、
    自分のある行為に関するお話。

    EXP、正式名称EXchange Poker 。
    このゲームは、4人のプレイヤーが規定の役以上でディーラーと勝負をし、
    勝つとポイントが増えていくというルールで、
    最終的に一番ポイントを稼いだ人が勝ちの対戦ゲームです。

    プレイヤーとディーラーに手持ちカードが5枚づつ、共有カードが場に4枚配られます。
    自分の番がきたら、手持ちカードを交換できるのですが、
    交換に使えるのは、場にある共有カード4枚のみ。
    そしてその共有カードは、プレイヤー・ディーラーが共通で使えます。

    なので基本的には・・・
    ○9枚で規定以上の役を作る
    ○次のプレイヤーに役を作らせない
    という事を念頭に、場に残すカード、もしくは自分で取るカードを考えるのです・・・が。

    自分の場合、時としてそれをガン無視する手法をたまーにやっています。


    例えば、フルハウス以上を作りたい時に以下のカードが並んだ場合。
    場のカード:ハート3ハート5・スペード10・クラブ8
    手持ち  :ダイヤAダイヤ5・クラブ3・クラブ9・ハートJ

    この場合、フルハウス以上が作れそうにないので、
    役を作るのを諦め、相手に役を作らせない様に場のカードを入れ替えるのが普通ですが・・・

    自分の場合、場のカードに3と5の2ペアをわざと残す場合があります。
    これにより、次の人が手持ちのカードに3か5があれば、確実に良い役が出来ます。


    この様に、「次の人にとってどう見てもチャンスになる場の残し方」を、
    自分の中では「ギフト」と呼んでいます。
    当然、次の人は上位に上がるチャンス生まれます。
    絶対に役が出来るワケではないのがミソなのですが。

    最初の頃は悪戯心が目立っていたワケですが、
    最近は確実にやるってワケではなく・・・条件を設ける様になりました。

    その条件は複数あるのですが・・・ざっくり言うと、
    1.あきらめんなよ!
    2.「ある手法」のプレイヤーを思いっきり困らせよう
    という考え方が主になっていて、どっちかって言うと全体的な事を気にしてます。
    せっかく8ゲーム出来るのですから、フルでやりたいですね。


    最後に、一番大事なことなのですが・・・

    ニコ生のカジノゲームコミュの対戦ゲームで、
    対戦相手が明らかに得をする行為をやり過ぎると、談合を疑われたり、
    最悪そのコミュのゲームに参加できなくなる可能性がある為、
    戦略等余程の理由がない限り慎みましょう。


    ワタシアヤシクナイヨ、オモシロクシタイダケダヨー(棒
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。