閏年でなければアウトだった
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

閏年でなければアウトだった

2016-02-29 23:38
    ※この記述者の記事を初めて見る方はコチラ↓
    http://ch.nicovideo.jp/seteicyu/blomaga/ar108983


    国会の討論で、民主党の議員が安易にネットと主婦を味方に付けようとしたのを
    見てビックリした。ネット民、そんなに甘くない。


    さて、今回はMÚSECAを触った感想の書く回です。
    ・・・しかし、前評判に聞いていた課金要素が排除されたので、
    大きなやらかしは回避した模様。

    とはいえ、手放しで喜べるものかといえば・・・そうでもない。
    原因は他でもない、このゲームの独自システムなんですよね~

    やっぱり、曲のプレイ自体には特に問題は無かったです。
    大竜巻のストームオブジェクトの意味と価値を問う位で、
    それを除けば問題なく進めます。
    ギフトによってレーンに変化が出るのも、ゲームの難易度の一環みたいだし、
    プレイヤーはGraficaを自由に選べるワケですので、
    そこはやる人の選択次第です。

    ・・・ただ。

    そのGraficaの選択時が

    最大の問題なんですがね。


    せっかく要の要素であるにも関わらず、
    その設定の仕方がゴチャゴチャ・・・より酷い状態なんですよね。

    曲決定後に、Graficaの選択画面に進みます。
    そこで、1~3の枠に、自分で自由に選択できるのですが・・・
    ・まず全体の選択時間が短い。
    ・パラメータ表示がグラフなのでGrafica毎の比較が難しい
    ・要素の1つであるSEGMENT表示が、指摘されないとまず気付かない表示になっている

    とまあ、あまり自由には選択できない様です。
    おまかせ機能があるので、ある程度はそれに頼ればなんとかなりますが、
    やっぱり自分の思うように選びたいとなると・・・すごく厳しいでしょうね。
    Graficaの選択時間は、今後もイラストが増えていく事を考えると、
    枚数かに応じて選択時間が増えていくようにすれば、
    プレイヤーのやりこみの動機づけにもなるので、良い様に思えるのですが・・・
    きっと一律で設定されてしまうでしょうね~
    加えて、Graficaの選択も↓の様にすれば、もっとスッキリできるハズなんですよね。

    ・SDVXのアピールカード選択の様に一律で並べる
    ・パラメータは、最大限数値で表記して、近くにSEGMENT表記を配備
    ・上中は回転で世界フォルダソート
    ・左上は押してる間だけ総合パラメータ表示
    ・左下は回転でセットするFRAMEの変更+選択抜け(F1/F2/F3/戻る)
    ・右下は回転でカーソル移動
    ・右上はフォルダ内のソート選択

    10数枚でも時間が足りなかった以上、ゲームを進めていくプレイヤー達に対して、
    もっと優しい表示にしてもらえれば、ストレスを減らせると思うんですがねぇ・・・
    ま、アップデートはちょくちょくしてる様なので、きっと変わっていくでしょう。

    次は何を書こうかなぁ・・・
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。