ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ValheimPlus(MOD)をLinuxに入れた時の備忘録
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ValheimPlus(MOD)をLinuxに入れた時の備忘録

2021-03-02 03:11
    【参考にした記事は以下】
    https://www.nexusmods.com/valheim/mods/4
    https://rokudenashi-game-review.hatenablog.com/entry/2021/02/17/015009
    https://github.com/valheimPlus/ValheimPlus

    天候による建材の劣化だけは、許容出来なかったので入れました。
    折角つくった拠点の木材部分が、バリバリ劣化して壊れてくw

    有効
    にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    ; 雨から天候によるダメージを 取り除きます
    noWeatherDamage =true


    調べてたら深夜になってしまったので、嵌ったポイントだけ記入・・・
    細かい所は、たぶん・・・後日書きます(*´з`)
    検証はしてないけど、たぶん動いてると思う!


    【その1】
    公式の記載に誤字がある?
    誤記というより、Unixでの記載だから私のCentOS環境では微妙に違うのかな?

    ----------------------------------------------------------------

    【サーバー】Unix

    専用サーバーの作り方については説明しません。
    これは、modのインストール方法のみを説明します。
    1. このリンクからUnixServer.zipという最新のパッケージをダウンロードし ます(下にスクロールして[アセット]をクリックします)
    2. サーバーフォルダを見つけます
    3. すべてのコンテンツをルートサーバーフォルダーに解凍します。
    必ず 'chmod u + xrun_bepinex.sh' 
    ↑これはstart_server_bepinex.shの事かな?
    chmod 777 start_server_bepinex.shとかにすれば取り合えず動いた。


    を実行してください。必ず
    run_bepinex.shを実行して
    ↑./start_server_bepinex.shで実行すれば動いた。
    ----------------------------------------------------------------

    【その2】
    ゲームクライアントから、サーバーが見つからない。
    直接IPとportを入力すると、繋がるがバージョンが違うと言われる。
    パスワードが違うと言われる。

    MODを入れたサーバーはそもそも、クライアント側の一覧に乗らない説・・・
    まー直接入力で回避できたからOK

    バージョン違いの件は、ゲームクライアント側にもValheimPlusを適用でOKでした。

    パスワードが違うと言われる。
    これは、単純にstart_server_bepinex.sh対して、サーバー名も、パスワードも設定し忘れてからでした。元々の起動ファイル「start_server.sh」を開いて記載をコピーしましょう。
    下記の部分です。

    ./valheim_server.x86_64 -name "My server" -port 2456 -world "Dedicated" -password "secret"



    ・コンフィグファイルの場所
    このファイルの中から「BepInEx」→「config」という感じでファイルを開いていく
    --------------------------------------------------------
    [Building]

    ; Change false to true to enable this section
    enabled=true ←まずセクションを有効に

    ; Remove some of the Invalid placement messages, most notably provides the ability to place objects into other objects
    noInvalidPlacementRestriction=false

    ; Removes the weather damage from rain
    noWeatherDamage=true ←天候で建築にダメージが入らないようにする。

    --------------------------------------------------------



    現在サポートされている構成(0.9.2)

    [AdvancedBuildingMode] 
    ; https://docs.unity3d.com/ScriptReference/KeyCode.html<-キーコードのリスト
    
    ; このセクションを有効にするには、falseをtrueに変更します。これをfalseに設定すると、モードにアクセス
    できなくなりますenabled = false
    
    ; 
    ビルド時にこのキーを使用して高度なビルドモードに入りますenterAdvancedBuildingMode = F1
    
    ; 
    exitAdvancedBuildingMode = F3をビルドするときに、このキーを使用して高度なビルドモードを終了します
    
    [AdvancedEditingMode]
    
    ; このセクションを有効にするには、falseをtrueに変更します。これをfalseに設定すると、モードにアクセス
    できなくなりますenabled = false
    
    ; https://docs.unity3d.com/ScriptReference/KeyCode.html<-キーコードのリスト
    
    ; このキーで高度な編集モードに入ります
    enterAdvancedEditingMode = Keypad0
    
    ; オブジェクトを元の位置と回転にリセットします
    resetAdvancedEditingMode = F7
    
    ; このキーで高度な編集モードを終了し、オブジェクトをリセットします
    abortAndExitAdvancedEditingMode = F8
    
    ; オブジェクトの配置を確認して配置します
    confirmPlacementOfAdvancedEditingMode = KeypadEnter
    
    [蜂の巣]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; ミツバチが蜂蜜を生成する速度を秒単位で構成します。1200秒はゲーム内の24時間です
    honeyProductionSpeed = 1200
    
    ; 蜂の巣の蜂蜜の最大量を設定する
    maximumHoneyPerBeehive = 4
    
    [建物]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 無効な配置メッセージの一部を削除します。特に、オブジェクトを他のオブジェクトに配置する機能を提供します
    noInvalidPlacementRestriction = false
    
    ; 雨から天候によるダメージを
    取り除きますnoWeatherDamage = false
    
    ; 
    maximumPlacementDistance = 5でビルドオブジェクトを配置できる最大範囲
    
    [カメラ]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; キャラクター
    カメラまでの最大ズーム距離MaximumZoomDistance = 6
    
    ; ボートの
    カメラにいるときのキャラクターまでの最大ズーム距離BoatMaximumZoomDistance = 6
    
    ; ゲームカメラ
    FOVcameraFOV = 65
    
    [経験]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; これらの値のそれぞれは、+ /-%によって得られる経験の増加を表し
    ます。値50は、名前でそれぞれのスキルに対して得られる経験値を50%増加させます。
    ; 値-50は、名前でそれぞれのスキルに対して-50%の経験値を獲得します。
    = 0
    ナイフ= 0
    クラブ= 0
    ポールアーム= 0
    = 0
    ブロッキング= 0
    = 0
    =
     0fireMagic = 0
     frostMagic = 0
    非武装= 0
    つるはし=
     0woodCutting = 0
    ジャンプ= 0
    スニーク= 0
    実行= 0
    水泳= 0
    
    【発酵槽】
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 発酵槽は、その製品を製造するのにかかる時間を設定し、2400秒は48ゲーム内の時間です
    fermenterDuration = 2400
    
    ; 発酵
    から生産されたアイテムの合計量を構成しますfermenterItemsProduced = 6
    
    [暖炉]
    
    ; 有効に変更した場合、すべての暖炉を補充する必要はありません。
    enabled = false
    
    ; このオプションを有効にすると、配置されたトーチだけを補充する必要はありません。
    onlyTorches = false
    
    [食物]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 食べ物が続く時間を%増加または減少させます。値50を指定すると、食料が50%遅くなります。
    ; -値を使用して食事の期間を短縮できます。
    foodDurationMultiplier = 0
    
    【かまど】
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 炉内の鉱石の最大量
    maximumOre = 10
    
    ; 炉内の石炭の最大量
    maximumCoal = 20
    
    ; 単一の製錬インゴットを製造するために使用される石炭の総量。
    CoalUsedPerProduct = 2
    
    ; 炉が単一のインゴットを生成するのにかかる時間(秒単位)。
    productionSpeed = 30
    
    [ゲーム]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; ゲームは、難易度ScaleRange(m)半径で近くにいる一人当たりのダメージ乗数を増やします。
    gameDifficultyDamageScale = 0.4
    
    ; 近くの難易度ScaleRange(m)半径の1人あたりのゲームヘルス乗数。
    gameDifficultyHealthScale = 0.4
    
    ; 実際の量とは関係のないマルチプレイヤーの難易度計算にプレイヤーを追加します
    extraPlayerCountNearby = 0
    
    ; 近くのプレーヤー数を常にこの値に設定します+ extraPlayerCountNearby 
    setFixedPlayerCountTo = 0
    
    ; 他のプレイヤーが難易度スケールの
    難易度で近くのプレイヤーにカウントされるメートル単位の範囲dabilityScaleRange = 200
    
    [ホットキー] 
    ; https://docs.unity3d.com/ScriptReference/KeyCode.html<-キーコードのリスト
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; キーが押された
    ときに前方にロールしますrollForwards = F9
    
    ; キーが押された
    ときに後方にロールしますrollBackwards = F10
    
    【アイテム】
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 鉱石やその他の通常制限されているオブジェクトとテレポートできるようにします
    noTeleportPrevention = false
    
    ; アイテムの重量を%パーセント増減します。値-50は、すべてのオブジェクトのアイテムの重量を50%削減します。
    baseItemWeightReduction = 0
    
    ; すべてのアイテムスタックのサイズを%増やします。値50は、100の通常のアイテムスタックを150に
    設定します。itemStackMultiplier = 0
    
    [ハッド]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; ビルドモードおよびクラフト中のアイテムの必要量とインベントリ内のアイテムの量を表示します。
    showRequiredItems = false
    
    ; 左上隅で獲得したすべてのスキル経験に関する小さな通知を表示します。
    ExperienceGainedNotifications = false
    
    [窯]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 窯内の木材の最大量
    maximumWood = 20
    
    ; 窯が1つの石炭を数秒で生産するのにかかる時間。
    productionSpeed = 30
    
    [地図]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; これを有効にすると、サーバー上の他のプレイヤーと同じ探索の進行を受け取ります
    shareMapProgression = false
    
    ; 
    exploreRadius = 100を移動するときに探索するマップの半径
    
    ; サーバー上のあなたや他の人がマップ共有オプションをオフにできないようにします
    preventPlayerFromTurningOffPublicPosition = false
    
    [プレーヤー]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; キャラクターのキャリーウェイトの基本量
    baseMaximumWeight = 300
    
    ; メギンギョルズのガードル
    ベースから受け取るバフをキャリーウェイトまで増やしますMegingjordBuff = 150
    
    ; すべてのアイテムの自動ピックアップ範囲を拡大します
    baseAutoPickUpRange = 2
    
    ; すべてのタイプの手ぶれを無効にする
    disableCameraShake = false
    
    ; 基本の非武装ダメージにスキルレベルを掛けたもの
    baseUnarmedDamage = 10
    
    [サーバ]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = true
    
    ; サーバー上のプレーヤーの数を変更します
    maxPlayers = 10
    
    ; サーバーパスワードの要件を削除します
    disableServerPassword = false
    
    ; この設定により、バージョン管理チェックが追加され、ゲームに参加しようとするユーザーまたは参加しようとするサーバーにV +がインストールされていることを確認します
    enforceMod = true
    
    ; サーバーが接続するクライアントに構成を強制するかどうかを変更します。サーバーにのみ影響します。
    serverSyncsConfig = true
    
    ; サーバーとクライアントが1秒あたりに送信できるデータの合計量(キロバイト)
    dataRate = 60
    
    
    [スタミナ] 
    ; これらの値はそれぞれ、-値を考慮に入れています。-50%はスタミナコストを50増加させ、50はスタミナコストを50%減少させ
    ます。このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; ドッジロールを使用するスタミナコストの量を%
    dodgeStaminaUsage = 0で変更します
    
    ; 太りすぎのスタミナドレインを%
    encumberedStaminaDrain = 0に変更します
    
    ; ジャンプのスタミナコストを%
    jumpStaminaDrain = 0で変更します
    
    ; 実行のスタミナコストを%
    runStaminaDrain = 0で変更します
    
    ; 
    sneakStaminaDrain = 0でこっそりとスタミナドレインを変更します
    
    ; 1秒あたりに回収されるスタミナの総量を%
    staminaRegen = 0で変更します
    
    ; スタミナ再生が開始するまでの遅延を%
    staminaRegenDelay = 0で変更します
    
    ; 水泳のスタミナドレインを%
    swimStaminaDrain = 0で変更します
    
    
    [StaminaUsage] 
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
     ; これらの値のそれぞれは、スタミナドレインを%減少させます。
    ; 値50は、スタミナコストを50%削減します。
    ; 値-50は、スタミナコストが50%多くなります。
    = 0
    = 0
    クラブ= 0
    ナイフ= 0
    つるはし= 0
    ポールアーム= 0
    = 0
    = 0
    非武装= 0
    ハンマー= 0
    = 0
    
    [StructuralIntegrity]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 構造的完全性システム全体を無効にし、自由空気への配置を可能にし、建物の損傷を防ぎません。
    disableStructuralIntegrity = false
    
    ; これらの各値は、構造的完全性の損失を%少なく減らします。値100は、構造的完全性を無効にし、自由空気への配置を可能にします。
    木材= 0
    = 0
    = 0
    広葉樹= 0
    
    [時間]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 1つの完全な昼と夜の円が
    totalDayTimeInSeconds = 1800を完了するのにかかる合計時間
    
    ; 夜の時間が経過する速度を%増やします。値50を指定すると、夜間の時間が50%短縮されます。
    nightTimeSpeedMultiplier = 0
     ; 注:これは現時点で意図したとおりに機能していません
    
    [区]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; メートル
    単位の病棟の範囲wardRange = 20
    
    [ワークベンチ] 
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; ワークベンチの半径をメートル単位で設定します
    workbenchRange = 20
    
    ; ワークベンチを使用するための屋根と露出の要件を無効にします
    disableRoofCheck = false
    
    [ワゴン]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; バゴンオブジェクトの
    ベースバゴンの物理質量を変更しますwagonBaseMass = 20
    
    ; この値は、Vagonsのゲームの物理的重量を内部のアイテムの重量から+/-増減します。値50は、重みを50%増やします。値-100は、余分な重み全体を削除します。
    wagonExtraMassFromItems = 0

    -----------------------------------------
    現在サポートされている構成(0.9.2)

    [AdvancedBuildingMode] 
    ; https://docs.unity3d.com/ScriptReference/KeyCode.html<-キーコードのリスト
    
    ; このセクションを有効にするには、falseをtrueに変更します。これをfalseに設定すると、モードにアクセス
    できなくなりますenabled = false
    
    ; 
    ビルド時にこのキーを使用して高度なビルドモードに入りますenterAdvancedBuildingMode = F1
    
    ; 
    exitAdvancedBuildingMode = F3をビルドするときに、このキーを使用して高度なビルドモードを終了します
    
    [AdvancedEditingMode]
    
    ; このセクションを有効にするには、falseをtrueに変更します。これをfalseに設定すると、モードにアクセス
    できなくなりますenabled = false
    
    ; https://docs.unity3d.com/ScriptReference/KeyCode.html<-キーコードのリスト
    
    ; このキーで高度な編集モードに入ります
    enterAdvancedEditingMode = Keypad0
    
    ; オブジェクトを元の位置と回転にリセットします
    resetAdvancedEditingMode = F7
    
    ; このキーで高度な編集モードを終了し、オブジェクトをリセットします
    abortAndExitAdvancedEditingMode = F8
    
    ; オブジェクトの配置を確認して配置します
    confirmPlacementOfAdvancedEditingMode = KeypadEnter
    
    [蜂の巣]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; ミツバチが蜂蜜を生成する速度を秒単位で構成します。1200秒はゲーム内の24時間です
    honeyProductionSpeed = 1200
    
    ; 蜂の巣の蜂蜜の最大量を設定する
    maximumHoneyPerBeehive = 4
    
    [建物]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 無効な配置メッセージの一部を削除します。特に、オブジェクトを他のオブジェクトに配置する機能を提供します
    noInvalidPlacementRestriction = false
    
    ; 雨から天候によるダメージを
    取り除きますnoWeatherDamage = false
    
    ; 
    maximumPlacementDistance = 5でビルドオブジェクトを配置できる最大範囲
    
    [カメラ]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; キャラクター
    カメラまでの最大ズーム距離MaximumZoomDistance = 6
    
    ; ボートの
    カメラにいるときのキャラクターまでの最大ズーム距離BoatMaximumZoomDistance = 6
    
    ; ゲームカメラ
    FOVcameraFOV = 65
    
    [経験]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; これらの値のそれぞれは、+ /-%によって得られる経験の増加を表し
    ます。値50は、名前でそれぞれのスキルに対して得られる経験値を50%増加させます。
    ; 値-50は、名前でそれぞれのスキルに対して-50%の経験値を獲得します。
    = 0
    ナイフ= 0
    クラブ= 0
    ポールアーム= 0
    = 0
    ブロッキング= 0
    = 0
    =
     0fireMagic = 0
     frostMagic = 0
    非武装= 0
    つるはし=
     0woodCutting = 0
    ジャンプ= 0
    スニーク= 0
    実行= 0
    水泳= 0
    
    【発酵槽】
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 発酵槽は、その製品を製造するのにかかる時間を設定し、2400秒は48ゲーム内の時間です
    fermenterDuration = 2400
    
    ; 発酵
    から生産されたアイテムの合計量を構成しますfermenterItemsProduced = 6
    
    [暖炉]
    
    ; 有効に変更した場合、すべての暖炉を補充する必要はありません。
    enabled = false
    
    ; このオプションを有効にすると、配置されたトーチだけを補充する必要はありません。
    onlyTorches = false
    
    [食物]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 食べ物が続く時間を%増加または減少させます。値50を指定すると、食料が50%遅くなります。
    ; -値を使用して食事の期間を短縮できます。
    foodDurationMultiplier = 0
    
    【かまど】
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 炉内の鉱石の最大量
    maximumOre = 10
    
    ; 炉内の石炭の最大量
    maximumCoal = 20
    
    ; 単一の製錬インゴットを製造するために使用される石炭の総量。
    CoalUsedPerProduct = 2
    
    ; 炉が単一のインゴットを生成するのにかかる時間(秒単位)。
    productionSpeed = 30
    
    [ゲーム]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; ゲームは、難易度ScaleRange(m)半径で近くにいる一人当たりのダメージ乗数を増やします。
    gameDifficultyDamageScale = 0.4
    
    ; 近くの難易度ScaleRange(m)半径の1人あたりのゲームヘルス乗数。
    gameDifficultyHealthScale = 0.4
    
    ; 実際の量とは関係のないマルチプレイヤーの難易度計算にプレイヤーを追加します
    extraPlayerCountNearby = 0
    
    ; 近くのプレーヤー数を常にこの値に設定します+ extraPlayerCountNearby 
    setFixedPlayerCountTo = 0
    
    ; 他のプレイヤーが難易度スケールの
    難易度で近くのプレイヤーにカウントされるメートル単位の範囲dabilityScaleRange = 200
    
    [ホットキー] 
    ; https://docs.unity3d.com/ScriptReference/KeyCode.html<-キーコードのリスト
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; キーが押された
    ときに前方にロールしますrollForwards = F9
    
    ; キーが押された
    ときに後方にロールしますrollBackwards = F10
    
    【アイテム】
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 鉱石やその他の通常制限されているオブジェクトとテレポートできるようにします
    noTeleportPrevention = false
    
    ; アイテムの重量を%パーセント増減します。値-50は、すべてのオブジェクトのアイテムの重量を50%削減します。
    baseItemWeightReduction = 0
    
    ; すべてのアイテムスタックのサイズを%増やします。値50は、100の通常のアイテムスタックを150に
    設定します。itemStackMultiplier = 0
    
    [ハッド]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; ビルドモードおよびクラフト中のアイテムの必要量とインベントリ内のアイテムの量を表示します。
    showRequiredItems = false
    
    ; 左上隅で獲得したすべてのスキル経験に関する小さな通知を表示します。
    ExperienceGainedNotifications = false
    
    [窯]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 窯内の木材の最大量
    maximumWood = 20
    
    ; 窯が1つの石炭を数秒で生産するのにかかる時間。
    productionSpeed = 30
    
    [地図]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; これを有効にすると、サーバー上の他のプレイヤーと同じ探索の進行を受け取ります
    shareMapProgression = false
    
    ; 
    exploreRadius = 100を移動するときに探索するマップの半径
    
    ; サーバー上のあなたや他の人がマップ共有オプションをオフにできないようにします
    preventPlayerFromTurningOffPublicPosition = false
    
    [プレーヤー]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; キャラクターのキャリーウェイトの基本量
    baseMaximumWeight = 300
    
    ; メギンギョルズのガードル
    ベースから受け取るバフをキャリーウェイトまで増やしますMegingjordBuff = 150
    
    ; すべてのアイテムの自動ピックアップ範囲を拡大します
    baseAutoPickUpRange = 2
    
    ; すべてのタイプの手ぶれを無効にする
    disableCameraShake = false
    
    ; 基本の非武装ダメージにスキルレベルを掛けたもの
    baseUnarmedDamage = 10
    
    [サーバ]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = true
    
    ; サーバー上のプレーヤーの数を変更します
    maxPlayers = 10
    
    ; サーバーパスワードの要件を削除します
    disableServerPassword = false
    
    ; この設定により、バージョン管理チェックが追加され、ゲームに参加しようとするユーザーまたは参加しようとするサーバーにV +がインストールされていることを確認します
    enforceMod = true
    
    ; サーバーが接続するクライアントに構成を強制するかどうかを変更します。サーバーにのみ影響します。
    serverSyncsConfig = true
    
    ; サーバーとクライアントが1秒あたりに送信できるデータの合計量(キロバイト)
    dataRate = 60
    
    
    [スタミナ] 
    ; これらの値はそれぞれ、-値を考慮に入れています。-50%はスタミナコストを50増加させ、50はスタミナコストを50%減少させ
    ます。このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; ドッジロールを使用するスタミナコストの量を%
    dodgeStaminaUsage = 0で変更します
    
    ; 太りすぎのスタミナドレインを%
    encumberedStaminaDrain = 0に変更します
    
    ; ジャンプのスタミナコストを%
    jumpStaminaDrain = 0で変更します
    
    ; 実行のスタミナコストを%
    runStaminaDrain = 0で変更します
    
    ; 
    sneakStaminaDrain = 0でこっそりとスタミナドレインを変更します
    
    ; 1秒あたりに回収されるスタミナの総量を%
    staminaRegen = 0で変更します
    
    ; スタミナ再生が開始するまでの遅延を%
    staminaRegenDelay = 0で変更します
    
    ; 水泳のスタミナドレインを%
    swimStaminaDrain = 0で変更します
    
    
    [StaminaUsage] 
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
     ; これらの値のそれぞれは、スタミナドレインを%減少させます。
    ; 値50は、スタミナコストを50%削減します。
    ; 値-50は、スタミナコストが50%多くなります。
    = 0
    = 0
    クラブ= 0
    ナイフ= 0
    つるはし= 0
    ポールアーム= 0
    = 0
    = 0
    非武装= 0
    ハンマー= 0
    = 0
    
    [StructuralIntegrity]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 構造的完全性システム全体を無効にし、自由空気への配置を可能にし、建物の損傷を防ぎません。
    disableStructuralIntegrity = false
    
    ; これらの各値は、構造的完全性の損失を%少なく減らします。値100は、構造的完全性を無効にし、自由空気への配置を可能にします。
    木材= 0
    = 0
    = 0
    広葉樹= 0
    
    [時間]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; 1つの完全な昼と夜の円が
    totalDayTimeInSeconds = 1800を完了するのにかかる合計時間
    
    ; 夜の時間が経過する速度を%増やします。値50を指定すると、夜間の時間が50%短縮されます。
    nightTimeSpeedMultiplier = 0
     ; 注:これは現時点で意図したとおりに機能していません
    
    [区]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; メートル
    単位の病棟の範囲wardRange = 20
    
    [ワークベンチ] 
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; ワークベンチの半径をメートル単位で設定します
    workbenchRange = 20
    
    ; ワークベンチを使用するための屋根と露出の要件を無効にします
    disableRoofCheck = false
    
    [ワゴン]
    
    ; このセクションを
    有効にするには、falseをtrueに変更しますenabled = false
    
    ; バゴンオブジェクトの
    ベースバゴンの物理質量を変更しますwagonBaseMass = 20
    
    ; この値は、Vagonsのゲームの物理的重量を内部のアイテムの重量から+/-増減します。値50は、重みを50%増やします。値-100は、余分な重み全体を削除します。
    wagonExtraMassFromItems = 0









    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。