堰代ミコ ソロイベント「夜色の目 for Mico -Responsive-」を体験してきた記録
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

堰代ミコ ソロイベント「夜色の目 for Mico -Responsive-」を体験してきた記録

2019-12-21 22:33

    プラネタリウム入り口
    この度、ミコちゃんのソロイベント「夜色の目 for Mico -Responsive-」を見てきたのでその記録としての記事です。
    文字にするのに時間がかかってしまってなんとハニフェスタも間近という時になってようやく形になりました。

    私が見たのはアーカイブに残っている二回目です。
    一回目の公演が予定より少し遅れていたせいか、入場もそれに合わせて少しだけ遅くなりました。

    イベントはいつも通りの挨拶「こんばんミコミコ~」から始まりました。この挨拶から始まるのが本当に好きです。
    始まりの挨拶が終わり、そして星空の中に椅子が現れ、朗読が始まりました。お話はミコちゃんオリジナルの「夜色の目」という、今回のイベントの表題にもなった去年の9月ごろにミコちゃんが作った映画の架空の予告動画を発想の原点にした作品です。名前は同じですが元の動画の内容をそのまま肉付けしたものではなく、設定や話は別物です。
    朗読は信頼と実績のミコちゃんの朗読でした。話に合わせた感情の込め方がいつも通り素晴らしく、一つ一つの場面の情景がありありと浮かんできます。普段は妨害電波で見られない体を動かしての表現も相まってとてもよいものでした。この辺りはアーカイブでもある程度は伝わると思うのでアーカイブを見てほしいです。みて。
    朗読中のミコちゃん
    ちなみに会場で配られた来場者特典はこの夜色の目の本でした。教科書のような大きさの字が書かれていてそれっぽさがある作りになっています。

    その後、朗読のお話の内容もあって若干しんみりした空気だったのですが、空気を換えるためかミコちゃんを導いてミコちゃんのいる空間に現れた星を叩いて壊すというちょっとしたお遊びが行われました。
    文字で書くとただシュールな遊びにしか見えませんが、大声を出してミコちゃんに指示を出しているうちに声を出すのに抵抗がなくなりその後も声を出しやすくなって大変ありがたかったです。このようなお遊びはライブの前にあると暖まって良いですね。

    その後、ライブが始まりました。
    一曲目の曲目は「星降るメモリー ピアノアレンジ」でした。
    歌唱ライブ:星降るメモリー
    (全体的に緑色っぽいのはペンライトの光の影響です)
    それまでの企画では小さいプロジェクターで映し出されたような範囲の中でだけ動いていたミコちゃんがプラネタリウム全体に現れた円形のステージを動き回り、近寄って覗き込まれたり跨がれたりされて会場は大興奮でした。この演出ではミコちゃんが大きく表示されていたので、もしかしたら巨女趣味に目覚めた人がいたかもしれませんね。

    二曲目の曲目は「ミドリなリンゴ」。言わずと知れたミコちゃんの初めてのオリジナルソロ曲です。曲調に合ったダークで不思議な曲に合わせた演出でその世界観に違和感なく入り込めるものでした。プラネタリウム全周を使った様々な演出を組み合わせた表現は見事で何度でも見たくなるもので、今回限りなのが実に残念でした。
    歌唱ライブ:ミドリなリンゴ

    その後は締めの挨拶、そしていつも通り「おつハニー」で終わりました。いつもと違うのは直接声を出して伝えることができたことですね。

    ライブ部分も座席が広くて動きにくいことも意識した構成だったり、朗読もプラネタリウムという環境によく合っていたり等々プラネタリウムで上映するということをよく考えて作られた素晴らしいイベントでした。
    そして何よりこの特殊な環境で物怖じせずに見事にイベントを完遂し一つの作品として作り上げ感動と忘れられない記憶を与えてくれた我らの主、堰代ミコには感謝と敬意を示したいです。本当にありがとう……。
    もちろんこの環境を、イベントを作り上げたななし達スタッフにも感謝してもしきれません。いつもありがとう。難しい環境や無線での伝送等の新しい課題がある中、こなしていくプロの人たちは本当にすごいですね。

    そういえば、こういうプラネタリウムの映像をVR機器で再現できる方法はないかと思ったので少しだけ調べたのですが、今回のプラネタリウムで上映できるドームマスター形式からVR機器向けの360°動画の円柱形式の動画にしたりする必要があったり、リアルタイム投影のプロジェクター部分を合成したりと色々と大変そうでした。うーん、気軽に見ることができたらなあ……。

    2020-03-05 23:00追記:
    なんと360度映像が公開されました……!
    本当にうれしいです……。
    PCのVRやPCのマウスでつかんで回したりスマホを色んな方向に向けながら再生することもできるので是非見てほしいです。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。