メタセコV3 での AO(陰影)出力時のGimp向け補助スクリプト
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

メタセコV3 での AO(陰影)出力時のGimp向け補助スクリプト

2014-09-06 23:42
    えぬやPの簡単メタセコ講座第1弾
    http://togetter.com/li/715554

    上の togetter のまとめで Metaseqoia での AO 焼きこみの手段として Pit&Peaks が紹介されていたのでそれの補助として使えそうな Gimp 用スクリプトを置いておきます

    前置き:

    Pit&Peaks は同作者さんのプラグインの UV Powertools で頂点カラーとして焼きこんだ AO 情報が書き出せますが、UVの際の部分より外側は出力されないため下のででさんのツイートのように場合によっては出力されなかった部分が目立ってしまうことがあります


    このスクリプトでは出力された頂点カラーの端の部分を少し広げて、切れ目が目立ちにくくします
    具体的には AO のレイヤーをコピーして元のレイヤーの下に移動して右に移動、さらに下にコピーして左に移動し、それらを合成してコピーして上下に移動します

    使い方:

    モデルを用意し、UV展開した後 Pit&Peaks で頂点カラーに AO を焼きこみます




    下のような AO の画像を PNG 形式で出力します




    Gimpに読み込み、AO のレイヤーを選択し、メニュー > レイヤー > FatLayer > FatLayer を実行します





    設定画面が出ます
    この回数分だけ外にレイヤーの不透明部分を広げます
    画像サイズやUVの群のすきまにあった適当な数値を入力して実行してください




    実行すると下のようになります




    不透明部分が広がりました
    これで UV の際はそれなりに目立たなくなるはずです


    Download:

    https://bowlroll.net/file/50887

    以上です
    mqo に対する AO のベイクに関しては試したことがあるので、それも記事にしたいなと思っています
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。