Jungle講座Part① Jungleの役割とMapコントロールとは
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Jungle講座Part① Jungleの役割とMapコントロールとは

2015-11-04 15:00





    ドーモ、みなさん。


    【注意】
    今回はJg講座やってくれとリクエストを頂いたのでJungleについて書いていきますが
    Jungleというのは奥が深く1から説明すると多くを語る必要が出てきました
    なので今回Partを分けていく形にしていただきます
    長くなりそうですがお付き合いください。






    Part① Jungleの役割とMapコントロールとは


    ①ではそもそもJungleがどういった役割を持っているのかを説明しようと思います。
    ですがこれはあくまでも個人的な意見です、違った意見も多数存在しますので
    一意見として捉えていただきたい。





    Jungleの前提として
    Jungleというのはレーンの間にある中立クリープ狩っていき
    3つのレーンにGank(奇襲)という形でKillまたは有利を勝ち取っていく。


    おそらくこれは誰しもが持っている考えだと思います。


    しかし、これをやる上で様々な情報が必要となります。
    それらの情報を集めて処理することがいわゆる【Mapコントロール】となります
    Mapコントロールとは簡単に言ってしまえば「相手と視界の差をつける」ことです。

    この視界の差をつけるかできないかでJungleとしての差が生まれていきます。

    言ってしまえばMapコントロールができるようになると
    相手のJungleがMapに写り何がしたいのか何をするかがある程度予測立てられるようになる

    強調したい部分は【視界を確保するんじゃなくて差をつける】ということです。


    視界を確保してて相手のJungleが見えても自分も見えてたら意味ないですからね

    また勘違いしていけない点はMapコントロールはレーンの人もやらなければいけません。

    ミニオンでも視界の確保はできるので
    Pushすることで処理しているchampが見えている=人数差ができる→集団戦勝ちやすい
    Pushレーンを作ることはレーンをやる上で必要なことですが
    今回はJungleについてなのでPushレーンのつくり方は書きませんが需要があれば書きます。


    ここまでの話を簡単にまとめると

    Jungleはワードおいて壊してGankすればいい」ってことですね。


    またBuff・オブジェクトの管理もJungleの仕事です。
    Midに青BuffあげてGankせずとも有利を作っていったり
    DragonやBaronなど行くタイミングを作り出すのもJungleの役割となっていますね。



    役割としてはこれで以上となります






    次は実践編 序盤の中立クリープを狩る順番とGankについてです
    実際にどうすればいいのか書いていきます。
    Part6ぐらいまで続く予定です





    season情報が出てきましたね。
    ADCとアイテム、champion selectに大きな変更が印象深いですね

    これらの情報は実際触れてみないと何とも言えないのが辛いですが
    楽しみに待っていましょう。




    では





    Twitter:@sexymalevirgin
    mailaddress: se1xyboy@yahoo.co.jp
    LOL name: Sexy Male Virgin








    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。