• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 理想の歯科衛生士像【DHブログ - Vol.15】『未だに消えない学歴差のコンプレックス』

    2020-02-24 20:005時間前

    理想の歯科衛生士像【DHブログ - Vol.15
    『未だに消えない学歴差のコンプレックス』

     私は、2年制の歯科衛生士学校に入学しましたが、当時は歯科衛生士教育が1年間という専門学校もありました。確か1982年には歯科衛生士教育は2年制に統一されたと思います。それまでは1年間の専門学校教育で歯科衛生士の国試を受けることが出来たのです。2010年には歯科衛生士教育は3年生に義務化され、今は4年生の教育機関もあります。

     非常勤で働き始めた2003年頃、歯科衛生士教育を3年生に移行する専門学校が出てくる中、2010年までには全校統一されると知って、『自分より知識のある若い歯科衛生士が数年後に誕生する』、『資格が有ればどこの歯科医院でも働ける、そんな考えは甘い』と私は危機感を持ちました。
     また、看護師の姉からいつも『看護師は3年間の教育だけど、歯科衛生士は2年間でしょう、准看護師しと同じだよね』と言われていて、学歴にはコンプレックスがありました。このコンプレックスを無くしたく『大学に行きたい!』と結婚後も考えていました。

     しかし大学に行くのは現実的ではありませんでした。でも、数年後3年教育を受けた歯科衛生士が卒業してくる危機感から、日本成人病予防協会が認定している『健康管理士一般指導員』を通信で資格が取れることを知りました。資格内容は予防に関する知識を修得することで『職場や地域住民に健康についての講話ができる』というものでした。今の知識では不十分だと危機感があった私には、高額な学費でも分割払いなら何とかやりくり出来きる考え、すぐに申し込みました。試験までの計画を立て、毎日夜中に2時間勉強し、半年後に合格しました。

     私のような危機感を持つ歯科関係者や歯科衛生士も多かったのか、数年後に日本歯周病学会で始めて歯科衛生士認定制度を導入し、歯周治療に特化した有能な歯科衛生士を増やしていく試みとして「歯周病認定歯科衛生士」を発足させたのです。
     私はすくに学会に入会し、数年後認定を修得しました。続いてインプラント学会の認定を修得しました。各学会で歯科衛生士認定制度を導入しいて、気がつくと私もいくつもの認定を修得していました。

     “歯周病認定歯科衛生士”は、歯周治療に携わる歯科衛生士として自信が持てるようになりました。しかし、患者はその認定をどのくらい重要視するかは定かではなく、また採用する歯科医院側も『認定があれば尚よし』程度でした。資格保持者重視ではなく”まずは歯科衛生士の人手不足を解消したい”という目先の採用基準だったため、私が認定や通信レベルで取れる資格を幾つも持っても就職には有利にならず、私のコンプレックスは解消されませんでした。

     会社を立ち上げ、代表取締役 長岐祐子になってからもなお、院長クラスには『フリーで働くモチベーションの高い歯科衛生士』程度にしか映らず、私の学歴に対するコンプレックスは深まるばかりでした。通信大学でモチベーション行動学科も卒業しましたが、未だにコンプレックスは消えません。きっと、”歯科衛生士は有能な職業である”と、世の中に認められない限り、私のコンプレックスはなくならないのだと思います。

     歯科衛生士はただのクリーニング屋ではありません。予防処置、診療補助業務、保健指導業務、その他にも場合によってはカウンセリングや禁煙指導も行います。また、予防に対する需要が高まってきたことから、予防, 健康, 食事など幅広い分野で高い知識レベルが求められるようになってきました。

     多くの歯科衛生士が、”歯科衛生士は有能な職業である”と自身と誇りを持って働けるようになるために、私自信もコンプレックスに負けず努力し続けます。

    ~素敵な私たちでありますように~
    長岐 祐子

  • 理想の歯科衛生士像【DHブログ - Vol.14】『完全予約制のタントレーニング個別レッスンのイベントを終えて』

    2020-02-21 20:00

    理想の歯科衛生士像【DHブログ - Vol.14
    『完全予約制のタントレーニング個別レッスンのイベントを終えて』

     先日、某デパートのイベントで美腔®︎ケアの一つ「タントレーニング」のセルフケアの方法を紹介してきました。完全予約制の個別レッスンのため、受講者は限られた人数になります。それでも二日間で20名の女性にご参加いただき、「美腔®︎ケアを受けたい!」と次回の予約をされていかれる方も半数近くおり、大変好評でした。

     『美腔®︎』とは、ムシ歯や歯周病がないというだけではなく、大切な人と食事や会話が楽しめる健康的な口腔内を指します。フレイルで運動機能が低下してくる前に、ムセや唾液分泌量の低下、喉のつまり、顔の強張りなど必ずオーラルフレイルの症状が出ています。今回のイベントに参加された方々も、これらの症状を少しずつ感じ始めており「気にしていた、でも誰に相談したらいいのわからなかった」という共通の悩みがありました。

     『美腔®︎』タントレーニングは自宅でも出来る簡単なトレーニングです。毎日の習慣に取り入れて欲しいセルフケア習慣ですので、毎朝の歯磨き前やメイク前に、姿勢を正して鏡の前で30秒行う事を推奨しています。(参考動画:ニコニコ動画『自宅でできる「美腔®︎タントレーニング」』,参考記事:デンタルダイヤモンド社 DHstyle 2019.11号『25分メインテナンス&SPTの先にある!歯科衛生士によるイノベーション』)

     この様なイベントを大手デパートで、しかも完全予約制で開催したのははじめでした。「(舌)タントレーニング」というワードに大変興味関心を抱いている方々が多いこと、予測していた以上に反響が高いことに私もビックリしています。今後の取り組みに早急に対応しなければと勇気をいただきました。

     歯科衛生士になってから、過去に様々なイベントを経験しています。妊婦対象の母親教室、歯ブラシ教室、歯磨きからの健康教室などです。2003年には「歯磨き指導からセルフプロデュースへ」というテーマで、健康教室の開催や歯科衛生士雑誌にコラムを書いたこともあります。健康教室に参加していただいた方々には、その場で「ためになった!参加して良かった!」など好評をいただきましたが、その後、参加者が[歯科受診に行く]という行動までには行き着きませんでした。当時の私の実力不足もありますが、参加者自身が病気や口腔に対する困り事を身近で経験していなかったり、不安や危機感を自分事として捉えていなかったため、行動に結びつかなかったのだと思います。

     今回のイベントの参加者は年齢層も高く、健康への悩みや不安を抱えていたため、[行動]への意思決定が早かったのだと思います。また、健康教室のあり方も、集団で開催するのではなく、完全予約制の個別レッスンというスタイルが、今のニーズにマッチしたのだと思います。

     もっともっと自分に合った情報を求めている人たちに、情報提供出来るイベントや企画を考えていきたいと考えています。

    ~素敵な私たちでありますように~
    長岐 祐子

  • 理想の歯科衛生士像【DHブログ - Vol.13】『2度のスタディーグループ設立と挫折。そして、、、』

    2020-02-20 20:00

    理想の歯科衛生士像【DHブログ - Vol.13
    『2度のスタディーグループ設立と挫折。そして、、、』

     復帰して初めて受講したセミナーがイエテボリ大学DHブリギッタのPMTCセミナーでした。そこではじめて北欧の予防に対する考え方を知りました。そもそもスウェーデンには、ゆりかごから墓場まで、国の制度があります。歯科に関しては、幼少期にむし歯や歯周病について定期的な歯科受診と教育があり、日本の疾病に使用する保険制度とは全く異なります。
     そんな予防先進国のセミナーは、私にはカルチャーショックでした。『私は歯科衛生士として何をして、何を学んできたのだろか?』と、今までの歯科衛生士人生を全否定されたように思いました。これをきっかけに歯科衛生士専門誌を購読したり、積極的にセミナーに参加したり、行動していきました。

     しかし正社員と違い、扶養を外して働く私にはセミナーに参加するにも限界がありました。当時は秋田市に住んでいましたから、新幹線代やセミナー受講費用を自分で負担していました。高額な自己負担を「将来のための投資」と考えても、子どもの教育費の方が優先度は高かったのです。それでも『勉強したい、知識が欲しい』という貪欲から、職場の仲間、歯科衛生士会の仲間に声をかけて、スタディーグループを立ち上げました。

     はじめの勉強会のテーマは『PMTC』でした。スタディーグループの名前を考え、勉強会案内書を作成し、仲間に配りました。会場の手配もしました。念の為、非常勤で働いていた院長に、スタディーグループの発足と第一回目の勉強会を企画中であることを報告しました。すると思いもしない言葉を言われたのでした。『あなたが開催するスタディーグループ中で何を話すんだ?間違った情報はないのか?あなたのスタディーグループには誰が来んだ?うちの歯科医院に恥をかかせるような発言、行動はしないでともらいたい』私はこの言葉を聞いて身体中熱くなりました。悔しくて悔しくて、ただ勉強したいだけなのに、こんなことまでも制限されるなんてと、涙が出ていました。
     それでも何とか開催にまでこぎつけ、スタディーグループを2ヶ月に1回、1年間継続しました。途中でメンバーが退職したり、出産で参加できなくなったりし、継続が難しくなりました。何より、収益のないスタディーグループを一人で継続させるには、余りにも私の負担が大きすぎました。この頃から『いつか歯科衛生士教育に携わる会社を作りたい』と会社設立を夢描きはじめていました。

     フリーランスになってから、2度目のスタディーグループ『ステキに歯科衛生士』を友人と二人で立ち上げました。今度はセミナー受講費も頂き、ボランティアにならないように活動して行きました。当時このようなスタディーグループは珍しく、興味関心のある歯科衛生士が近隣から集まってくるようになりました。上手く行っているように思えましたが、それも束の間でした。2011.3.11、日本中を脅かした東日本大震災で、私のフリーランス歯科衛生士としての働き方も大きな影響を受けたのでした。2度目のスタディーグループも継続は難しくなりました。

     『どんな時でも自立して生きていけるようになりたい』という強い思いと、『勉強したい』『自立したい』という気持ちが、今の私を作り出しています。そんな強い願いが叶い、2011年8月、株式会社スマイル・フォー・ユーを設立したのです。

     まだまだ勉強不足ではありますが、私の知識と経験を多くの歯科衛生士と共有できればと考えています。この思いが『勉強したい』と思っている衛生士に届くことを願っています。

    ~素敵な私たちでありますように~
    長岐 祐子