• このエントリーをはてなブックマークに追加
【特別配信】2019年9月8日 美腔™️セミナーを終えて①「5年目DHさんの悩み相談」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【特別配信】2019年9月8日 美腔™️セミナーを終えて①「5年目DHさんの悩み相談」

2019-09-20 14:12

    今回の動画では、歯科衛生士5年目の叶ちゃんをゲストに迎え、実例から『患者心理』と『行動変容』について解説していきました。



    ▼その動画はこちら▼
    https://www.nicovideo.jp/watch/1568956323


    叶ちゃんの悩みは、

    「歯磨き指導しても、その時は『ハイ』と聴いているけれど、本当に患者さんが指導したように歯磨きしているか分からない。」

    「中には『返事ばかりで何も変わらない』そんな患者さんもいる」

    ということ。

    患者さんの行動を変えるのは、本当に難しいです。

    私自身も、理解し分かっていても変えられない事たくさんあります。

    ここで皆さんに考えて頂きたいのは、

    (1) 患者さんが「何故それをしなければいけないか」を理解しているかです。

    自分では100%の説明をしているつもりでも、患者さんの理解度が100%になっているかは分かりません。

    (2) 患者さんの理解度は何%なのか。

    患者さんがどの程度まで理解できているのか、その理解度に応じて補足説明が必要になってきます。

    (1)(2)を同時に考えながら、理論的に指導していけることが望ましいです。

    しかし、理論的な患者指導だけでは難しいので、

    心理学の知恵を借りて、患者さんを誘導していきましょう!

    例えば

    ①『声のトーン』

    患者さんに絶対わかって欲しい!と思う時は、力強くゆっくり『1日、1回! 朝! 右下の 内側から、磨いてくださいね!』と話します。

    ②『患者さんの言葉や仕草をさりげなく真似る』

    患者さんのジェスチャーや言葉の表現を使って、提案,納得させていきます。

    いかがでしょうか?イメージできまでしょうか?

    より詳しく学びたい方は、会員限定の動画もご覧ください!

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    臨床に役立つ「患者教育」と「行動変容」
    更新頻度: 毎週月,水,金曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥770 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。