隙あらばセルフ解説 【MAD】明日の君に【結城友奈は勇者である】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

隙あらばセルフ解説 【MAD】明日の君に【結城友奈は勇者である】

2018-09-03 12:42
  • 4
どうも。最近アイコンを変えたシャンリーです。

AniPAFE2018に参加させて頂いたので、自分の参加作品について勝手に解説したいと思います。自己ベストを更新できた満足感に任せて、好き放題書いていこうと思います。



【MAD】明日の君に【結城友奈は勇者である】




【選曲】
使用曲は「未来エピローグ」、アニメ「刀使ノ巫女」のED曲です。歌詞シンクロは重視したので、ゆゆゆにぴったりの選曲だったと思います。見ての通り何のひねりもない真っ直ぐな歌詞ですが、ゆゆゆは小中学生が主役なので、これくらいわかりやすい歌詞の方が合うんじゃないかと思います(ちなみに刀使ノ巫女は中高生がメイン)。
また、今まではバラードを使うことが多かったのですが、今回は比較的アップテンポな曲に挑戦してみました。戦闘シーンも上手く使わないとランクインは狙えないかと思い、音ハメもかなり頑張ったつもりです。

(ちなみにゆゆゆもとじみこもStudio五組の制作です。図らずも制作会社繋がりになったけどみんな気付いたかな…?)



【構成】
サムネの通り、三好夏凜・三ノ輪銀の2人に焦点を当てたMADです。この2人に焦点を当てたMADって意外とないんですよね…。ゆゆゆを見てればこの構成はかなりグッとくるものがあるはずです。ただ、2人とも主人公ではないので、大会で出すにはマニアックな構成だったかもしれない。

大まかな構成はこんな感じです。
1番     夏凜(1期/結城友奈の章)
2番     銀(2期/鷲尾須美の章)
ラスサビ  夏凜&銀(2期/鷲尾須美の章&勇者の章)

ラスサビは別の時間軸を同時に展開しているので、ゆゆゆ未視聴の方にはわかりにくかったかもしれません。

今からネタバレしながら解説していきます。


そもそもなぜこの2人に焦点を当てたかというと、銀の後継者が夏凜だからです。詳しく話すと、小学6年生で勇者の御役目を果たしていたのが銀でしたが、1人で敵を追い払い戦死してしまいます。2年後、その装備を受け継いだのが中学2年生の夏凜でした。その装備は銀と似た人物じゃないと受け継げないとか…。
というわけで、面識はない2人ですが、このような深い繋がりがあるわけです。

ラスサビで何がしたかったというと、勇者の章ラストの天の神との戦いで、勇者部員6人ではなく銀も含めた7人で戦わせたかった、それだけです。
3:46の「今日を」で2人の左腕が矢で貫かれるところをシンクロさせてみましたが、一緒に戦っていることを分かりやすく表現したつもり。

最後のシーンでは、歌詞を元にポエムのようなものを流しました。

明日の君に笑ってる姿を見せたい
明日の君が笑ってる姿を見たい
だから今日を踏み出せるんだ

これがこのMADの核です。ともだちのために「今日」を戦い抜いた2人の生き様、アニメ本編でもぜひ見届けてください。



【音ハメ】
切り貼りMADで作ってる割に音ハメは苦手でした()
それを克服するべく、今回は今までほとんど使わなかった戦闘シーンで魅せられるよう決意。切り貼りMADのブロマガもたくさん投稿されていたので、それを参考にしながら音ハメしていきました。
一番気に入っているのが前奏部分。2人の変身シーンを合わせてみましたが、想像以上に良い出来で驚いています←
2人の動きが似たところ(武器を持つところなど)を探したら上手い具合に音ハメも出来たので、ちょっと運が良かったのかもしれません()


このMADの音ハメに関してお世話になったのは




D.S.Kさんのブロマガにあった「コマ繋ぎ」です。

D.S.Kさんのブロマガ:http://ch.nicovideo.jp/dsk_2525

この中の「不要なコマを消す」というのを参考にさせてもらいました。(これだとコマ繋ぎとは言えないのかな…?)







1番サビ「いつかは」ですが、間にある動きのほとんどないシーンを省きました。「は」で夏凜が動いていますが、アニメ本編だと動くタイミングはもっと遅いです。





こんな感じで2つに分かれています。多分ばれてなかったはず…と信じています()


コマ繋ぎに関連してもう1つ紹介。






1番Aメロ「過ごしてきた」ですが、「してきた」でシーンを切り替えています。アニメ本編では友奈が背後から近づくシーンが間にありましたが、そこを抜いて上の画像のシーンを直接繋いでいます。ただ、そのまま繋げると唐突に友奈が現れるので不自然でしかありません。





TLはこうなっているのですが、シーン切り替えの所に「背景」とあります。何をしているかというと、ホワイトインを入れています。ここでは背景の色を白、透明度を0から100に直線移動させています。この技法はこばやしさんに教えてもらいました。


【MAD】春の木漏れ日【結城友奈は勇者である】



こばやしさんのこのMADに似たようなシーンがあります。2:18あたりの銀が斧を振り上げるシーンは、斧を上げる過程のシーンを省いて、ホワイトインを入れて繋いでいるそうです。

D.S.Kさんの言うコマ繋ぎとは違いそうですが、とりあえず間の不要なシーンを消すのはおススメです。音ハメがいまいちな部分は、再生速度をいじる前にこの方法を試すと良いかもしれません。


また、コマ繋ぎ関係なくホワイトインは結構使っています。何ヶ所か伴奏に合わせてホワイトインを入れてみました。強く鳴らしている部分に合わせましたが、良いアクセントになったかと思います。



【セリフ】
間奏がなかったので、基本的にサビ前に入れてみました。
他のMAD投稿者の方と話す機会があって驚いたのですが、サビ前にセリフを入れるのって珍しいんですね(無知)。確かに入れにくいですが、サビ前に一気に盛り上げてくれる曲だと、その流れに乗せやすいかと思います。この曲だとドラムが本気を出してくれているので、とても入れやすかったです。
サビにどのような流れでなだれ込んでいくかは最重要ポイントだと思うので、盛り上げるための選択肢としてセリフを入れるのはアリだと思います。ただし、曲のテンションとセリフのテンションは絶対に合わせましょう。無暗に入れるくらいなら入れないほうが良いです。セリフは基本的に曲の邪魔をするものですので…。

一番最後のセリフですが、本編主人公の友奈のセリフです。なぜ夏凜でも銀でもない人に最後のセリフを言わせたのか。ゆゆゆを見た人なら痛いほどその理由がわかると思います。
「勇者は根性!」は銀の口癖です。「今を乗り越えていこう」で6人全員のシーンを映し、最後に銀のセリフを言わせることで、構成でも書いたように7人で戦っていることを演出しました。
また、ここでもう1つやりたかったのが「静寂を聴かせる」ということです。セリフはかなり音量を大きくしたので、静寂が余計に際立ったはずです。ちなみに元の曲自体、この部分で音がなくなります。



【お気に入りシーン】

前奏部分の音ハメはお気に入りですが、



特に矢印をつけた赤い閃光(?)の動き方が曲とマッチしてて好き

また、このすぐ後に





銀が腕を振り下ろしたと思ったら夏凜にスイッチしてる
これもかっこよくてお気に入りです(何の解説にもなってない…)。



0:31~0:41「暗闇に射す星明りのように照らしてくれた」

ここは1期6話の、友奈が夏凜を勇者部に連れ戻す場面をイメージしています。「星明りのように照らしてくれ」で、樹・風先輩・東郷さんを映していますが、これは友奈の「勇者部は風先輩がいて、樹ちゃんがいて、東郷さんがいて、夏凜ちゃんもいて、(みんなで楽しみながら人に喜んでもらえることをしていく部だよ!)」というセリフを念頭に置いてシーンを選びました。最初はツンツンしていた夏凜が、勇者部員一人一人との関わりの中で徐々に心を開いていく様子を表現しています。



1:20~1:24

ここの音ハメは前奏部分の次に好き
だが解説するような内容がない…ホワイトインは便利です(雑)
ホワイトインを入れることで、映像が曲に力負けしなくなったはずです。入れないと少し物足りなくなるかも。



1:24~1:26

友奈と夏凜を交互に映しています。勇者の章で、友奈が天の神の呪いを誰にも相談できずに、勇者部員(ここでは夏凜)とすれ違っていく様を表現しました。伝わったかは微妙ですが、演出としては気に入っています。



1:57~2:00「諦めず前を向けたから」

実はここのシーンですが、

「諦めず」…4話のわっしーとそのっちが離脱する前の戦闘シーン
「前を向けたから」…今までの日常の回想シーン

と分かれています。気付いた人いたら凄い。



2:27~2:38「傷つけるのも守ることも自分次第と教えてくれた」

歌詞シンクロという意味では、このシーンが一番気に入っています。ともだちを助けようとしてかえって傷つけてしまった夏凜、ともだちのために重傷を負ってもなお立ち上がる銀、この2人の対比を上手く表現出来たかと思います。



3:40~3:43「笑ってる姿を」

風・樹・友奈と違って、そのっちと東郷さんは小学生時代も映しています。これを映すことで、「明日の君に笑ってる姿を見せたい」が夏凜だけでなく銀にもかかるようにしています。



4:02~

最後のシーンです。見ての通り色調はかなりいじっています。



にっちさんのブロマガ:http://ch.nicovideo.jp/nicci_mad


ここは、にっちさんのブロマガを参考にさせてもらいました。ただ、もやーっとしているものの正体がわからなかったので、とりあえず円をぼかして重ねることにしました。













TLなどはこんな感じです。円はキャラのイメージカラーに合わせて人数分用意しています。

友奈…ピンク
風…黄色
樹…黄緑色
東郷…青
園子…紫
夏凜…赤
銀…赤

という感じで、赤は2つあります。円の設定や配置ですが、ここではこうしたというだけなので、あくまで参考程度に。
また、上からフレームバッファをかけて彩度を100から140に上げています。なかなか鮮やかな仕上がりで好き。



【終わりに】
見ての通り、他の方のMADやブロマガはかなり参考にしています。参考にさせて頂いた方、本当にありがとうございました。上達への近道はパクリスペクトだと思うので、みなさん積極的にパクリスペクトしていきましょう。あと、誰かのMADをレビューするのもおススメです。1つの作品を何回も見直すことで、作者の細かいこだわりにも気が付くことができ、自分の編集にも生かすことができます。
とんでもない長さになってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。
あと、AniPAFEへの投票もお願いします。

AniPAFE詳細:http://ch.nicovideo.jp/AMV/blomaga/ar1514170
参加作品一覧



広告
×
投票御願いしますー!w

MADもブロマガも、イラストも、まあ他の仕事もですが、マネはとても大事だと思いますね!
良い所はどんどんマネて、そして自分でも常に考える!

動画もブロマガも良い物を、本当にありがとうございました!
2ヶ月前
×
>>1
>>1
返信ありがとうございます!

やはり真似していかないと、上達は出来ませんね。これからもばっこりパクリスペクトしていこうかと思いますw

運営お疲れ様です!良い作品を出せたのなら幸いです。
2ヶ月前
×
総合50位おめでとうございます。
誠に勝手ながらレビューを書かせていただきます。
個人的にはもっと上の順位だと思っていた。
だが恐らく22位まではほとんど票数に差がないと思わるので、水物と割り切って良いとも思う。

まず選曲に関しては、視聴者の年齢を考えて選んだ点はよいと思う。が、ニコニコの視聴者はほぼ30代~40代が多いところにある。
Youtubeだったらそれでもよいがニコニコのコンテストとなると厳しいかもしれない。
シャンリー氏の素晴らしいところはセリフうまく入れているので、作品を知らない人間でもストーリーに入り込める点だと思われる。コメントにもあるがそうゆう作品には愛を感じる。シャンリー氏は知名度がそれほどないにも関わらず作品は伸びている、それはやはり視聴者に伝わっている。
音ハメなどはそれほど意識しなくてもいい作品は作れるとゆうこと。
あと最後の音抜きの部分は素晴らしい。これがあるからこそ余韻があると思われる。

色々勝手ながらレビューさせてもらったが入賞おめでとうございます。
1ヶ月前
×
>>3
ありがとうございます!(自分ももう少し上の順位行けたと思ったのはここだけの話)
セリフの入れ方はいつもこだわっているので、そこに注目してもらえるとはうれしくてたまりません。
来年はさらに上の順位に行けるように頑張りたいと思います!
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。