ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

WCCFの話7
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

WCCFの話7

2016-08-21 23:51
  • 2
以前ポストプレイ重視をやって挫折した話をしたんですが
もう一度理由を探ってみようと思い全白イタリア組んで試してきました。

今回はポスト担当(ペッレ、イアクィンタ)の二人共センターポストのはずなのですが
それでもサイドに流れることがあり、動きを観察していたところポストプレイ発動には
『相手選手にマークされる』という条件が必要っぽいことを発見しました。
(高々2~30プレイの感想なので不確実甚だしいですが)
で、マークをされない(ゾーンで守られている、WCCF的にはプレス未点灯)の場合、
マークを引き付けようとしてサイドに流れるわけですね。
でもサイドに流れたところでCPUはプレス点灯させたりはしないし、
クロス上げようにも自分自身がターゲットなので、結局流れた後は
サイドで奪取されるまで延々こねくり回すわけです(悲哀)
もう一つ重要なのが『相手チームの誰にマークされているか』で、
具体的にはDMFにマークされると多くの場合反転してドリブルを開始します。
で、CBがチェックに来たところで味方FWにパス、という流れが多いです。
この場合はゴール前での横パスが多くなるのでシュートのタイミングが違ったりして
結構ややこしいことになります。
一方、最初からCBにマークされている場合はボールが入った後ワンタッチ、もしくは
トラップ後すぐに味方に流す感じです。典型的なポストプレイですね。
ポストプレイヤーはだいたいドリブルが大きくて下手なので、相手の布陣を見て
いかにDFに背負わせるように配置するかというのが大事かもしれません。

~今日のズラタン~

1試合の平均得点が4点超えた(恍惚)
新規監督でチームグラフ死ぬほど小さいのにこれとか
まともなチームならどうなるんでしょうね。
広告
×
考察、お疲れ様です。
チーム戦術「カテナチオ」を試してますが、連携は元より、フォーメーションにも左右されて、尚且つ相手の動きも重要なポイントとなるんでしょうかね
57ヶ月前
×
>>1
逆サイドアタック(カテナチオのオフェンススタイル)って使ったことがないんですが
今のイタリアの面子ならピルロ底で機能しそうな気がしますね。
WCCFは選手と比べてピッチが狭いので、実際のサッカー以上に
局面で数的有利を作ることが重要な気がします。
57ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。