WCCFの話12 -各年代ベストイレブン②-
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

WCCFの話12 -各年代ベストイレブン②-

2016-10-11 21:24
  • 2
アウェーでオーストラリアに1-1なら上等だけど
問題はそこじゃないんだよなぁ・・・(挨拶)
2014W杯より主力が劣化するのはやむを得ないとして
戦術的に劣化するってのはどういうことなの・・・(挨拶)

というわけで前回の続きやります。
1974年。

これはこれで強いんだけど、前回の1973年を見ると見劣りするのは致し方ないか。
FWやCBが割と同じタイプの選手が集まってしまったのが残念。
他にはフリオ・クルス、モンテッラ、オルテガ、ダクールなど。

1975年。

とりあえずプレースキックには困らなさそう。
全体的に渋めの面子が揃う。マカーイはATLEで出てもおかしくないですね。
他にはC・ルカレッリ、城彰二、バレロン、ヨルゲンセンなど。

1976年。

最強年代候補その2。前線の面子はWCCFオールドプレイヤーにはもはやトラウマ。
前線以外にも各ポジションに良選手を揃え隙が見当たらない。クフォーは趣味。
他にはクライファート、モリエンテス、トマソン、トリスタン、パンディアーニ等FW過多。

1977年。

こちらもかなり強そう。フランスが誇る2TOPは破壊力十分。ラウールも入れたかった。
あとアルムニアがレアカードで出ていたことに驚愕した。松田は趣味。ヒデいるし。
他にはディ・ナターレ、ファン・ボメル、ペロッタ、グロッソなど。

1978年。

守備陣がとにかく堅く、相手にするとかなり厄介そう。FWの駒も揃っているが、
攻撃はリケルメの調子次第になりそうなのが不安要素か。カヴィエデスは趣味。
他にはエメルソン(浦和)、キューウェル、ルシオ、キャラガーなど。

1979年。

前線は申し分ないが純粋なCBが少ないのが難点。それでも十分戦えそう。
この辺りはレアの種類が多いバージョンの選手が多く選手選考に割と苦労した。
他にはグラフィッチ、ムトゥ、ファン・デル・メイデ、D・ピサーロなど。

続きは気が向いたら。
ちなみに一応1994年まで作れました。
広告
×
おつかれさまです。
前号、拝見しました。
縛りのネックはGKですね。
でも選抜ネタが分かってくれる人が居ると楽しいですね。
(一回だけ話しかけられてカード貰った事があります)
縛りといえば昔16人全員GKというチームを見かけたことがあります。
49ヶ月前
×
>>1
色々選抜やってきましたが
一番印象に残ってるのは北欧選抜ですね。
05-06時代だったのでキーパーにギブンを借りてくるなど割と苦労した思い出があります。
ちなみにこの後1世代だけキーパーがいないため選抜作れなかった世代があります。
49ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。