ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

機材の話。キャプチャーボードについて①
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

機材の話。キャプチャーボードについて①

2021-01-22 08:00

    前回はオーディオインターフェースについて話したので今回はキャプチャーボードの話をしたいと思います。

    今まで使っていたのは

    I-O DATAさんのGV-HDRECです。
    こちらのキャプチャーボード、PCに接続はせずモニターとゲーム機をつなげてキャプチャーできるというものです。
    PCが低スペックだけどswitchやPS3、レトロゲームをやりたい!という人にはもってこいではないでしょうか。

    ただキャプボ以外にもHDMI分配器とかも必要にはなってきます。まぁテレビのHDMIだけじゃ基本足りませんしね。

    こちらのキャプボのいいところは

    SDカードやUSBに保存できる


    というところでしょうか。
    画質もHDMIを使えばレトロゲームもまぁまぁ高画質で録画できるのでいいかなと思います。

    こちらがGV-HDRECを使用して録ったPSゲームですが、なかなかに綺麗でした。



    値段は少し高めですがPCが低スペックだったりデュアルモニターではない人にはお勧めです。
    今はスマホでも編集できる時代なのでPCがない人でもいけそうですね。


    難点として複数人でやるゲームには向いてないところです。switchはもともとボイチャ機能がついていないのでソロプレイにはお勧めですがボイチャ機能つけてオンラインでやるのには難しいですね。
    当たり前かもしれませんがこちらは
    録画するだけのものになりますので
    配信は無理
    です。



    あと一つ言うなら音量設定がめちゃくちゃ難しい。
    この機材、音量調節がボタンなんですよ。
    しかも結構固めのボタン
    なので録画しながら音量調節すると
    カチカチカチカチっていう音が入ってしまう…どうすればいいんだ…
    それとゲーム音と声のバランスがとりづらいところがあります。
    まぁそれはやっていくうちにこれだ!!!!!という調整ができるので慣れですね。



    ちなにみこちらのキャプボはPS5だと対応していないので本当にレトロゲームやみんなで集まって録画するだけになりました。


    次は今メインで使用しているキャプチャーボードについて話したいと思います。

    ではこの辺で

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。