• 「春香さんがDQⅢをプレイするようです」を振り返って 総括という名のチラ裏

    2018-07-30 17:311
    遅くなりました。こちらは

    春香さんがDQⅢをプレイするようです


    を一から振り返っていくブログになります。動画の内容にもガンガン触れていきますので、まだ見てないよ、という方はお気を付けください。あと今まで書いたようなことももう一度書いたりすると思います。


    --------------------------------------------------------------


    まずこの度は春香さんドラクエ3を最後まで見ていただいた方々、本当にありがとうございます!

    PART1上げたのが2013/6/11ですって。PARTFINALが2017/09/08ですって。

    4年もやってたのかよ。
    という視聴者からの声が刺さります。いやね、本当にね。完結出来て良かった。

    というわけで、この機会に全体的な裏話をしていきたいなと思います。チラシの裏です。

    PARTごとの話は今までのブログに掲載していますので、そちらも読んでいただけるとたぶん楽しいです。


    初めに今回架空戦記としてドラクエ3を選びましたが、実はもう一つ候補のゲームがあってそちらとどちらにしようか悩んでいました。

    それはペルソナ4です。

    結構気合を入れて設定は練っていたりと準備していました。
    初期のPARTで時折BGMを使っていましたがそれはその名残ですね。

    それぞれ誰がどのペルソナ担当でキャラ割まで考えていました。

    主人公+陽介→春香
    陽介+主人公→千早
    千枝→真
    雪子→雪歩
    完二→涼
    りせ→伊織
    クマ→あふう→美希

    ちょっと直斗だけド忘れしてしまったけど……。だいたいこんな感じでした。
    小西弟とかは亜美真美が担当するなど考えていて、シリアス担当だったりとか。そういう妄想だけ膨らませていました。

    なぜペルソナ4を選ばなかったのかというと、

    1.技術面の問題
    ペルソナシリーズはハイカラでおしゃれなゲームです。画像や動画を加工してペルソナ風のものを作ることが当時の自分、今の自分もですが。その技術がありませんでした。これはドラクエ3の初期を見ても明らかですね。動画を使うのもギリギリな編集力でした。

    2.やりこみ度
    他のゲームに比べればもちろんやっていますが、それでも細かいものまで覚えているかと言われれば自信がありませんでした。メダルの位置、レベルバランスなどもなんとなくわかるドラクエ3に比べるとどちらに軍配が上がるかは明らかでした。

    3.完結できないという予想
    ドラクエ3とは時代が違うゲームです。必然的にゲームのボリュームが違います。どれだけカットできたとしてもいったい何パートかかるのか想像もつきません。きっと完結できないと考えました。

    他の細かい理由も合わせて、ドラクエ3で動画を作ろうということになりました。
    幾万の真言→world is all one とかいろいろ考えていたんですけどね。残念。


    次にレイアウトについて。

    PART2からレイアウトを大幅に変更させていただきました。というか


    今でもPART1は作り直したいと心から思っています。

    見づらいですよね……あれね。PART2からのレイアウトは気に入っています。今でいうとbiimシステムにちょっとだけ似てますね。今作ったら絶対にbiimシステムを使っていると思います。

    静止画をメインに動画を進めるというのは当初から決めていました。動画に関しても途中から使っていくつもりでした。これに関しては動画は編集をしていくうちに勝手がわかるだろうという予想が一つ。

    もう一つ大きな理由が静止画ならテンポよく要所だけ映して進めるからでした。

    モンスターとの戦闘だってそんな毎回いらないですよね。移動の時間って見ている側は結構暇です。物品回収だって全部拾おうとすると結構時間かかります。常に動く動画にセリフをはめ込むより、静止画にセリフを挟んだ方が編集も簡単!

    そういう色んな理由が重なって静止画メインとなりました。良いのか悪いのかは視聴者さんの判断になりますが、個人的には満足しています。問題は毎回毎回大事なところでスクショを撮る必要があったことですね。たまに撮り直しもありました。毎パートごとに100~300枚くらいスクショ撮っていました。

    後半は徐々に動画にも慣れて、動画パートも増えていたかと思います。


    次に小鳥さんについて

    裏主人公みたいな立ち位置になった小鳥さん。今までのブロマガでも説明した通りで、自分がやりたかったもう一つのことを代弁してくれる立ち位置となりました。

    本当に小鳥さんには頭が上がらないですね。なぜなら書きたいところだけ書くことが出来たからです。ストーリーとして架空戦記を作ろうとすると、どうしても盛り上がる場面、山場と盛り下がる場面、谷間が生まれます。そしてそれは書かないと物語の繋がりとしておかしくなります。

    けど小鳥さんの妄想ならその谷間を書く必要がありません。むしろ視聴者さんに想像してもらうことでお互いにメリットがある雰囲気が出来た、ような気がします。春香さんのプレイパートの展開から、きっとハルカやチハヤはこう動いたんだろうな、となんとなく思っていただけたならそれはうまくいったのだと思います。

    うまく言えないけどなんとなく心で理解していただければ。





    あとはなにを書こう……手前みそですがお気に入りのPARTとか書いておきましょうか。
    個人的なお気に入りPARTは、

    PART2


    コメントが増えることが想定されたPART。ドラクエ3のチュートリアル。
    キャラ妄想が最も捗るときですね。


    PART15


    この架空戦記を作るにあたってすごく楽しみだったピラミッド編。
    本当に楽しく編集していました。主演男優賞は痛恨を出した人食い箱。

    PART21


    この架空戦記を作る際にぜひ書きたかったオルテガの兜の設定ミス。
    意外と知られてないんですよね。

    すごろく回




    特にこの二つはお気に入りです。編集大変でしたが楽しかったです。
    サリーもありがとう。

    PART27


    一番のお気に入り回。もっている女、天海春香


    PART28


    二番目にお気に入りの回。山場しかない。
    バシルーラの説明もずっとやりたかったことですね。

    PART30


    ネクロゴンド編。妄想もお気に入り。ダンジョンもお気に入り。
    ありがとうホロゴースト。

    PART32


    72



    多いわ


    そろそろまとめます。

    次回作などは全く未定です。けどしんりゅうも倒したいですしね。悩み中。
    しんりゅう編はいろいろ悩みましたがいつも通りプロデューサーと春香のコンビになると思います。キャラ数が増えると持て余しちゃいますしね、自分の技量では。

    あとはノベマスなんかも一つ書きたいのがあるので、それもどうしようかなという感じです。
    主人公は百合子と春香と千早の予定です。とある小説を基にしたものをアイマスっぽく出来たらなと思っています。



    書きたいこと書けたか分かりませんがとりあえずこの辺で締めたいと思います。
    ちなみにこのまとめが遅くなった理由は強制シャットダウンで下書きがパーになったからです。


    それではまた次の動画でお会い出来たらうれしいです。



  • 広告
  • 【アイマス】春香さんがDQⅢをプレイするようです PART42~LAST

    2018-01-08 05:362

    お世話になっております。レミラーマPです。最終話まとめブロマガ遅くなりました。
    最終回二話の振り返りに加えて今までの振り返りのブロマガになる予定です。よろしくお願いします。その前に……

    まず最初に本当に遅くなって申し訳ありませんでした。

    遅くなったわけですが、まあイカをやっていたからとかそんな理由はありますが大きな理由としては

    仕事です。

    動画を作り始めて一年後に就職していました。
    最初こそまだよかったのですがだいぶ気持ち的に参っていたのでそのあたりから更新速度が激減したかと思います。だいたい2014年の10月前後くらいからですね。

    端折りますが要するに今回動画をあげることができた一番の理由は仕事をやめたからです。
    もう一つの理由はドラクエ11トロコンしたからです。

    おいおいと思われそうですが僕自身は仕事をやめたことで幸せいっぱいハッピーなくらいです。ここに書くことでないので詳細は書きませんが、おかげで気持ちと時間に余裕ができました。動画も作ることができました。正確に言えば時間はひねり出せば作れるでしょうが、あまり滅入った気持ちで動画を作りたくなかったというのも理由です。

    なんて暗い話だ。終わろう。他の理由は動画内容にもかかわるので動画紹介しながらいきますね。




    まず初めに画質ごめんなさい。ニコニコのエンコードが変わってからあげてなかったのですがここにきてこんな弊害が生まれてしまいました。ちくしょう。


    サムネ画面は動画を作り始めたころから決めていました。ロトの紋章で締める。ただ後悔としては春香さんの立ち絵を挟んでおけば良かったなあと。
    これじゃアイマスってわからないじゃん。


    内容は……最終回だけどあまり説明することがないですね。ゾーマを倒した後の世界を巡ってエンディングです。ドラクエ裏話などを含めると、上の世界に戻れなくしたのは容量の問題というのは有名な話ですね。そりゃそうだ、上の世界の台詞まで用意したら大変です。アレフガルドだけでも相当あるんですけど。
    いろいろ聞いてほしい台詞はあるんですが、ゆきのふ関連と呪いを解く少年の台詞が好きですね。ああ、ここからつながっていくんだなとなります。そして太陽の石。絶対に預けましょう。こういうイベント大好きです。


    そしてゲーム史上最高のエンディングです。
    個人の感想です。強要してませんのであしからず。だけど1.2とやって初見でこのエンディングを見たらどうでしょう。ちょっとわかる気がしませんか?春香さんにこれを共有してほしか
    ったのです。


    でもってゲーム史上最高のサブタイトル回収です。
    これに並ぶ回収はゴエモンきらきら道中くらいですかね。個人的に。


    そしてここで遅くなった理由その2が出てきます。
    エンディングで今までの町を振り返るシーンがあったと思うんですが、それをMMDでその時プレイしていた春香さんの表情を再現したかったんです。前からMMDでやりたいなと思っていることがたくさんあったんですがいざ触るとこれがもうちんぷんかんぷん。箸で大豆をつかむどころではない、箸の持ち方がそもそもわからない。そんな感じ。結果的にあきらめてあんな感じになりました。申し訳ないです。

    勇者たちは帰ることができたのか否か。堀井さんはどちらでもよいと言ってくれました。いいゲームはプレイヤーに想像の余地を与えてくれる。そう思っています。

    そして同時投稿の最終回に続きます。



    やりたかったことを詰め込み詰め込み容量オーバーしそうな最終回です。
    こっちのパートは割とやりたいことが出来たので満足しています。

    ゾーマとの戦闘パートはいろいろとありますが、やりたかった流れは。

    ハルカ戦闘不能→仲間がハルカに勇気を返そうとする→世界中がハルカに勇気を返そうとする→アミマミがその思いを魔力に変える→ハルカ復活→連携攻撃からのギガストラッシュ→それでも足りないあと一押し→親子かめはめ波

    です。元ネタは溢れるほどありそうな流れですが自分が想像したのは、アークインパルス太陽は昇るグリッターティガ親子かめはめ波です。どこかのパートのコメントで「アークインパルスでも打つのか」というようなコメントがあって、やばい!バレテル!と焦ってました。このコメントをした人にはレミラーマ賞差し上げます。おめでとうございます。


    一応伏線は積み重ねていたつもりでした。

    まず初めにバラモス戦での会話。ここでハルカが勇気を渡せるのが勇者と言っています。それじゃあハルカは誰から勇気をもらうのか、というもの。ハルカが勇気をくれたから、今度は仲間が、出会った人たちが返してくれる。ハルカの勇者像がここで完成するイメージです。ちょっと武装錬金っぽいですね。あそこのカズキ大好きです。


    次がアミマミの設定。ラーミアを蘇らせる際、二人はオーブは想いの塊であってそれを魔力に変えられる唯一の賢者だと説明しています。世界中の人々がハルカのために願ってくれる。だけどそれはどうやったらハルカの力になるのか。その答えをアミマミに用意していたつもりでした。最後上の世界への帰還もアミマミでしたがこれはラーミア自身の設定ですね。その後のドラクエでラーミアは時空を越えられるという公式設定が付きました。それを使わせてもらった形です。


    オルテガ登場シーンはそのまんま親子かめはめ波。加えてドラゴンクエストバトルロードのつばぜり合いがイメージですね。あと途中で「ギガデインよりさらに上の雷」という言葉がありましたがこれはミナデインをイメージしています。みんなの力を集めたものですからね。


    最後はしんりゅう戦を仄めかす形。ミキの行動もそれっぽい発言させてましたしね。ただ真面目に神龍倒そうとなるとパーティ変更が必要かも……どうなるかな。彼女たちの冒険はこれからも続く! 終わり方の王道。

    エンディングはマスピとDESTINYで悩んだけどマスピにしました。結構悩んだのです。
    あとこういう後日談はやってみたかった。とあるPさんのTRPG動画が大きかったかも。あともともとFE好きですし。



    ここから登場アイドルのその後、の足りない部分補足。全員じゃないです。

    タカネヒビキは絶対書きたかった補足。女王と海賊。その地位を捨てて自由な船に乗る。こってこてな流れをこの二人にやってほしかった。決してタカネは王女でいることが嫌なわけじゃない。だけどそれ以上にヒビキと一緒なら楽しい。そういう気持ちで船に乗ってほしい。国を捨てるわけじゃないからちゃんと正式な手続きの後に座を降りてます。

    ヤヨイの二代目町長はここで記述。一番お気に入りの後日談。ここだけの話息抜き架空戦記でシムシティかCIV5でリツコバーグ世界制覇とかやろうかと思っていた。ヤヨイ主人公で。

    リツコ
    自由の女神も当初から考えていた設定。この世界の自由の女神は眼鏡かけてるよ。

    アイちゃんの後日談はちょっと分かりにくかったかもしれないですが、エリとリョウと旅をしたことを仄めかしています。どたばた珍道中な冒険譚は世界三位の売り上げ。一位はロトの伝説。二位はガナハ海賊団の宝島。

    アミマミ後日談はその後パーティ加入があり得ることを加味したものです。しんりゅう戦は賢者欲しいからね、仕方ないね。

    アミマミのあとの演出は尺調整です。ごめんね。

    ミキの呪文が数百年眠る記述。これはドラクエ1.2にその呪文がないからの補完。モンスターズ+でもメラゾーマなどは古代呪文と言われていましたね。けど実際ミキは呪文を作っても教えるのあまり上手くなさそうだなと。ちなみにミキから二つ名つけてます。

    マコトの設定はヤオ、でもありますが。仮にその後マコトが呪文を覚えることがあっても「それは気功の応用なんだよ!」と押し切るためでもあります。

    チハヤ
    は実は一番考えていた後日談で。ロトの伝説ってその後の世界ですごく広まっているじゃないですか。たぶんこれってガライの力なんでしょうけど、さらにもう一人、それも勇者の仲間が広めていたらなおそうなるよな、という考えがありました。チハヤがいろいろな街へ赴き、唄を歌って、それを聞くと幸せな気持ちになれる。見た目からもこう呼ばれる。幸せの青い鳥。みたいなね。ちなみに賢者はしんりゅう戦イメージ。吟遊詩人、つまりスーパースターでもあるので実質天地雷鳴士でもある。

    ハルカは偉大な後日談先駆者、封印の剣ロイさんを参考にしました。コメントにて気づいた方がいましたね。おめでとうございます、レミラーマ賞です。
    太陽の勇者は以前小鳥さんも言っていましたが、ロトの勇者ってアレフガルドにとっては太陽のような存在だと思うのです。朝をもたらしたことも、空から現れたことも。ハルカにぴったり。



    そしてこのオチですね。

    結構気に入っているオチです。これも結構念入りに用意していたので。母親役をあえて空けておいたり、小鳥さんがそれに言及していたり、オルテガ役がPだったり。全部このためでした。バラモス戦の妄想パートで何人か気づいていましたね。レミラーマ賞です。


    自分はあまり奇をてらう伏線張らないので、気づかれても内容変えなくちゃとはならないですし、むしろ気づかれたらそれは話に無理がない証明になるのでとても嬉しいです。



    長くなりました。本当はこの後作品を振り返っての感想を書くつもりだったのですがそれはまた別記事でまとめようと思います。

    それではここまでみていただきありがとうございました。もう少々ブロマガにお付き合いください。







  • 【アイマス】春香さんがDQⅢをプレイするようです PART38~41

    2017-10-20 01:592

    しばらく(約二年)書いていませんでした。
    すみません許してくださいなんでもします!

    記憶がおぼろげなところありますが振り返っていきます。



    閑話から。この回はアレフガルドに入る前の話をちょこっと。

    元ネタはロトの紋章のつもりでした。イマジン復活直後のやつですね。
    描きたかったのは仲間が春香と一緒に旅したいなと振り返るところですね。真は無意識だったのを自覚するように。ミキは自分の旅にはやっぱり春香と一緒がいい。チハヤは最初からついていくと決めている。改めて春香が中心であることを自覚するような感じ。

    特に描きたかったのはチハヤが穏やかに弟くんの墓参りに向かうところ。満足。

    あとは小鳥さんが語った通り。細かいところですが小鳥さんの背景を夜に変更。




    メルキドからですね。ドラクエ1では水鏡の盾とか炎の剣があってテンション上がるんですが
    今作では大した見どころがない街ですね。ぶっちゃけくる必要もないです。

    開幕の見える見えないうんぬんはゲッサンミリオンネタ。確かちょうど一巻を読んだようなそうでないようなあやふやな記憶。

    豪勢にバリアの真ん中にいる引きこもりおじいちゃんもドラクエ1をやっていれば知っている
    ことしかいってませんしね。トラマナ覚えてなかったらどうしてくれるんだこら。

    メルキドはほどほどにこの回はとにかくアレフガルドを歩き回ります。これには二つ意図があって、一つは春香さんは初見だからというのと、もう一つは自然にレベルを調整するためでした。正直この段階でもまだレベルが低かったので、おそらく地図を埋めているうちにレベルはいい塩梅になるだろうとの推測でした。ほどほどにいい具合になったと思います。

    呪文、ヒャダインマホカンタについて。ヒャダインはよくネタとしても上がる不遇呪文ですね。今となってはマヒャドが全体呪文になっているので出番はないでしょう。エフェクトはめちゃくちゃオシャレで気合入っているんですけどね。一回くらい動画で使えばよかった。
    マホカンタはドラクエ3では使いにくいですね。回復も跳ね返す、しかも消えないという融通の利かなさ。デバフが消えないデメリットですね。

    ダンジョンは魔王の爪痕から。呪文が使えないというと難しそうに感じますが実際は道も単純で三階しかないので言うほどといったところ。薬草の貯蔵があれば楽勝でしょう。

    王者の剣イベントは今だったらドラクエ11のネタを突っ込んでいたなと。11の火山村の道具屋のラインナップとマイラのラインナップ一緒なんですよ。BGMは分かりやすいですがこういうところまでリスペクトしてくれるとうれしい。見たとき感動しました。

    アレフガルド南の洞窟は完全にカット。何にもないです。本当に。まだアープの塔のほうが見所さんがあります。カットカットカット。




    お気に入りパート。あと一歩が逃げていく。

    ルビスの塔は見所さんがたっぷりなのでとても動画向きでしたね。鎧にはぐメタに回転床に宝箱。ありがたいありがたい。

    ちょっとだけどんいおネタ。サタンパピーの呪文モーション本当に好きです。是非皆さんも真似してみてください。マネしながらびっくりするほどユートピアと叫ぶとなおよし。

    この回はMUGENネタを多く入れていた記憶。昔から好きです。ゲジマユトーナメントから見ていたような。春香さんと卯月も大活躍中なのでちらっと見てみると楽しいと思います。

    今更ながら炎のブーメラン取得。知っていればすごろくですが……知るはずもないのでここで入手。ドラクエ3はブーメランがとにかく強い。壊れ武器といってもいいかも。魔法使いが涙を流すレベル。しょうがない。

    光の鎧入手はちょっとわざとらしいかもしれないですね。けど自分も初見の時こんな感じだったのでまあ良いということにしてもらえれば。真のドレス見てコラといったやつはアマテラスPVを五万回見直してきてどうぞ。

    ルビスさんはいまいちよく分かんない立ち位置ですよね。小説などで補完されているみたいですが、外伝はどこまで正史になるんだろう。脳内補完難しい。とりあえずめっちゃ美人だとは思う。間違いない。

    聖なる護りは意外と強力な効果。運の良さが低い勇者とのシナジーがいいですね。即死完全無効は意外と知られていない気も。単純に運の良さも上がっているから状態異常になりにくいですし。

    メダル99枚はちょっと自分も驚き。ただこの時点で聖なる祠の一枚を覚えていたのでなんとかなるのは分かっていました。ただ動画的においしいので差し込む。取れ高取れ高。

    水着シーンはミキのがなくてちょっと残念。最近はどうだったかな? 容量足りないのにこういうのは入れる堀井さん本当に好きですいつまでも元気でいてください。

    聖なる祠。この動画のメイン。鼻水は絶対入れようと思ってました。案の定知っている人多数で嬉しい嬉しい……。あの四コマの起転転転っぷり本当に好きです。

    最後はベギラゴンについて。言いたいことは動画の通りですね。アーチを描いての極大閃熱呪文。カッコいい……すばらすばら。ダイの大冒険本当に好き。ロトの紋章も好き。両方好き。

    あと木造の橋。





    みんな光の玉はもったな行くぞ! 

    最初から最後までゾーマ城です。最後のダンジョンはさすがに大きく扱わなければ。

    バルログが攻略本最後の記載魔物について。自分が持っているSFC攻略本ですね。ダンジョンはバラモス城までなのに魔物はアレフガルドまで載っています。この攻略本の見所はなんといっても魔法のビキニ賢者ですね。これ動画でネタにすればよかった……。

    説明不要回転床地獄。これ本当ひどい。知らない頃は自分でパターン作って進んでました。上キー押しっぱなしでいいなんてよくできているなあ。レイジングストームは最初画像を入れないで分かる人だけ分かればいいかなと思ってましたがさすがにわかりにくいと思ってギース様挿入。このコマンド頭おかしい。そしてこういうことするのがうちのプロデューサー。それに応えるのが春香さん。

    オルテガVSキングヒドラ。SFCでは完全にイベント戦。まあかっこいいんですが……

    如何せんバギクロスとライデインがね。

    一人旅だからね。MP足りなかったんでしょう。祈りの指輪もっと用意しておけば。

    あとはゾーマ近衛三銃士対決。初見だとどいつもこいつも結構な強さですが、如何せんバフデバフが強いドラクエ3。フバーハスクルトの時間さえ稼げばなんとかなってしまう。特にキングヒドラはその典型ですね。一方ブロスは驚異の三回攻撃。ゾンビは超火力と一点突破性能があるので事故もあるかも。堅実に攻めていきましょう。天空剣ののワ字斬りはもう一回見直してね。

    最後はお約束。これ結構自分やります。結構やるものだから基本勇者はいつも光の玉持っています。闇の衣ゾーマはどれくらいが適正なのかな……60レベルくらいで倒したことはありますけど。





    長い長い停滞期の始まり。すいまえんでした。

    開幕は久々妄想パート。かなり前から考えていた部分でした。レーベの夜会話と全く同じシチュエーションを成長した後でやりたかったのです。

    思ってもないことを言って場を和まそうとする。自分の中の春香さん像の一つですね。どういうことと言われると「私可愛いですからね!」とか「私出来る人ですから!」とか茶化して言うけれど内心では欠片もそう思っていない感じですね。こういう癖を具体的にどういう言葉でいうのか分かりませんが自分の中の春香さんはこんなイメージ。自己評価低いのは公式っぽいですけどね。

    千早が歩む道はよくよく考えるとまんま天地雷鳴士でしたね。そういう裏設定入れても面白かったかも。なんで千早を吟遊詩人にというと、ロトの伝説を広めていった人が必ずいるはずだからです。ロトの伝説はドラクエ1、2でも語り継がれていて周知の伝説なわけで。この広まり方って異常だと思うんです。となると広めていった吟遊詩人にそれなりの力があったのかなと。それが公式ならガライなのかなと。今回は加えて勇者の仲間である千早が語り継いでいけば尚広まったかなという設定。

    初期設定では魔王討伐後春香達一行が復興の旅の中で歌ったり踊ったりして、それがアイドルの始まりだった。みたいなオチで考えてました。どことなく名残がある話。

    あとこれが自分の中でのはるちはです。


    本編の話。はぐメタ狩りの方法は動画にしたかったのでちょうどよかったですね。本当はどらゴラム狩りとかも入れたかったです。一番効率がいいのはパルプンテだと思いますけどね。メダパニの利点は1ターン目で処理できる可能性があるところです。
    メダパニはまだ説明不足なところがあって、混乱した敵は必ず自分とは違うグループの敵に攻撃するという特徴があります。つまり上手く敵を排除すればほぼ確実にはぐれメタルに攻撃するように誘導ができます。ここも動画に入れたかったなあ。

    道中でミキがレベル32なったのは嬉しい誤算。フバーハ(とマヒャド)を覚えるレベルなので重要なレベル。なのですが全く計算に入れていなかったので、これで安定して戦えるなと撮りながら思ってました。ラッキー。

    ゾーマ戦はかなり安定戦法をとっています。ちょっと攻め志向の場合はミキに賢者の石を持たせると孤立は上がるんですが、そうなるとマコトが完全に殴るだけになっていざというときどうしようもなくなっちゃうんですね。マコトに選択肢を持たせるという意味でも今回賢者の石はマコトになっています。

    ミキのベギラゴンは現状最高火力のため。メラゾーマがあればいいんですけどね。それでもダメージはそれなりなのでマコトが攻撃出来ない部分をカバーという形。結果的にいまいちだったなと反省。

    レベル的にはちょうどいいくらいで挑めたかなと安心。こっちも二回やられる、最終的には全員生き残って勝利、とどめは春香で締める。助かりました。

    ここからこんなに時間かかってしまうなんて……本当に申し訳ないです。
    最終回はまた次回まとめます。ここまで見ていただきありがとうございました。